内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨハネ第一 1:1‐10

1  初めから*あっもの+,わたしたち聞いもの+,自分もの+,注意眺め+,自分触れもの+,すなわち,命言葉つい+  (そうです,その明らかされ+,わたしたちは,もとあって,わたしたち明らかされ永遠+見,[それを]証し+,あなた方伝えいるです)  わたしたち自分見,また聞いことあなた方伝えます+。それは,あなた方また,わたしたち分け合うなるためです+。さらに,わたしたちこの分け合う関係+は,の[間],またイエスキリストの[間]にあります+  それで,わたしたちは,わたしたち喜び満ちものなるよう+これらこと書いいるです。  そして,わたしたちから聞き,あなた方告げ知らせいる音信これです+。すなわち,あり+,[]と結びつきおいいかなる*ありませ+  「[]と分け合うある」と言いながら歩きつづけるなら+,わたしたち偽り語っいるあり,真理実践ませ+  しかし,[]ご自身おられる同じよう歩んいるなら+,確かわたしたち互い分け合うなっいるあり+,みイエス+わたしたちすべてから+清めるです+  「自分ない」と述べるなら+,わたしたち自分惑わしいる*あり+,真理わたしたちうちありません。  わたしたち自分告白するなら+,[]は忠実なるですから,わたしたち許し,わたしたちすべて不義から清めくださいます+ 10  「自分おかしことない」と述べるなら,わたしたちは[]を偽り者いるあって,そのみ言葉わたしたちうちありませ+

脚注

3:11脚注参照。
または,「[神]にいかなるも」。
字義,「自分誤らいる」。