内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨハネ 4:1‐54

4  さて,イエスヨハネより多く弟子作っバプテスマ施しいること+パリサイたち入っが,そのことお気づきなっ時 ―  だが実際ところ,イエスご自身バプテスマ施すことされず,その弟子たちそうあるが ―  ユダヤ去っ再びガリラヤ向かわた。  しかし,サマリア+通っ行かならなかった。  その結果,ヤコブそのヨセフ与え+近い,スカル*呼ばれるサマリア都市られた。  事実,ヤコブ+そこあった。そこでイエスは,旅ためすっかり疲れて,そのままところ座っおらた。時刻ごろ*あった。  ひとりサマリアくみた。イエス彼女言わた,「わたし飲ませください」。  (弟子たち食料買い市内出かけある。)  それで,サマリアこう言った。「ユダヤあなたが,サマリアあるわたしに,[水を]飲ませほしいおっしゃるどうしてですか」。(ユダヤサマリア交渉持たないある+。)* 10  イエス答え彼女言わた,「もしあなたが,無償賜物+ついて,そして,『わたし飲ませほしい』と言っいるだれある+知っなら,あなたその求めでしょし,そのあなた生き+与えことでしょう」。 11  彼女言った,「だんな様,あなたくむ手おけさえ持っおらず,しかもこの井戸深いです。それで,その生きどこから持っおいでなるですか。 12  あなたは,わたしたちこの井戸与え,自ら息子家畜たち一緒ここから飲んだ,わたしたち父祖ヤコブより偉大+ないはずですが」。 13  イエス答え彼女言わた,「この飲むみな再び渇きます。 14  だれわたし与える飲むは,決して渇くことなく+,わたし与えるは,そので,永遠+与えるためわき上がるなるです+」。 15  女言った,「だんな様,わたしその下さって,わたし渇くことなく,またここまでいつもくみなくよいようください」。 16  [イエス]は彼女言わた,「行って,あなたここ呼んなさい」。 17  女答え言った,「わたしありません」。イエス彼女言わた,「『夫ない』とよく言いました。 18  あなたましが,今いるないからです。そのことあなたそのとおり言いました」。 19  女言った,「だんな様,わたしは,あなた預言あること分かります+ 20  わたしたち父祖この崇拝まし+。それなのにあなた方は,崇拝するべき場所エルサレム言います+」。 21  イエス彼女言わた,「女よ,わたし[の言うこと]を信じなさい。あなた方が,このも,エルサレムないところ+崇拝する+ようます。 22  あなた方自分知らないもの崇拝ます+。わたしたち自分知っいるもの崇拝ます。救いユダヤから起こるからです+ 23  といえ,真崇拝+真理もっ+崇拝するようます。それです。実際,は,ご自分そのよう崇拝するたち求めおられるです+ 24  あられる*+,[]を崇拝する真理もっ崇拝なけれなりませ+」。 25  女言った,「わたしは,メシア+が,キリスト呼ばれるおいでなること知っます+。その到来れるときは,すべてことはっきり告げ知らせくださるでしょう」。 26  イエス彼女言わた,「あなたいるわたしそれです+」。 27  さて,このとき弟子たち戻った。そして,[イエス]が話しおら不思議思うようなった。もとより,「何求めおられるですか」とか,「なぜ彼女お話しなるですか」と言うなかった。 28  そこで,女自分水がめ残し,去っ市内行き,人々こう告げた。 29  「来て,わたしみな言い当てください。もしやこれキリスト+ないでしょか」。 30  彼らて,[イエス]のところやっ来るあった。 31  そのに,弟子たちは,「ラビ+,食べください」と言っしきり促した。 32  しかし,[イエス]は彼らこう言わた。「わたしは,あなた方知らない,食べるべき食物あります」。 33  そのため弟子たちは,「だれ食べる持っなかっないか」と互い言いだした。 34  イエス彼ら言わた,「わたし食物+は,わたし遣わしご意志行ない+,そのみ業なし終えることです+ 35  あなた方は,収穫来るまでまだか月ある言うありませか。さあ,あなた方言いますが,目上げご覧なさい。収穫待っ白く[色づいて]います+。すでに, 36  刈り取る報酬受け取っ永遠ため集めます+。こうて,まく+刈り取る歓ぶです+ 37  この点,ひとりまく者,もうひとり刈り取る者,ということば確か真実です。 38  わたしは,あなた方少し労力かけなかっもの刈り取らせるために,あなた方派遣ました。ほかたち労苦+,あなた方その労苦あずかっいるです」。 39  さて,その都市からサマリアうち大勢は,「わたしみな言い当てです」と証し言葉ゆえに+信仰持っ+ 40  それで,彼もと来ると,そのサマリアたちは,自分たちところ滞在するよう頼むあった。それで[イエス]はそこ滞在+ 41  その結果,さらに大勢語る事柄ゆえに信じ+ 42  「わたしたちもう,あなたゆえに信じいるない。自分聞い+,このこそ確か救い主+いうこと分かるだ」と言うようなった。 43  二後,[イエス]はそこ去っガリラヤ向かわ+ 44  しかしイエスご自身は,預言自分故郷尊ばないいうこと証し+ 45  こうて[イエス]はガリラヤ着かが,ガリラヤたち迎えた。彼祭りエルサレム行なっすべてからある+。彼らその祭り行っある+ 46  それから[イエス]は再びガリラヤカナ+られた。そこは,[イエス]がぶどう変えところある+。さて,王ある従者が,その息子カペルナウム+病気なった。 47  このは,イエスユダヤガリラヤられこと聞くと,そのもと出かけ行き,下っ自分息子いやしくださるよう頼みはじめた。その[息子]はひんしある。 48  しかし,イエス言わた,「あなた方は,しるし+不思議+なければ,決して信じません」。 49  王従者言った,「*,わたし幼子死なないうち下っいらしください」。 50  イエス言わた,「行きなさい+。あなた息子生きます+」。そのイエス自分言っ言葉信じ去っ行った。 51  しかし早くも,彼下っ行く途中で,その奴隷たち迎えて,男生きいる言っ+ 52  それは,[息子]の容体持ち直し時刻尋ねはじめた。そこで彼ら言った,「昨日,第*+引きました」。 53  それ父親は,それが,「あなた息子生きます」と,イエス自分言っちょうどその時刻+ある知った。こうその全体信じ+ 54  またこれは,イエスユダヤガリラヤられ行なわしるし+あった。

脚注

「シュケム」,シリ訳使徒 7:16,「シェケム」の脚注参照。
すなわち,昼12ごろ。日から数える。
「ユダヤは……のある」,アレ写,バチ写,エフ写,ワシ写,ウル訳,シリ訳ペ,シ; シナ写*,ベザ写,古ラ訳諸写省いいる。
字義,「[である],神は」。ギ語,プネウマ ホ テオス。
または,「ご主人様」。
すなわち,午後1ごろ。日から数える。