内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨハネ 5:1‐47

5  こう後,ユダヤ祭り*+あって,イエスエルサレム上っ行かた。  さて,エルサレムは,羊門+ところに,ヘブライベツザタ*称するあり,[それは]五つ柱廊付いた。  その[柱廊の]中は,大勢病人,盲人,足なえ人,またなえなど横たわった。 4 * ――  ところで,三十八あいだ病気かかっいるあるそこた。  イエスこの横たわっいる見,またすでに長い+[病気]である気づいて,こう言わた。「あなた健康なりたいです+」。  病気答えた,「だんな様,わたしは,水揺れるとき,池入れくれるおりません。わたしそこ行くまでに,ほか降りしまうです」。  イエス言わた,「起き上がり,あなた寝台取り上げて,歩きなさい+」。  すると,そのすぐ健康なり,自分寝台取り上げ歩きはじめある。 さて,その安息あっ+ 10  そのため,ユダヤたちその治さこう言いだした。「安息から,あなた寝台運ぶこと許さない+」。 11  しかしこう答えた。「わたし健康くださっそのが,『あなた寝台取り上げて,歩きなさい』と言わです」。 12  彼らその尋ねた,「『それ取り上げて,歩け』とあなた言っだれか」。 13  しかし,いやさそれだれ知らなかった。その場所群衆で,イエスわき退いしまわある。 14  こう後,イエス神殿見つけ,こう言わた。「見なさい,あなた健康なりました。もうおかしなりません。さらにひどいあなた起きないためです」。 15  その去っ行き,自分健康くれイエスあるユダヤたち告げた。 16  それで,これもとで,ユダヤたちイエス迫害しだ+。そう安息行なっいるいう理由あった。 17  しかし[イエス]は彼らこう答えられた。「わたしずっまで働いこらました。ですからわたし働きつづけるです+」。 18  まさにこれもとで,ユダヤたちいよいよ殺そするようなっ+。彼安息破っいるだけなく,自分呼ん+,自分等しいいる+いう理由あった。 19  それゆえ,それ答えイエス*彼らさらにこう言わた。「きわめて真実あなた方言いますが,は,自分から何一つ*行なうことできず,ただおらて,自分する事柄を[行なえる]にすぎませ+。何あれそのなさること,それまた同じよう行なうです。 20  愛情持っおら+,ご自身なさるみな[]に示されるからです。また,これらよりさらに偉大を[]に示して,あなた方驚嘆するようされるでしょ+ 21  というのは,死人よみがえらせ生かされる同じよう+また自分望む生かすからです+ 22  だれひとり裁かず,裁くことすべてゆだねおられるです+ 23  それは,すべてが,尊ぶ同じよう尊ぶためです+尊ばないは,それ遣わさ尊んませ+ 24  きわめて真実あなた方言いますが,わたし言葉聞いわたし遣わし信じる永遠持ち+,その裁き至らず,死から移っです+ 25  「きわめて真実あなた方言いますが,死ん人々++聞き,[それに]注意向けたち生きるようます。それです。 26  は,ご自身うち*持っおられる+同じように,また,自らうち持つことお許しなっからです+ 27  そして,裁き行なう権威お与えなりまし+。彼が,人+あるからです。 28  このこと驚き怪しんなりません。記念いるみな+,彼聞い来るよういるです。 29  良いこと行なっ復活+,いとうべきこと習わし裁き復活*と[出来るです+]。 30  わたしは,自分から何一つ*行なえません。自分聞くとおり裁くです。そして,わたし行なう裁きかなっます+。わたしは,自分意志なく,わたし遣わしご意志+求めるからです。 31  「もしわたしだけわたしつい証しするあれ+,わたし証し真実ありませ+ 32  わたしつい証しするおられ,そのわたしついする証し+真実あることわたし知っます。 33  あなた方人々ヨハネところ派遣し,彼真理対し証しまし+ 34  しかし,わたしから証し受け入れません。ですが,あなた方救われるために,わたしこれ言うです+ 35  あの燃え輝くともしびでした。そして,あなた方しばし間,彼大いに歓ぼまし+ 36  しかし,わたしヨハネものより偉大証しあるです。わたし割り当て成し遂げさせるそのもの,わたしいるそれ自体+が,わたしついて,すなわちわたし派遣こと証しするからです。 37  また,わたし遣わしみずからわたしつい証しくださっです+。あなた方いまだ[]の聞いことなく,またその姿ことありませ+ 38  そして,あなた方うちそのみ言葉とどまっません。[]が派遣そのあなた方信じないからです。 39  「あなた方聖書よっ永遠持てるようなる考えて,それ調べます+。そして,これこそわたしつい証しするものです+ 40  それなのにあなた方は,命持つためわたしところようませ+ 41  わたしから栄光受け入れませ+ 42  あなた方自分うち抱いないことよく知っます+ 43  わたし+おいいるに,あなた方わたし迎えません。だれほか自らおい到来すれば,あなた方その迎えるでしょう。 44  あなた方互いどうしから栄光+受け入れて,唯一*から栄光+求めないですから,どうして信じることできるでしょか。 45  わたしあなた方こと訴える考えなりません。あなた方訴えるます。モーセ+,すなわちあなた方望み置いいるです。 46  実ところ,あなた方ほんとうモーセ信じいるなら,わたし信じるはずです。そのわたしつい書いからです+ 47  しかし,その書いもの信じないあれ+,どうしてわたし言うこと信じるでしょか」。

脚注

パピ写66,75,アレ写,バチ写,ベザ写冠詞付いない; シナ写,エフ写冠詞付いいる。
「ベツザタ」(「オリーブ家」の意),シナ写; パピ写75,バチ写,ウル訳,「ベツサイダ」(「魚とり家」の意); アレ写,エフ写,シリ訳ク,ヒ,ペ,アル訳,「ベテスダ」(「憐れみ家」の意)。
パピ写66,75,シナ写,バチ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳4省いいる; アレ写,古ラ訳,ウル訳,シリ訳ヒ,ペ,アル訳よう付け加えいる。「主の[エ9,22,23,「エホバの」]み使い季節ごとその下りて,その揺らすからあった。その時,水揺れ最初入っは,その患っ疾病どんなものあれ,それから治っ健康なるあった」。
「イエスは」,パピ写66,シナ写,アレ写,ウル訳; パピ写75,バチ写,「彼は」。
または,「自分独創よる何一つ」。
または,「ご自身うち賜物を」。ロマ 6:23参照。
「裁き復活」。ギ語,アナスタシン クリセオース; ラ語,レスッレクティオーネム イウディキイー。
または,「自分独創よる何一つ」。
「唯一神」,シナ写,アレ写,ベザ写,古ラ訳,ウル訳,シリ訳ク,ヘ,ヒ,ペ; パピ写66,75,バチ写,「唯一方」。