アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨハネ第一 4:1-21

4  愛する者たちよ,霊感の表現*すべてを信じてはなりません+。むしろ,その霊感の表現を試して*,それがから出ているかどうかを見きわめなさい+。多くの偽預言者が世に出たからです+  あなた方はからの霊感の表現+をこれによって知ることができます。すなわち,イエス・キリストが肉体で来られたことを告白する霊感の表現はすべてから出ていますが+  イエスについて告白しない霊感の表現はどれもから出たものではありません+。しかもこれは,来るであろうとあなた方が聞いていた反キリストの[霊感の表現]であり+,今やそれはすでに世にあるのです+  子供らよ,あなた方はから出ており,あなた方はそうした[人々]を征服したのです+。あなた方と結びついている方は+,世と結びついている者+に勝るからです+  彼らは世から出ています+。そのために,世から[出る]ことを語り,世は彼ら[の言うこと]を聴くのです+  わたしたちはから出ています+について知る者はわたしたち[の言うこと]を聴きます+から出ていない者はわたしたち[の言うこと]を聴きません+。こうしてわたしたちは,真理の霊感の表現と誤りの霊感の表現とに気づくのです+  愛する者たちよ,これからも互いに愛し合ってゆきましょう+。愛+からのものだからです。そして,すべて愛する者はから生まれており+について知るのです+  愛さない者はを知るようになっていません。は愛だからです+  わたしたちの場合,これによっての愛が明らかにされました+。すなわち,はご自分の独り*+を世に遣わし,彼によってわたしたちが命を得られるようにしてくださったからです+ 10  愛はこの点,わたしたちがを愛してきたというよりは,[]がわたしたちを愛し,ご自分のみをわたしたちの罪のための+なだめの+犠牲*+として遣わしてくださった,ということです。 11  愛する者たちよ,がわたしたちをこのように愛してくださったのであれば,わたしたちも互いに愛し合う務めがあります+ 12  いまだだれもを見たことがありません+。わたしたちがこれからも互いに愛し合ってゆくなら,はわたしたちのうちにとどまってくださり,その愛はわたしたちのうちに全うされるのです+ 13  わたしたちはこれによって,わたしたちがずっと[]と結ばれており+,[]がわたしたちと結びついていてくださることを知ります+。すなわち,[]がご自分の霊をわたしたちに分け与えてくださったことによってです+ 14  加えて,わたしたち自身,がご自分のみを世の救い主として遣わされたこと+を見+,[それ]について証しをしています+ 15  イエス・キリスト*であるとの告白をする者がだれであっても+はそのような者とずっと結びついておられ,その人はと結ばれているのです+ 16  それでわたしたち自身,がわたしたちの場合に抱いておられる愛+を知るようになり,[それを]信じたのです。 は愛であり+,愛にとどまっている者+とずっと結ばれており,はその者とずっと結びついておられます+ 17  こうして,わたしたちに関して愛は全うされました。それは,わたしたちが裁きの日に+,はばかりのない言い方*ができるようになるためです+。なぜなら,わたしたちはこの世にあっては,かの方と全く同じようであるからです+ 18  愛には恐れがなく+,完全な愛は恐れを外に追いやります+。恐れは拘束*となるからです。実際のところ,恐れのもとにある者は愛の点で完全にされていません+ 19  わたしたちは,彼がまずわたしたちを愛してくださったので愛するのです+ 20  「わたしはを愛する」と言いながら自分の兄弟を憎んでいるなら,その人は偽り者です+。自分がすでに見ている兄弟を愛さない者は+,見たことのないを愛することはできないからです+ 21  そして,を愛する者は自分の兄弟をも愛しているべきである+という,このおきてをわたしたちは彼から受けているのです+

脚注

「霊感の表現」。字義,「霊」。ギ語,プネウマティ; ラ語,スピーリトゥイー; エ17,18,22(ヘ語),ルーアハ。
または,「その霊を試して」。字義,「その霊を吟味していて」。
「独り(子)」。ギ語,モノゲネー; ラ語,ウーニゲニトゥム。
2:2の脚注参照。
「キリスト」,バチ写; シナ写,アレ写,ウル訳,シリ訳は省いている。
「はばかりのない言い方」。または,「大胆さを持つこと」。字義,「率直に話すこと」。
または,「阻むこと; 矯正; 処罰」。字義,「切り取ること」。ギ語,コラシン。同じギリシャ語の出て来るマタ 25:46と比較。