内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨシュア 7:1‐26

7  さて,イスラエル滅びためささげられもの関し忠実行為するようなった。ユダゼラハ子,ザブディ子,カルミあるアカン*+が,滅びためささげられもの幾らか取っからある+。ここおいエホバ怒りイスラエル対し激しく燃え+  おりヨシュアエリコからアイ+遣わした。それベトアベン+すぐ近くあり,ベテル+あたる。そう彼らこう言った。「上っ行っその偵察せよ」。そこで,それら人々上っ行っアイ偵察+  そののちヨシュアもと戻って,こう言った。「民全員上っ行くことありません。二千あるいは三千ほど上っ行って,アイ討つようください。民全員そこ行か疲れないください。彼ら少ないです」。  それで,民うちおよそ三千そこ上っ行っが,それらアイ人々逃げだし+  そしてアイ彼らうちおよそ三十六討ち倒し,城門からシェバリム*まで彼ら追跡+,下り坂ところ彼らさらに討ち倒した。そのため溶けようなっ+  これヨシュア自分マント裂き,エホバひれ伏し+,ついに夕方まで及んだ。彼イスラエル年長たち*そのようし,彼らしきりかぶるあっ+  そうヨシュアこうた。「ああ,なるエホバ,どうしてこのはるばるヨルダン渡らですか。ただアモリ渡しわたしたち滅ぼさせるためですか。わたしたちいっそヨルダン向こうとどまっいれよかっです+  お許ください,エホバ*よ,イスラエル向け今,わたし言ったらよいでしょか。  カナンこの住むすべてそのつい聞くでしょう。そして,必ずやわたしたち取り囲んで,わたしたちから断ち去ることでしょ+。そうたら,あなたご自分大いなるみ名ためどうなさるでしょ+」。 10  するとエホバヨシュアこうた。「あなた立ちなさい! どうしてここひれ伏しいるか。 11  イスラエルおかした。わたし命令課し契約踏み越え+。また,滅びためささげられものから取り+,また盗み+,また隠し+,また自分品物入れ+ 12  だからイスラエルその対し立ち向かうことできない+。背その向ける。彼ら滅びためささげられものなっからある。滅びためささげられものあなた方から滅ぼし尽くさない限り,わたしあなた方ないあろ+ 13  立て! 民神聖せよ+。そしてこう言わなけれならない。『明日あなた方神聖せよ。イスラエルエホバこう言わからある。「イスラエルよ,滅びためささげられものあなたうちある+。その滅びためささげられものあなた方うちから除き去るまで,あなた立ち向かうことできない。 14  それあなた方朝,部族ごと来るように。そして,エホバえり分ける+部族氏族ごと近く来る。そして,エホバえり分ける氏族家族ごと近く来る。次いで,エホバえり分ける家族それぞれ強健男子ごと近く来る。 15  そして,滅ためささげられものえり分けられは,そのそれ属するすべても,火焼かれることなる+。そのエホバ契約踏み越えから+,またイスラエルおい恥ずべき愚行犯しからある+」』」。 16  そこでヨシュア早く起き,イスラエルその部族ごと近く来さた。すると,ユダ部族えり分けられた。 17  次に,ユダ氏族近く来さて,ゼラハ+氏族えり分けた。そのゼラハ氏族強健男子ごと*近く来さところ,ザブディえり分けられた。 18  最に,そのたち強健男子ごと近く来さところ,ユダゼラハ子,ザブディ子,カルミあるアカンえり分けられ+ 19  そこでヨシュアアカンた,「我*,どうかイスラエルエホバ栄光帰し+,その告白ください+。どうか言っください+。何ですか。それわたし隠さないください+」。 20  これアカンヨシュア答え言った,「実ところ,このわたしイスラエルエホバ対しおかしまし+。わたしこれこのとおりです。 21  分捕りシナル+職服きれいもの+,また二百シェケル*と,金延べ棒本,目方五十シェケルものを[見た]時,わたしそれ欲しくなっ+取りまし+。ご覧ください,それわたし天幕中,地中隠しあり,お金*その*あります+」。 22  直ちにヨシュア使者送った。彼らその天幕走っ行っが,見ると,それ天幕に,金その隠しあった。 23  それそれ天幕から取り,ヨシュアイスラエルすべてもと携えた。そして,それエホバ広げた。 24  次ヨシュア,またイスラエルは,ゼラハアカン+,およびその職服延べ棒+,また息子たち,牛,ろば,羊,天幕,および属するすべて取り,それらアコル低地平原+携え行った。 25  そうヨシュアた,「どうしてあなたわたしたちのけ者ならせです+。今日このエホバあなたのけ者ならせるです」。それともイスラエル石撃ち+,そののち彼ら焼い+。こうて[民]は彼ら石打ちた。 26  それから,彼大きく積み重ねが,それ今日までそのままある+。ここおいエホバその激しい怒りから離れられ+。そのゆえに,その場所は“アコル*低地平原+”と呼ばて,今日至っいる。

脚注

「アカン」。ヘ語,アーカーン; 一 2:7では「アカル」。どちらも「悩み; 悩ませる者」の意。一 2:7脚注参照。
「石切り場」(複)の意。
または,「長老たち」。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
字義,「強健男子たちごとに」。ヘ語,ラッゲヴァーリーム; ギ語,カタ アンドラ,配分意味用いられいる; シリ訳,ウル訳,および六つヘブライ写本,「家族ごとに」。
「我よ」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳省いいる。
付録8イ参照。
または,「銀」。
「その」,女性形,すなわち「職服の」。
「追放(オストラシズム); 悩み」の意。