内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨハネ第一 5:1‐21

5  イエスキリストあること信じるみなから生まあり+,生まさせ愛する皆,そのから生ま+愛します。  愛し,そのおきて行なっいるなら+,それよって,自分子供+愛しいる+こと分かります。  そのおきて守り行なうこと+,これすなわちからです+。それでも,そのおきて重荷ありませ+  から生まものすべて+征服するからです+。そして,わたしたち信仰+,これ征服する+[力]となっものです+  イエスある+信仰持つなけれ+,いったいだれ+征服するでしょ+  これは,水よっ方,すなわちイエスキリストです。水+だけなく,水+もって[来られた]のです。そして,証しいる*+です。霊真理からです。  証しするもの三つあるです*  霊+++あり,その三つ一致ます*+  わたしたちする証し受け入れる+なさる証しほう偉大です。ご自分つい証しされこと+,これなさる証しからです。 10  信仰置くは,自分つい証します*+信仰持っないは,[]を偽り者いるです+。なさ証し,つまり,証人ご自分関しなさった[証し+]に信仰置いないからです+ 11  そして,わたしたち永遠与えくださり+,このそのうちあるいうこと+,これそのなさ証しです。 12  み持っいるこの持っます。持っないこの持っませ+ 13  わたしこれらことあなた方書くは,信仰置くあなた方+永遠持っいること知らせるためです+ 14  そして,わたしたちは[]に対しこのよう確信抱います*+。すなわち,何あれわたしたちそのご意志したがって求めることあれば,[]は聞いくださるいうことです+ 15  さらに,何あれわたしたち求めいるものついて[]は聞いくださるいうこと知っいるなら+,わたしたちは,[]に求めからは,求めものられるはずいうこと知るです+ 16  自分兄弟来たさない*犯しいるするなら+,そのは[その兄弟ために]求めるでしょ*。そうすれば,[]はそのに,そうです,死来たすよう犯しないたちお与えなるでしょ+。死来たすあります+。このついは,お願いするよう言いませ+ 17  不義すべてです+。しかし,死来たさないあるです。 18  わたしたちは,すべてから生ま+習わしないこと,から生ま*+その見守っくださり,邪悪とらえしまうことない+知っます。 19  [また,]わたしたちからおり+,全世界邪悪+[の配下]にあること知っます。 20  しかしわたしたちは,+,真実つい知ることできるよう+,わたしたち知的+能力*与えくださっこと知っます。そしてわたしたちは,みイエスキリストよって,真実結ばます+。このこそまこと+あり,永遠です+ 21  子供よ,自分偶像から守りなさい+

脚注

「証しいる」。ギ語,マルテュルーン; ラ語,テスティフィカートゥル。
「三つあるです」の後,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳,シリ訳ヘ,ペは,後代ギリシャ写本およびウル訳付け加えられ語句省いいる。その付け加えられ語句以下とおり:「天は,父,言葉,そして聖霊; そして,これら三つ一つある。(8)また,証しするもの三つある」。
字義,「その三つ[の証しするもの]は一つ(のもの)になる」。ヨハ 10:30脚注比較。このつい付録6ロ参照。
または,「自分うち証し与えられます」。
または,「このようはばかりない言い方できます」。
または,「死至らない罪」。
または,「求めなけれなりません」。
「神から生ま方」,すなわち,神イエスキリスト。1同じ。シナ写,「神から生ま者(は自ら守り)」; ウル訳,「神から生まこと(がその守り)」。
「知的能力」。字義,「知的感覚」。