ヨナ 2:1‐10

2  その時ヨナは魚の内部から自分の*エホバに祈って+  こう言った。 「自分の苦難の中からわたしはエホバに呼ばわった+。するとわたしに答えてくださった+シェオル*の腹の中からわたしは助けを叫び求めた+あなたはわたしの声を聞いてくださった+   あなたがわたしを深み[に],大海の最中に投げ込まれると+そのとき川がわたしを取り巻いた。あなたのすべての砕け波と大波 ― それがわたしの上を越えて行った+   それでわたしは言った,『わたしはあなたの目の前から打ち払われました+あなたの聖なる神殿をどうして再び見ることがあるでしょうか*+』。   水は魂に達するまでわたしを取り巻いた+。水の深み*がずっとわたしを囲み込んだ。水草はわたしの頭に巻き付いた。   山々の底にわたしは下って行った。地は,そのかんぬきは,ずっと定めなくわたしの上にあった。それでも,わたしのエホバ,あなたはわたしの命を坑の中から引き上げてくださった+   わたしの魂*が自分の内で衰え果てた時+,わたしが思い出した+,それはエホバであった。その時わたしの祈りはあなたのもとに,あなたの聖なる神殿の中に達した+   不真実な偶像を見守る者,その者たちは自分の愛ある親切から離れてゆく+   しかしわたしは,感謝の声をもってあなたに犠牲をささげる+自分の誓約したことをわたしは果たす+。救いはエホバのものである+」。 10  やがてエホバはその魚に命じ*,それはヨナを陸に吐き出した+

脚注

「自分の」。ヘ語,エローハーウ。
「シェオル」。ヘ語,シェオール; ギ語,ハーイドゥー; ラ語,インフェルニー。付録4ロ参照。
または,「神殿をまさに(きっと)再び見ることでしょう」。テオ訳,「神殿をどうして再び見ることがあるでしょうか」。
「水の深み」。または,「逆巻く水」。ヘ語,テホーム; 七十訳,ウル訳,「底知れぬ深み」。
「わたしの」。ヘ語,ナフシー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマ。付録4イ参照。
字義,「に言い」。