内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨシュア 20:1‐9

20  そのエホバヨシュア話しこう言わた。  「イスラエル話し言いなさい,『自分たちために,わたしモーセよっ避難都市+定めなさい。  意ず,それ知ら打っ死な殺人+そこ逃げるためある。それあなた方ため,血復しゅう*+から避難なる。  ゆえにそのそれら都市一つ逃げ+,その都市+入口立ち,都市年長たち+聞くところ自分言葉述べなけれならない。彼らそのその都市中,自分たちもと迎え入れ場所与え,その彼ら住むことなる。  そして,血復しゅう追いかけ来る場合も,その殺人その引き渡しいけない+。それ知ら仲間打っ死なあり,これ以前から憎んないからある+  そしてそのは,裁きため集会立つまで+,そのいる祭司*まで+その都市住んなけれならない。こうその殺人戻っ+。その自分都市,自分へ,自分逃げもと都市入ることなる』」。  そこでは,ナフタリ山地あるガリラヤ*ケデシュ+,エフライム山地シェケム+,ユダ山地あるキルヤトアルバ+つまりヘブロン神聖地位与え*  また,ヨルダン方,エリコところ,その東側は,ルベン+部族から台地荒野あるベツェル+,ガド部族からギレアデラモト+,マナセ部族からバシャンゴラン+与えた。  これらは,イスラエルすべてため,またその外国住む外人居留ため定められ都市なった。すべて意図打っ死なそこ逃げるため+,その集会立つまで復しゅうかかっ死ぬことないためある+

脚注

「復しゅう者」。または,「買い戻し人<ゴーエール>」。
字義,「大いなる祭司」,マソ本; ラ語,サケルドス マーグヌス。
または,「周回地域の」。ヘ語,バッガリール; ギ語,ガリライアーイ; ラ語,ガリレーア。「ガリラヤ」はに,サマリアより地域ローマ属州名称なった。
または,「ヘブロン神聖ところた」。