内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨハネ 11:1‐57

11  さて,ある病気かかった。ベタニヤ,つまりマリアその姉妹マルタ+ラザロ*いうあった。  実は,香油塗り+,その自分ふい乾かし+このマリアあり,その兄弟ラザロ病気だっある。  それゆえ,その姉妹たちは[イエス]のもと知らせ送っこう言った。「よ,ご覧ください,あなた愛情抱いくださる+病気です」。  しかしそれ聞いて,イエスこう言わた。「この病気ためものなく,栄光ため+それよっ栄光受けるためものです」。  さて,イエスマルタその姉妹およびラザロ愛しおらた。  しかしながら,彼病気聞いも,実際は,そのなお日,自分とどまっおらた。  そののち,「もう一度ユダヤ行きましょう」と弟子たち言わた。  弟子たち言った,「ラビ+,つい最近ユダたち*あなた石打ちようばかりです+,またそこおいでなるですか」。  イエス答えられた,「日中十二時間あるではありませか。だれ日中+歩くなら,何ぶつかりません。このいるからです。 10  しかし,夜+歩くなら,何ぶつかります。光そのうちないからです」。 11  [イエス]はこれらこと言わが,そののち彼らこう言わた。「わたしたちラザロ休んますが,わたし眠り+から覚ましそこ行きます」。 12  それゆえ弟子たち言った,「よ,もし休んいるでしたら,彼よくなる*でしょう」。 13  しかし,イエスついあった。それでも彼らは,眠っ休息することついおられるもの思った。 14  それで,そのイエス彼らはっきり言わた,「ラザロ死んです+ 15  そしてわたしは,あなた方ために,すなわちあなた方信じるために,自分そこなかっこと歓びます。しかし,彼ところ行きましょう」。 16  それゆえ,トマス,つまり“双子”*呼ばいるが,仲間弟子たち言った,「わたしたち行って,共死のない+」。 17  こうイエス到着みると,[ラザロ]は記念+入れられすでにたった。 18  ところで,ベタニヤエルサレム近く,約マイル距離あっ* 19  したがって,大勢ユダヤマルタマリアところた。その兄弟こと彼女たち慰めよう+あった。 20  それマルタは,イエスられること聞くと,彼出迎え行っが,マリア+ほうずっ座った。 21  そこでマルタイエス言った,「よ,もしここくださっなら,わたし兄弟死ななかっことでしょ+ 22  でも,わたし今,あなたお求めなること+みなお与えなること知っおります」。 23  イエス彼女言わた,「あなた兄弟よみがえります+」。 24  マルタ言った,「彼終わり復活+よみがえること知っおります」。 25  イエス彼女言わた,「わたし復活あり,命です*+。わたし信仰働かせるは,たとえ死んも,生き返るです+ 26  そして,生きわたし信仰働かせるみな決して死ぬことありませ+。あなたこれ信じますか」。 27  彼女言った,「はい,よ。わたしは,あなたキリスト,世おいでなるはず+あること信じまいりました」。 28  そして,このよう言い終えると,彼女去っ行っ自分姉妹マリア呼び,そっとこう言った。「+おられ,あなたお呼びです」。 29  彼女それ聞くと,急い立ち上がって,そのもと出かけ行った。 30  実は,イエスまだおらず,マルタ出迎え場所なおおらある。 31  それで,一緒て,彼女慰めユダヤたち+は,マリア急い立っ行く見ると,記念+行っそこで泣くつもりだろ思い,そのあと付い行った。 32  それからマリアは,イエスおられる着いすがた見ると,その足もとひれ伏して,こう言った。「よ,もしここくださっなら,わたし兄弟死ななかっことでしょ+」。 33  それイエスは,彼女泣き悲しみ,また彼女一緒ユダヤたち泣き悲しんいるご覧なると,霊おいうめき,また苦しみ覚えられ+ 34  そして,こう言わた。「あなた方どこ横たえですか」。彼ら言った,「よ,おいでなって,ご覧ください」。 35  イエス流さ+ 36  それゆえユダヤたち言いはじめた,「ご覧なさい,彼対し愛情抱いおらでしょ+」。 37  しかし,あるたち言った,「盲人開け+この[人]が,彼死ぬ防げなかっだろか」。 38  こうイエスは,ご自身うち再びうめき発せられのち,記念+られた。それ実際ところ洞くつあり,石+そこ立てかけあった。 39  イエス言わた,「石取りのけなさい+」。故人姉妹あるマルタ言った,「よ,もう臭くなっいる違いありません。四なりますから」。 40  イエス彼女言わた,「信じるなら栄光見るでしょ+と,わたし言いませでしか」。 41  そこで彼ら取りのけた。それからイエスほう向け+,こう言わた。「よ,わたし[の願い]を聞いくださっこと感謝いたします+ 42  もっとも,常聞いくださること知っおりました。しかし,まわり立つ群衆ため+わたし言いました。あなたわたしお遣わしなっこと彼ら信じるためです+」。 43  そして,これらこと言い終えると,[イエス]は大声叫ばた,「ラザロ*よ,さあ,出なさい+!」 44  死んた[人]が,両足両手巻き布+巻かままある。そして,そのぐるっ巻かた。イエス彼ら言わた,「彼解いて,行かなさい」。 45  それゆえ,マリアところて,[イエス]の行なっことユダヤ多く信仰持っ+ 46  しかし,あるたちパリサイところ行って,イエス行なっ事柄話し+ 47  そのため,祭司パリサイたちサンヘドリン召集+,こう言いはじめた。「この多くしるし行なうだが,我々どうべきだろ+ 48  彼このままほっおけば,みんな信仰持つだろ+。そして,ローマたち+やって,我々場所*+国民奪い去っしまうだろう」。 49  しかし,彼らうちで,その祭司あっカヤファ+言った,「あなた方分かっない。 50  そして,一ため死ん国民全体滅ぼさないほう+あなた方なる+,ということよく考えないだ」。 51  だが,彼これ独自考えから言っない。その祭司あっで,イエス国民ため死ぬよう定められいること, 52  しかもそれただ国民ためだけなく,各地散るたち+一つ集めるため+あること預言ある。 53  こうて,彼らその以来,[イエス]を殺そ相談+ 54  このため,イエスもはやユダヤ+歩か+,そこ立っ荒野近い地方,エフライム+いう都市行き,そこ弟子たちとどまっおらた。 55  さて,ユダヤ過ぎ越し+近づいで,多く儀式清めするため+,過ぎ越し地方からエルサレム上っ行った。 56  それで,人々イエス捜しまわり,神殿あちこち立っ互い言うあった,「あなた方意見どうだ。彼祭り全くない思うか」。 57  だがところ,祭司パリサイたちは,彼どこいる知っなら,だれも[それを]通報せよ命令発しある。それは,彼捕らえるためあった。

脚注

「ラザロ」,シナ写,アレ写,バチ写,エ17; エ7‐14,16,18,19,22,「エレアザル」(「神助けくださった」の意)。
または,「ユダヤたち」。ギ語,イウーダイオイ,10:31,33同じ。
または,「彼救われる」。
または,「デドモ」。ギ語,ディデュモス; ラ語,ディデュムス。
字義,「約十五スタディオン離れた」。約2.8㌔。1スタディオン1ローママイル81相当し,185あった。
「わたし復活あり,です」。ギ語,エゴー エイミ ヘー アナスタシス カイ ヘー ゾーエー; ラ語,エゴ スム レスッレクティオ エト ウィータ; エ17(ヘ語),アーノーキー ハッテクーマー ウェハハイイーム
1脚注参照。
すなわち,神殿。