内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ヨシュア 24:1‐33

24  それ​から​ヨシュア​は​イスラエル​の​全​部族​を​シェケム​*+に​集め,イスラエル​の​年長​者​+と​頭​と​裁き人​と​つかさ​たち​を​呼ん​だ。それ​で​彼ら​は[まこと​の]+の​前​に​立っ​た。  次い​で​ヨシュア​は​民​の​すべて​に​こう​言っ​た。「イスラエル​の​​エホバ​は​こう​言わ​れ​まし​た。『あなた方​の​父祖​たち+,アブラハム​の​父​また​ナホル​の​父​の​テラ​+が​ずっ​と​昔​に​住ん​で​い​た​の​は​*の​向こう​+で​あっ​た。そして​彼ら​は​他​の​神々​*に​仕え​て​い​た*  「『後​に​わたし​は​あなた方​の​父祖​アブラハム​を​+の​向こう​から​連れ​て​来​て+,カナン​の​全土​を​歩ま​せ,その​胤​*を​多く​し​た+。そして​わたし​は​彼​に​イサク​を​与え​た+  次い​で​イサク​に​ヤコブ​と​エサウ​を​与え​た+。後​に,エサウ​に​は​セイル​山​を​与え​て​これ​を​取得​さ​せ​た+。また​ヤコブ​と​その​子​ら​は​エジプト​に​下っ​た+  後​に​わたし​は​モーセ​と​アロン​を​遣わし+,その​中​で​わたし​が​行なっ​た​事柄​を​もっ​て​*エジプト​に​災厄​を​下し​て​いっ​た+。こう​し​て​後​に​わたし​は​あなた方​を​携え出し​た+  あなた方​の​父​たち​を​エジプト​から​携え出し​て​い​た​時​で​あっ​た​が+,あなた方​が​海​まで​来る​と,エジプト​人​は​戦車​と​騎兵​と​を​もっ​て​あなた方​の​父​たち​を​追いかけ+,紅海​まで​来​た。  その​ため​彼ら​は​エホバ​に​向かっ​て​叫びだし​た+。そこで,あなた方​と​エジプト​人​と​の​間​に​闇​を​置き+,海​を​彼ら​の​上​に​引き寄せ​て​これ​を​覆っ​た+。あなた方​の​目​は​わたし​が​エジプト​で​行なっ​た​事柄​を​見​た​の​で​ある+。その​後​あなた方​は​多く​の​日​の​あいだ​荒野​に​住む​こと​に​なっ​た+  「『ついに​わたし​は​あなた方​を​ヨルダン​の​向こう​側​に​住む​アモリ​人​の​地​に​携え​て​行っ​た​が,彼ら​は​あなた方​に​対し​て​戦う​よう​に​なっ​た+。そこで​わたし​は​彼ら​を​あなた方​の​手​に​与え​て,その​地​を​あなた方​に​取得​さ​せ,彼ら​を​あなた方​の​前​から​滅ぼし尽くし​た+  その​時,モアブ​の​王​で​ある,チッポル​の​子​の​バラク​+は​身​を​起こし​て​イスラエル​と​戦い​はじめ​た+。そして​彼​は​使い​を​やっ​て​ベオル​の​子​バラム​を​呼び寄せ,あなた方​の​上​に​災い​を​呼び求め​よう​と​し​た+ 10  だが,わたし​は​バラム[の​願い]を​聴き入れ​よう​と​は​思わ​なかっ​た+。その​ため​彼​は​あなた方​を​繰り返し​祝福​し​た​の​で​ある+。こう​し​て​わたし​は​あなた方​を​彼​の​手​から​救い出し​た+ 11  「『次い​で​あなた方​は​ヨルダン​を​渡っ​て​+エリコ​に​来​た+。すると,エリコ​の​土地​所有​者​たち*,アモリ​人,ペリジ​人,カナン​人,ヒッタイト​人,ギルガシ​人,ヒビ​人​と​エブス​人​は​あなた方​に​対し​て​戦い​はじめ​た。だが​わたし​は​彼ら​を​あなた方​の​手​に​与え​た+ 12  そして​わたし​は​失意​の​気持ち​を​あなた方​の​前方​に​送り*,それ​が​彼ら​を​あなた方​の​前​から​徐々​に​追い立て​た+。すなわち​アモリ​人​の​二​人​の​王​で​ある。