内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨハネ第一 3:1-24

3  がわたしたちにどのような愛+を示して,わたしたちがの子供+と呼ばれるようにしてくださったかをご覧なさい。そして,わたしたちはそのとおりのものなのです。ですから,世+はわたしたちのことを知りません。[世]は彼を知るようになっていないからです+  愛する者たちよ,今やわたしたちはの子供です+。しかし,わたしたちがどのようになるかはまだ明らかにされていません+。彼が現わされる時*+わたしたちが彼のようになる+ことは知っています。彼のあるがままを見るからです+  そして,すべてこの希望を彼に託している者は,その方が浄いように+,自らを浄くします+  すべて罪を習わしにする者*+,不法をも習わしにしています+。それで,罪+は不法です。  あなた方はまた,かの方が現わされたのは[わたしたちの]罪*を取り去るため+であったことを知っています。そして,彼には罪がありません+  彼と結ばれたままでいる者+はだれも罪を習わしにしません+。罪を習わしにする者はだれも,彼を見たことも,知るようになったこともありません+  子供らよ,だれにも惑わされてはなりません。義を行ないつづける者は,かの方が義にかなっておられるのと同じように,義にかなっているのです+  罪を行ないつづける者は悪魔*から出ています。悪魔は初めから*罪をおかしてきたからです+が現わされたのはこのためです+。すなわち,悪魔の業を打ち壊すためです+  から生まれた*者はだれも罪を行ないつづけません+。[]の[再生する]種がその人のうちにとどまっているからです。そしてその人は罪を習わしにすることができません。から生まれているからです+ 10  の子供と悪魔の子供はこのことから明白です。すなわち,すべて義を行ないつづけない者+から出ていません。自分の兄弟を愛さない者もそうです+ 11  互いに愛し合うこと+,これが,あなた方が初めから*聞いている音信なのです+ 12  カインのようであってはなりません。彼は邪悪な者から出て,自分の兄弟を打ち殺しました+。何のために打ち殺したのですか。自分の業が邪悪で+,その兄弟の[業]が義にかなっていたからです+ 13  兄弟たち,世があなた方を憎むことを不思議に思ってはなりません+ 14  わたしたちは,自分たちが兄弟を愛しているので+,死から命に移ったことを知っています+。愛さない者は死のうちにとどまっています+ 15  すべて自分の兄弟を憎む者+は人殺しです+。そして,人殺し+はだれも自分のうちに永遠の命をとどめていないことをあなた方は知っています+ 16  かの方が自分の魂*をわたしたちのためになげうってくださったので+,それによってわたしたちは愛を知るようになりました+。それで,わたしたちは兄弟たちのために[自分の]魂*をなげうつ務めがあります+ 17  しかし,だれであろうと,生活を支えるこの世の資力があるのに+,自分の兄弟が窮乏しているのを見ながら+,その[兄弟]に向かって優しい同情の扉を閉じるなら+,その人にはどのようにしての愛がとどまっているでしょうか+ 18  子供らよ,言葉や舌によらず+,行ない+と真実とをもって+愛そうではありませんか+ 19  これによってわたしたちは,自分が真理+から出ていることを知り,また, 20  何か心に責められるようなことがあっても+,それについて[]のみ前で自分の心を安んじる*ことができるでしょう。はわたしたちの心より大きく,すべてのことを知っておられるからです+ 21  愛する者たちよ,心に責められることがなければ,わたしたちはに対してはばかりのない言い方ができるのです+ 22  そして,わたしたちが何を求めようと,[]から頂くことができます+。それは,わたしたちがそのおきてを守り行ない,[]の目に喜ばれることを行なっているからです+ 23  実際,これが[]のおきてです。すなわち,わたしたちがそのみイエス・キリストの名に信仰を持ち+,彼がわたしたちにおきてを与えたとおり,互いに愛し合うことです+ 24  さらに,彼のおきてを守り行なう者はずっと彼と結ばれており,彼もその者とずっと結ばれています+。そして,彼がわたしたちに与えた霊により+,それによってわたしたちは,彼がわたしたちとずっと結びついていることを知るのです+

脚注

または,「それ明らかされる時」。
字義,「罪行なっいる者」。
「[わたしたちの]罪」。字義,「罪」(冠詞伴う)。
悪魔」。ギ語,トゥー ディアボルー; ラ語,ディアボロー; エ17,18,22(ヘ語),ハッサーターン
または,「始まっから」。
字義,「生み出さた」。
初めから」。ギ語,アプ アルケース; ラ語,アブ イニティオー; エ17(ヘ語),メーローシュ
または,「命」。ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム; エ17,18,22(ヘ語),ナフショー,「彼」。付録4イ参照。
または,「命」。
字義,「自分説得する」。