アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨハネ 14:1-31

14  「あなた方の心を騒がせてはなりません+に信仰を働かせ+,またわたしにも信仰を働かせなさい+  わたしのの家には住むところがたくさんあります+。そうでなかったなら,わたしはあなた方に告げたことでしょう。わたしはあなた方のために場所+を準備しに行こうとしているのですから。  そしてまた,わたしが行ってあなた方のために場所を準備したなら,わたしは再び来て+,あなた方をわたしのところに迎えます+。わたしのいる所にあなた方もまたいるためです+  そして,わたしが行こうとしている所への道をあなた方は知っています」。  トマス+が彼に言った,「よ,わたしたちは,あなたがどこへ行こうとしておられるのか分からないのです+。どうしてその道が分かるでしょうか」。  イエスは彼に言われた,「わたしは道+であり,真理+であり,命+です。わたしを通してでなければ,だれひとりのもとに来ることはありません+  あなた方がわたしを知っていたなら,わたしのをも知っていたでしょう。今この時から,あなた方は[]を知っており,また見たのです+」。  フィリポが彼に言った,「よ,わたしたちにをお示しください。それで十分です」。  イエスは彼に言われた,「わたしはこれほど長い間あなた方と過ごしてきたのに,フィリポ,あなたはまだわたしを知らないのですか。わたしを見た者は,を[も]見たのです+。どうしてあなたは,『わたしたちにを示してください』と言うのですか+ 10  わたしがと結びついており,がわたしと結びついておられることを,あなたは信じていないのですか+。わたしがあなた方に言う事柄は,独自の考えで*話しているのではありません。わたしとずっと結びついておられるが,ご自分の業を行なっておられるのです+ 11  わたしはと結びついており,はわたしと結びついておられると[言う]わたしを信じなさい。そうでなければ,業そのもののゆえに信じなさい+ 12  きわめて真実にあなた方に言いますが,わたしに信仰を働かせる者は,その者もまたわたしの行なっている業をするでしょう。しかも,それより大きな業+をするのです。わたしがのもとに行くからです+ 13  また,あなた方がわたしの名によって求めることが何であっても,わたしはそれを行ないます。との関連において栄光をお受けになるためです+ 14  あなた方がわたしの名によって何か求める*なら,わたしはそれを行ないます。 15  「もしわたしを愛するなら,あなた方はわたしのおきてを守り行なうでしょう+ 16  そしてわたしはにお願いし,[]は別の助け手*を与えて,それがあなた方のもとに永久にあるようにしてくださいます+ 17  それは真理の霊*+であり,世はそれを受けることができません+。それを見ず,また知らないからです。あなた方はそれを知っています*。それはあなた方のもとにとどまり,あなた方のうちにあるからです+ 18  わたしはあなた方を取り残された*ままにはしておきません+。わたしはあなた方のもとに来るのです。 19  あとしばらくすれば,世はもはやわたしを見ないでしょう+。しかしあなた方はわたしを見ます+。わたしは生きており,あなた方も生きるからです+ 20  その日にあなた方は,わたしがと結びついており,あなた方がわたしと結びついており,わたしがあなた方と結びついていることを知るでしょう+ 21  わたしのおきてを持ってそれを守り行なう人,その人はわたしを愛する人です+。さらに,わたしを愛する人はわたしのに愛されます。そしてわたしはその人を愛して,自分をはっきり示します」。 22  イスカリオテでないユダ+が彼に言った,「よ,あなたはわたしたちにはご自分をはっきり示そうとされ,世に対してはそのようにされない,これは何が起きたのですか+」。 23  それに答えてイエスは彼に言われた,「だれでもわたしを愛するなら,その人はわたしの言葉を守り行ない+,わたしのはその人を愛し,わたしたちはその人のところに来て住まうのです+ 24  わたしを愛さない者はわたしの言葉を守り行ないません。そして,あなた方が聞いている言葉はわたしの[言葉]ではなく,わたしを遣わされたに属するものなのです+ 25  「あなた方のもとにとどまっている間に,わたしはこれらのことを話しました。 26  しかし,がわたしの名によって遣わしてくださる助け手*,つまり聖霊のことですが,その者*はあなた方にすべてのことを教え,わたしが告げたすべての事柄を思い起こさせるでしょう+ 27  わたしはあなた方に平安を残し,わたしの平安を与えます+。わたしはそれを,世が与えるような仕方であなた方に与えるのではありません。あなた方の心を騒がせてはならず,恐れのためにひるませてもなりません。 28  わたしは去って行き,そしてまたあなた方のもとに[戻って]来る,とわたしが言ったのを,あなた方は聞きました。もしわたしを愛するなら,わたしがのもとに行こうとしていることを歓ぶはずです。はわたしより偉大な方+だからです。 29  それで今,それが起こる前にわたしはあなた方に告げました+。実際に起こる時にあなた方が信じるためです。 30  わたしはもう,あなた方と多く*は語らないでしょう。世の支配者+が来ようとしているからです。そして,彼はわたしに対して何の力もありません+ 31  しかし,わたしがを愛していることを世が知るために,わたしは,がおきてを与えてくださったとおりに+行なっているのです。立ちなさい。ここから行きましょう。

脚注

「独自の考えで」。字義,「自分自身から」。
「求める」,アレ写,ベザ写,古ラ訳,および15:16や16:23と一致させて; パピ写66,シナ写,バチ写,ワシ写,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ,「わたしに求める」。
または,「別の擁護者<パラクレトス>(慰め手)」。ギ語,アッロン パラクレートン,男性形。
「霊」。または,「活動する力」。ギ語,ト プネウマ,中性形。創 1:2,「力」の脚注参照。
「それを見ず……それを知っています」。「それ」(ギ語,アウト,中性形)は「」(ト プネウマ,中性形)を指している。
または,「孤児(の)」。ギ語,オルファヌース; ラ語,オルファノース。
または,「擁護者<パラクレトス>慰め手)」。ギ語,ホ ……パラクレートス,男性形。
「その者」,男性形。「助け手」(男性形)を指している。
字義,「数多く(の事柄)」。