あなた​の​剣​や​弓​を​もっ​て​し​た​の​で​は​ない+ 13  こう​し​て​わたし​は,あなた方​が​労し​た​の​で​は​ない​土地,あなた方​が​建て​た​の​で​は​ない​都市​を​与え+,あなた方​は​その​中​に​住む​よう​に​なっ​た。あなた方​が​設け​た​の​で​は​ない​ぶどう​園​と​オリーブ​畑,その[実]を​あなた方​は​食べ​て​いる​の​で​ある+』。 14  「それ​で​今,エホバ​を​恐れ+,とが​なく,真実​を​もっ​て​この​方​に​仕え​なさい+。あなた方​の​父祖​たち​が​​の​向こう​で,また​エジプト​で​仕え​た​神々​を​除き去り+,エホバ​に​仕え​なさい。 15  しかし,もし​エホバ​に​仕える​こと​が​あなた方​の​目​から​見​て​よく​ない​事​と​される​なら,​の​向こう​*に​い​た​あなた方​の​父祖​たち​が​仕え​た​神々​で​あれ+,あなた方​が​いま​住ん​で​いる​地​の​アモリ​人​の​神々​で​あれ+,あなた方​が​仕える​者​を​今日​自分​で​選び​なさい+。しかし,わたし​と​わたし​の​家​の​者​と​は​エホバ​に​仕え​ます+」。 16  すると​民​は​答え​て​言っ​た,「エホバ​を​離れ​て​他​の​神々​に​仕える​など,わたしたち​に​は​考え​られ​ない​こと​です。 17  わたしたち​の​​エホバ​が,わたしたち​と​父​たち​を​エジプト​の​地​から,奴隷​の​家​+から​携え出し​て​くださっ​た​の​で​あり+,これら​の​大いなる​しるし​を​わたしたち​の​目​の​前​で​行ない+,わたしたち​の​歩ん​だ​すべて​の​道,わたしたち​が​通っ​た​すべて​の​民​の​中​で​終始​わたしたち​を​守っ​て​くださっ​た​の​です+ 18  そして​エホバ​は​その​地​に​住む​すべて​の​民​を,アモリ​人​を,わたしたち​の​前​から​追い立て​て​ください​まし​た+。わたしたち​も,エホバ​に​仕え​ます。わたしたち​の​​な​の​です​から+」。 19  その​時​ヨシュア​は​民​に​言っ​た,「あなた方​は​エホバ​に​仕える​こと​は​でき​ない​でしょ​う。この​方​は​聖​なる​*+,全き​専心​を​要求​さ​れる​*な​の​です+。あなた方​の​反抗​と​罪​を​容赦​さ​れ​ませ​ん+ 20  あなた方​が​エホバ​を​離れ​て​+異国​の​神々​*に​仕える​よう​な​こと​が​あれ​ば+,あなた方​に​良い​こと​を​行なっ​た​後​で​あっ​て​も,必ずや​翻っ​て​あなた方​に​害​を​もたらし,あなた方​を​滅ぼし絶やさ​れる​の​です+」。 21  それ​に​対し​民​は​ヨシュア​に​言っ​た,「そう​で​は​あり​ませ​ん,わたしたち​は​エホバ​に​仕える​の​です+!」 22  そこで​ヨシュア​は​民​に​言っ​た,「あなた方​は,自分​たち​の​ため​に​自ら​エホバ​を​選​ん​で​この​方​に​仕える​と​いう​こと​に​つい​て+,あなた方​自身​に​対する​証人​です+」。すると​彼ら​は​言っ​た,「わたしたち​は​証人​です」。 23  「では​今,あなた方​の​中​に​ある​異国​の​神々​を​除き去っ​て+,イスラエル​の​​エホバ​に​あなた方​の​心​を​傾け​なさい」。 24  それ​に​対し​民​は​ヨシュア​に​言っ​た,「わたしたち​の​​エホバ​に​仕え​て,その​声​に​わたしたち​は​従い​ます+!」 25  そこで​ヨシュア​は​その​日​に​民​と​契約​を​結び,彼ら​の​ため​に​シェケム​*に​おい​て​規定​と​司法​上​の​定め​+と​を​制定​し​た。 26  次い​で​ヨシュア​は​それら​の​言葉​を​​の​律法​の​書​+に​記し,大きな​石​を​取っ​て+,エホバ​の​聖​なる​所​の​そば​に​ある​巨木​+の​下​の​所​に​それ​を​立て​た。 