内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨナ 4:1‐11

4  だが,ヨナとっそれいに愉快あっ+。彼怒り燃えた。  それエホバ*祈っこう言った。「ああ今,エホバよ,わたし自分土地時,このわたし問題*ありませでしか。そのためわたしタルシシュ逃げです+。あなたが,慈しみ憐れみ富み+,怒ること遅く,愛ある親切*満ち*あり+,災いつい悔やまれる+あること知っからです。  それ,エホバよ,どうかわたし*取り去っください+。わたし生きいるより死んほうましからです+」。  それエホバこう言わた。「あなた怒り燃え正しいこと+」。  そのヨナその都市から行って,市東側下ろした。そして,自分ため,そこ仮小屋作りはじめた。その座っ+,その都市どうなる見るためあっ+  するとエホバ*ひょうたん*任じて,それヨナ伸び来るようた。それ覆うなり,彼そのつらい状態から救うようするためあっ+。それヨナそのひょうたんこと大いに歓ぶようなった。  ところが[まことの]は,次日,夜明けるころに,一任じ+,それそのひょうたん襲うようされた。そのため,それ次第枯れいっ+  そして,太照り輝いくると,*さらに焼けつくよう東風任じ+,太陽ヨナ照りつけため,彼弱り衰えいっ+。それは,自分*死ぬことしきり求め,繰り返しこう言った。「わたし生きいるより*,死んしまっほうまし+」。  するとヨナこう言わた。「あなたひょうたんこと怒り燃え正しいこと+」。 それ対し言った,「わたし怒り燃え死ぬほどなっ正しいことです」。 10  しかしエホバこうた。「あなたは,自分労しでも大きくないひょうたん惜しんだ。それ一夜うち育ち*,一夜うち枯れうせものあった。 11  では,わたしも,大いなる都市ニネベを,右全くわきまえない十二万以上人々*加え多く家畜いる+この惜しん当然ない+」。

脚注

付録1ハ§2参照。
「わたし問題」。または,「わたし言葉」。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。ヘ語,ヘセド。
「神」。ヘ語,エール; ラ語,デウス。
2:7脚注参照。
「エホバ神」,マソ本,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳。創 2:4,「神」の脚注参照。
または,「とうごま」。ヘ語,キーカーヨーン。
」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,ホ テオス; タル,ウル訳,「エホバ」; シリ訳,「エホバ神」。
「自分」。ヘ語,ナフショー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマエ。付録4イ参照。
「わたし生きいるより」。ヘ語,メーハイヤーイ。
または,「一夜だけの(もの)」。字義,「一夜子」。
または,「地人々」。ヘ語,アーダーム。