内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨナ 2:1‐10

2  そのヨナ内部から自分*エホバ祈っ+  こう言った。 「自分苦難からわたしエホバ呼ばわっ+。するわたし答えくださっ+シェオル*からわたし助け叫び求め+あなたわたし聞いくださっ+   あなたわたし深み[に],大海最中投げ込まれる+そのときわたし取り巻いた。あなたすべて砕け波大波 ― それわたし越え行っ+   それわたし言った,『わたしあなたから打ち払わまし+あなたなる神殿どうして再び見ることあるでしょ*+』。   水達するまでわたし取り巻い+。水深み*ずっわたし囲み込んだ。水草わたし巻き付いた。   山々わたし下っ行った。は,そのかんぬきは,ずっ定めなくわたしあった。それでも,わたしエホバ,あなたわたしから引き上げくださっ+   わたし*自分衰え果て+,わたし思い出し+,それエホバあった。そのわたし祈りあなたもとに,あなたなる神殿達し+   不真実偶像見守る者,そのたち自分ある親切から離れゆく+   しかしわたしは,感謝もっあなた犠牲ささげる+自分誓約ことわたし果たす+。救いエホバものある+」。 10  やがてエホバその命じ*,それヨナ吐き出し+

脚注

「自分」。ヘ語,エローハーウ。
「シェオル」。ヘ語,シェオール; ギ語,ハーイドゥー; ラ語,インフェルニー。付録4ロ参照。
または,「神殿まさに(きっと)再び見ることでしょう」。テオ訳,「神殿どうして再び見ることあるでしょか」。
「水深み」。または,「逆巻く水」。ヘ語,テホーム; 七十訳,ウル訳,「底知れ深み」。
「わたし」。ヘ語,ナフシー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマ。付録4イ参照。
字義,「に言い」。