内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨシュア 22:1‐34

22  そのヨシュアルベンガドまたマナセ部族呼ん+  こうた。「あなた方は,エホバモーセ命じすべてこと守りまし+。わたし命じすべてことついわたし従順でし+  今日までこの多く間,あなた方兄弟たちから離れ+,あなた方エホバおきて伴う務め守っまし+  そして,あなた方エホバあなた方兄弟たち休み与えて,その約束とおりされまし+。ですから今,身転じて,あなた方所有するあるあなた方天幕行きなさい。それは,エホバモーセヨルダン向こうあなた方与えです+  ただ,よくて,エホバモーセ命じおきて律法守りなさい+。あなた方エホバ愛し+,そのすべて歩み+,そのおきて守り+,固く[]に付き+,心つく+つく+これ仕えるです+」。  そうヨシュア祝福+去らせ,それぞれ天幕*向かわた。  ところで,マナセ部族対しモーセバシャンすでに与えおり+,他半[部族]に対しヨシュアヨルダン西側その兄弟たち与え+。それやはり,彼らその天幕去らせる際,ヨシュア彼ら祝福するあった。  そしてなおもこう言った。「沢山非常多く畜類携え,銀大量携え+あなた方天幕帰りなさい。あなた方から分捕り+兄弟たち分かちなさい」。  こう,ルベンガドおよびマナセ部族戻っ行き,イスラエルから,カナンシロから去っ行った。ギレアデ+へ,すなわちモーセよるエホバ指示よっすでに入植自分たち所有+行くためあった。 10  カナンヨルダン地方まで時,ルベンガドおよびマナセ部族は,そこヨルダンそば祭壇築いた。大きく際立っ祭壇+あった。 11  後イスラエルは,このよう言われる聞い+。「見なさい,ルベンガドマナセ部族は,ヨルダン地方カナン国境,イスラエル属する祭壇築きました」。 12  イスラエルそれつい聞くと,イスラエル集会+,上っ行っ彼ら対する軍事行動起こそ+シロ集合+ 13  そうして,イスラエルは,ギレアデいるルベンガドおよびマナセ部族もと祭司エレアザルピネハス+を, 14  またたち遣わし+。イスラエルすべて部族ついそれぞれ父方あり,それら各々,イスラエル幾千からなるたちあっ+ 15  やがてギレアデルベンガドおよびマナセ部族もとた。そして彼ら話しかけ+こう言った。 16  「エホバ全員+このよう言いました。『あなた方イスラエル対し行なっこの忠実行為+一体どういうことですか。自分たちため祭壇築い+今日エホバ従うことから退き+,こう今日エホバ逆らおいるです。 17  ペオルとが+わたしたちとっそれほどさなだっでしょか。災厄エホバ集会臨んかかわら+,今日このなるまでわたしたちそれから清めないです。 18  それなのにあなた方は,今日エホバ従うことから退こます。あなた方今日エホバ逆らうすれば,明日イスラエル集会全体対して[の]憤り臨むことなるです+ 19  それで,もしあなた方所有する土地汚れいるいうあれ+,エホバ所有れる+,エホバ幕屋とどまっ+渡って,わたしたち入植ください。そして,わたしたちエホバ祭壇ほか自分たち祭壇築いエホバ逆らい+,このわたしたちまで逆らうするようことないください。 20  滅ためささげられもの関し忠実行為ゼラハアカン+ありませでしか。そのためイスラエル集会全員対し憤り臨んありませでし+。そして,彼とがため息絶えなかっです+』」。 21  すると,ルベンガドおよびマナセ部族それ答え+,イスラエルたち+こうた。 22  「たる++,エホバ,たる,エホバ*+,その知っおらます+。そしてイスラエルまた知るでしょ+。もしそれ反逆*+あり,エホバ対する忠実あるなら+,わたしたち今日救う及びません。 23  もし*それたちため祭壇築いエホバ従うことから退くためあっなら,もしそれ焼燔捧げ物穀物捧げ物そのささげるためあっなら+,もしそれ共与犠牲そのささげるためあっなら,エホバご自身そのこと探り出されるでしょ+ 24  そしてもし,それこと心配ためこれ行なっなかっなら ― こう思っです。『将来いつかあなた方わたしたち向かっ言うでしょう,「あなた方イスラエルエホバどんな関係ある* 25  現に,わたしたちあなた方ルベンガドは,エホバ置か境界ヨルダンある。あなた方に,エホバから受けるない+」。こうあなた方きっと,わたしたちエホバ恐れることやめさせるでしょ+』。 26  「それわたしたちました,『さあ,自分たちため行動取りましょう。祭壇築くです。焼燔捧げ物ため犠牲ためありません。 27  ただそれを,わたしたちあなた方わたしたち世代証し+,わたしたち自分たち焼燔捧げ物犠牲共与犠牲もっエホバ奉仕*そのみ前ささげるいうこと示すです+。将来いつかあなた方わたしたち向かって,「あなた方に,エホバから受けるない」など言わないためです』。 28  それからわたしたちました,『そしてもし彼ら将来いつかわたしたちわたしたちの[後の]世代そのよう言うならば,わたしたち必ずこう言いましょう。「わたしたちたち造っエホバ祭壇表象ください。焼燔捧げ物犠牲ためものありません。それわたしたちあなた方証しです」』。 29  わたしたちは,自からエホバ逆らい,その幕屋あるわたしたちエホバ祭壇加えて,焼燔捧げ物,穀物捧げ物,また犠牲ため祭壇築い+今日エホバ従うことから退くことなど全く考えられませ+」。 30  さて,祭ピネハス+およびそれ集会たち+イスラエルたちは,ルベンら,ガドら,またマナセその言葉聞いが,それ彼ら良いこと思えた。 31  それエレアザルピネハスは,ルベンら,ガドら,またマナセこう言った。「エホバわたしたちおられることが,今日はっきり分かります+。あなた方エホバ対しこの忠実行為行なっないからです。今あなた方イスラエルエホバから救い出しまし+」。 32  こうエレアザルピネハスたちは,ギレアデルベンガドもとから,カナンイスラエルもと帰っ+報告+ 33  すると,そのイスラエル良いこと思えた。そしてイスラエルほめたたえ+,ルベンガド対する戦役上っ行っ彼ら住む滅ぼすことつい語らなかった。 34  また,ルベンガドその祭壇付けるようなっ*。「それは,エホバが[まことの]+あることついわたしたち証しなる」からあった。

