アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨナ 1:1-17

1  そして,エホバの言葉がアミタイの子ヨナ+に臨むようになって,こう言った。  「立って,大いなる都市ニネベ+に行き,彼らの悪がわたしの前に達した+ことをふれ告げよ」。  ところがヨナは立って,エホバの前からタルシシュ+へ逃げて行くのであった+。そして彼はついにヨッパ*+に下り,タルシシュへ行く船を見つけた。それで彼はその料金を払って,その中へ下りて行った。エホバの前から離れて彼らと共にタルシシュへ行こうとしてであった。  するとエホバ自ら大風*を海に投じ+,海には大あらし+が生じた。そのため船は今にも難破しそうになった。  それで船員たちは恐れて,各々自分の神*+に助けを呼び求めるようになった。そして彼らは船内の品物を次々に海に投げ出した。その分だけ[船を]軽くしようとしてであった+。しかしヨナは下に降りて,その甲板船の一番奥に来ていた。そして,そこに横になって深く眠り込んだ+  やがて船長*が近くにやって来て,こう言った。「眠っている人よ,あなたはどうしたのか。起きて,あなたの神*に呼びかけてほしい+! [まことの]*が顧みてくださって,わたしたちは滅びないですむかもしれない+」。  やがて人々は互いにこう言いだした。「さあ,くじを引こうではないか+。だれのせいでこんな災いに遭っているのかを知るのだ+」。そこで彼らはくじを引いていったが,最後にそのくじはヨナに当たった+  それで彼らは[ヨナ]に言った,「さあ,どうか言ってくれ。だれのせいで我々はこんな災いに遭っているのか+。あなたはどんな仕事をする人か,どこの人か。国はどこか,どの民の人なのか」。  そこで彼は言った,「わたしはヘブライ人+で,天のエホバ+を,海と陸とを造られた+を恐れる者です+」。 10  すると人々*は大いに恐れるようになり,彼に対してさらにこう言った。「あなたがしたこの事はどういうことなのか+」。彼がエホバの前から逃げようとしていることを,人々は知ったのである。彼がそのように話したからであった。 11  最後に彼らは言った,「海が静まってくれるようにするために,我々はあなたをどのようにしたらよいのか+」。海がますます荒れてきたからである。 12  それで彼は言った,「わたしを抱え上げて,海の中に投げ込んでください。そうすれば,海はあなた方のために静まるでしょう。この大あらしがあなた方に臨んでいるのはわたしのためだということが,わたしには分かっているのです+」。 13  それでも人々は何とか切り抜けて,[船を]陸に戻そうとしていた。しかし,それはできなかった。海がますます荒れてきたからである+ 14  それで彼らはエホバに呼ばわるようになってこう言った+。「ああ,どうかエホバよ,この人の魂のために*わたしたちが滅びてしまうことのないようにしてください。そして,罪のない血をわたしたちに帰させないでください+。エホバよ,あなたはご自分の喜びとなるように事を行なわれたのですから+」。 15  そののち彼らはヨナを抱え上げて海の中に投げ込んだ。すると海は,その荒れ狂いが収まってくるのであった+ 16  それを見て人々はエホバを大いに恐れるようになり+,エホバに犠牲をささげて+誓約を立てた+ 17*  一方エホバは大魚*に任じてヨナを呑み込ませた+。そのためヨナはその魚の内部に三日三晩いることになった+

脚注

「ヨッパ」。ヘ語,ヤーフォー; ギ語,イオッペーン; ラ語,イオッペン。
「風」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,ウェントゥム。創 1:2,「力」の脚注参照。
「自分の」。ヘ語,エローハーウ; ギ語,テオン; ラ語,デウム
字義,「水夫たちの主立った者」。
「あなたの」。ヘ語,エローヘイカー; ギ語,テオン; ラ語,デウム
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム。付録1ヘ参照。
人々」。ヘ語,ハーアナーシーム。イーシュの複数形。
のために」。ヘ語,ベネフェシュ; ギ語,プシュケース; ラ語,アニマー。付録4イ参照。
マソ本,七十訳,ウル訳はここから2章が始まっている。
「魚」。ヘ語,ダーグ; ギ語,ケーテイ,「海の巨獣; 巨大な魚」; ラ語,ピスケム。