内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨナ 1:1‐17

1  そして,エホバアミタイヨナ+臨むようなって,こう言った。  「立て,大いなる都市ニネベ+行き,彼らわたし達し+ことふれ告げよ」。  ところヨナて,エホバからタルシシュ+逃げ行くあっ+。そしてついにヨッパ*+下り,タルシシュ行く見つけた。それその料金払って,その下り行った。エホバから離れ彼らタルシシュ行こあった。  するとエホバ大風*投じ+,海あらし+生じた。そのため難破そうなった。  それたち恐れて,各々自分*+助け呼び求めるようなった。そして彼ら船内品物次々投げ出した。そのだけ[船を]軽くようあっ+。しかしヨナ降りて,その甲板一番た。そして,そこなっ深く眠り込ん+  やがて*近くやって,こう言った。「眠っいるよ,あなたどうか。起きて,あなた*呼びかけほしい+! [まことの]*顧みくださって,わたしたち滅びないすむしれない+」。  やがて互いこう言いだした。「さあ,くじ引こない+。だれせいこんな災い遭っいる知る+」。そこで彼らくじ引いいっが,最後そのくじヨナ当たっ+  それは[ヨナ]に言った,「さあ,どうか言っくれ。だれせい我々こんな災い遭っいる+。あなたどんな仕事するか,どこか。国どこか,どのか」。  そこで言った,「わたしヘブライ+で,天エホバ+を,海造ら+恐れるです+」。 10  すると*大いに恐れるようなり,彼対しさらにこう言った。「あなたこのどういうこと+」。彼エホバから逃げよういることを,人々知っある。彼そのよう話しからあった。 11  最彼ら言った,「海静まっくれるようするために,我々あなたどのようたらよい+」。海ますます荒れからある。 12  それ言った,「わたし抱え上げて,海投げ込んください。そうすれば,海あなた方ため静まるでしょう。このあらしあなた方臨んいるわたしためいうことが,わたし分かっいるです+」。 13  それでも切り抜けて,[船を]陸戻そた。しかし,それできなかった。海ますます荒れからある+ 14  それエホバ呼ばわるようなっこう言っ+。「ああ,どうかエホバよ,このため*わたしたち滅びしまうことないようください。そして,罪ないわたしたち帰さないください+。エホバよ,あなたご自分喜びなるよう行なわですから+」。 15  そののちヨナ抱え上げ投げ込んだ。するとは,その荒れ狂い収まっくるあっ+ 16  それ人々エホバ大いに恐れるようなり+,エホバ犠牲ささげ+誓約立て+ 17 * 一エホバ大魚*任じヨナ呑み込ま+。そのためヨナその内部いることなっ+

脚注

「ヨッパ」。ヘ語,ヤーフォー; ギ語,イオッペーン; ラ語,イオッペン。
「風」。ヘ語,ルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,ウェントゥム。創 1:2,「力」の脚注参照。
「自分」。ヘ語,エローハーウ; ギ語,テオン; ラ語,デウム
字義,「水夫たち主立っ者」。
「あなた」。ヘ語,エローヘイカー; ギ語,テオン; ラ語,デウム
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム。付録1ヘ参照。
人々」。ヘ語,ハーアナーシーム。イーシュ複数形。
ために」。ヘ語,ベネフェシュ; ギ語,プシュケース; ラ語,アニマー。付録4イ参照。
マソ本,七十訳,ウル訳ここから2始まっいる。
「魚」。ヘ語,ダーグ; ギ語,ケーテイ,「海巨獣; 巨大魚」; ラ語,ピスケム。