脚注

「家」,七十訳。
または,「神々エホバ,神々エホバ」。ヘ語,エール׀エローヒーム׀エフワー,エール׀エローヒーム׀エフワー,分離ため線(パセク)が入っいる。エール エローヒーム エフワーいうこの表現は,繰り返さないが,詩 50:1来る。ラ語,フォルティッシムス デウス ドミヌス,フォルティッシムス デウス ドミヌス,「最も強大エホバ,最も強大エホバ」。ヘブライこの表現最初エールここは「神たる者」と訳した。それは「神; 強大者」と訳せる。
「反逆」,マソ本。ギ語,アポスタシアーイ,「背教<アポスタシー>」。「離れ立つ」という動詞アフィステーミから派生; この名詞は「遺棄; 放棄; 反逆」という意味ある。二 29:19; 使徒 21:21; テサ二 2:3脚注参照。
「そしてもし」,七十訳,ウル訳; マソ本省いいる。
または,「あなた方は……エホバどんな共通もの持つか」。字義,「あなた方と……エホバが[あるか]」。ヘブライ慣用句; 異議示す反発質問。付録7ロ参照。
「奉仕」。または,「崇拝特色」。ヘ語,アヴォーダト; ギ語,ラトレイアン,「神聖奉仕」。出 3:12脚注比較。
なさいる説明からて,その祭壇は「証し」と名づけられあろう。シリ訳は「証し祭壇」といる。