内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨシュア 6:1‐27

6  さて,エリコイスラエルゆえに固く[門を]閉ざした。出来る入っ行くなかっ+  次いエホバヨシュアこう言わた。「見よ,わたしエリコそのを,その勇敢あるたちを,あなた与え+  それで,あなたがた戦人皆,その都市周り行進なけれならない。その都市周りまわる*。六日そうするように。  そして,七祭司雄羊角笛携え行く。七その都市周り行進し,祭司たち角笛吹く+  そして,彼ら雄羊角笛鳴らし,あなた方その角笛*聞くに,民全員大きなとき上げるよう+。そうすれば,その都市城壁必ず崩れ落ちる+。民各々自分まっすぐ上っ行かならない」。  そこでヌンヨシュア祭司たち呼ん+こう言った。「契約担ぎなさい+。そして,七祭司雄羊角笛携えエホバ+行くように」。  次い*言った,「進ん行っこの都市周り行進なさい。戦い装備軍勢+エホバ進むように」。  それで,ヨシュア言っとおり行なわた。雄羊角笛携え祭司エホバ進ん角笛吹いた。エホバ契約その従った。  そして,戦い装備軍勢角笛吹く祭司たち行き,後衛+は,角笛絶え吹き鳴らされる*後ろ従った。 10  さて,ヨシュア命じ+こう言っおいた。「あなた方叫び声上げたり聞こえさせたりならない。わたしが『叫べ!』と言うまで,あなた方から一言出しいけない。そのたら,あなた方叫ぶある+」。 11  こうエホバその都市周り行進するようた。一まわると,そののち彼ら宿営行き,その宿営過ごした。 12  それからヨシュア朝早く起き+,祭司たちエホバ担っ進み+ 13  雄羊角笛携え祭司エホバ行っ絶え角笛吹き,戦い装備軍勢それら歩き,後衛角笛絶え吹き鳴らされるエホバ後ろ従っ+ 14  こう彼らその都市周り行進し,そののち宿営帰った。六日そのよう行なっ+ 15  次いなり,彼ら早く,夜明けるすぐ起き,これまでよう都市周り行進いった。そのだけ都市周り行進+ 16  そしてそのこと,祭司たち角笛吹くと,ヨシュア向かっこう言った。「叫べ+。エホバこの都市+あなた方お与えなっだ。 17  そして,この都市滅びためささげられもの*されなけれならない+。それは,そこある一切エホバものなる。ただし遊女ラハブ+,すなわち彼女そのいるすべては,生き長らえさせい。彼女わたしたち遣わし使者たちかくまっからある+ 18  あなた方は,滅びためささげられものから離れいるよう+。欲望起こし*+,滅びためささげられものから取り+,それよっイスラエル宿営滅びためささげられところし,これのけ者ならせるようことないためある+ 19  しかし,銀金,またすべてエホバ対しなるものされる+。それエホバ宝物入れられるべきある+」。 20  それ叫び声上げた。それは[祭司]たち角笛吹きはじめあっ+。そして,民角笛聞き,民大きなとき上げはじめるや,すぐ城壁崩れ落ちいっ+。そののちは,各々自分まっすぐ進ん市内入り,その都市攻め取った。 21  そして,その都市あっすべてもの,男も,若者老人も,牛ろばことごとくかけ滅びためささげいっ+ 22  そして,その偵察行なっ対しヨシュアこう言った。「その女,その遊女入り,そのそれ属するすべてそこから連れ出して,あなた方誓っとおりなさい+」。 23  それで,偵察行なっその若者たち入っ行って,ラハブその父,母,兄弟たち,またそれ属するすべて連れ出した。彼女家族関係あるすべて連れ出しある+。そのたちイスラエル宿営とどまらた。 24  次い彼らその都市そのあっすべて焼い+。ただし,銀金,およびだけエホバ宝物納め+ 25  そして遊女ラハブその者,また彼女属するすべてを,ヨシュア生き長らえさせ+。彼女今日至るまでイスラエル住んいる+。エリコ偵察せるためヨシュア遣わし使者たちかくまっからある+ 26  次いその時,ヨシュア一つ誓い述べさせこう言った。「立っこの都市を,このエリコ建て直すは,エホバのろわれよ。その長子失っその据え,末失っその立て+」。 27  こうエホバヨシュアいること示さ+,彼名声全地及ん+

脚注

「周りを……まわる」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定。
または,「ショファル」。ヘ語,ハッショーファール
「彼」,タル,シリ訳,ウル訳; マソ本,「彼ら」。
「絶え吹き鳴らされるで」。ヘブライこれら言葉二つ動詞から成り,いずれ不定詞独立で,時関し不定。
または,「滅び定められもの」。
「欲望起こして」,七十訳合わせて。七十訳こう読む,「[それ]に思い留めて(あなた方自身が……を取り)」; マソ本,「あなた方が[それを]滅びためささげて」。