27  そう​し​て​ヨシュア​は​民​の​すべて​に​こう​言っ​た。「見​なさい,この​石​は​わたしたち​に​対し​て​証し​と​なる​もの​です+。エホバ​が​わたしたち​に​話さ​れ​た​すべて​の​ことば​を​それ​は​聞い​た​から​です。ゆえに​これ​は,あなた方​に​対し,あなた方​が​自分​たち​の​​を​否ま​ない​と​いう​証し​と​なる​の​です」。 28  その​後​ヨシュア​は​民​を​去ら​せ​て,各自​の​相続​地​に​行か​せ​た+ 29  そして,これら​の​事​の​後,エホバ​の​僕​で​ある​ヌン​の​子​ヨシュア​は​百十​歳​で​死ん​で​いっ​た+ 30  それ​で​人々​は​彼​を​その​相続​し​た​領地​の​ティムナト​・​セラハ​に​葬っ​た+。それ​は​エフライム​の​山地​に​あり,ガアシュ​山​の​北​で​ある。 31  そして​イスラエル​は,ヨシュア​が​い​た​すべて​の​日​の​間,また​ヨシュア​の​後​に​まで[命​の]日​を​延ばし,エホバ​が​イスラエル​の​ため​に​行なわ​れ​た​その​すべて​の​み業​を​知る​+年長​者​たち​の​い​た​すべて​の​日​の​間,ずっ​と​エホバ​に​仕え​続け​た+ 32  また,イスラエル​の​子​ら​が​エジプト​から​携え​て​来​た​ヨセフ​の​骨​+で​ある​が,彼ら​は​それ​を​シェケム​に,すなわち​ヤコブ​が​シェケム​の​父​で​ある​ハモル​の​子​ら​から​金子​百​枚​*で​得​た​+一​区画​の​野​に​葬っ​た+。それ​*は​相続​分​と​し​て​ヨセフ​の​子​ら​の​もの​と​なっ​た+ 33  また,アロン​の​子​エレアザル​も​死ん​だ+。それ​で​人々​は​彼​を​その​子​ピネハス​+の​​に​*葬っ​た。それ​は​エフライム​の​山地​で​彼​が[ピネハス]に​与え​た​もの​で​あっ​た。

脚注

「シェケム」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「シロ」。
すなわち,ユーフラテス​川。
「他​の​神々」。ヘ語,エローヒーム アヘーリーム,どちら​も​複数​形。
「そして​彼ら​は……に​仕え​て​い​た(を​崇拝​し​て​い​た)」。ヘ語,ワイヤアヴドゥー; ギ語,エラトレウサン,「彼ら​は……に​神聖​な​奉仕​を​ささげ​た」。出 3:12の​脚注​参照。
または,「子孫」。
「わたし​が​行なっ​た​事柄​を​もっ​て」,七十訳​バチ写; 七十訳​アレ写,「わたし​が​行なっ​た​しるし​を​もっ​て」; マソ本,「わたし​が​行なっ​た​とおり​に」。
「の​土地​所有​者​たち」。ヘ語,バアレー; 七十訳,「住民」。
『失意​の​気持ち​を​送る』と​いう​表現​は出 23:28​と申 7:20に​も​見​られる。出 23:28の​脚注​参照。
すなわち,ユーフラテス​川​の​東側。
字義,「彼​は​聖​なる​神」。ヘ語,エローヒーム ケドーシーム フー。複数​形​の​形容詞​に​よっ​て​修飾​さ​れ​て​いる​が,単数​形​の​代名詞「フー」が​用い​られ​て​いる​こと​は,エローヒーム​が​威光​と​卓越​を​表わす​複数​形​で​あり,意味​の​上​で​は​単数​で​ある​こと​を​示し​て​いる。ギ語,テオス; ラ語,デウス。
「神」。ヘ語,エール。22:22,「エホバ」の​脚注​参照。
字義,「異(国)の​神々」。
「シェケム」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「シロ」。
「金子……枚」。ヘ語,ケスィーター。その​価格​は​明確​で​ない。
「それ」,シリ訳,ウル訳; マソ本,「それら」。
または,「ピネハス​の​ギベア​に」; 七十訳,ウル訳​と​一致​する。