内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨシュア 19:1‐51

19  次いくじ+シメオンため,シメオン+部族,その家族ためた。そして彼ら相続ユダ相続あることなっ+  それ彼らは[ユダら]の相続に,ベエルシェバ+およびシェバ*,またモラダ+  またハツァルシュアル+,バラ,エツェム+  またエルトラド+,ベトル,ホルマ,  またチクラグ+,ベトマルカボト,ハツァルスサ+  またベトレバオト+,シャルヘン持つことなった。十三都市それ伴う集落ある。  アイン+,リモン+エテルアシャン+。四つ都市それ伴う集落。  そして,これら都市周囲あるすべて集落を,バアラトベエル+,南*ラマ+至るまで。これシメオン部族,その家族相続あった。  シメオン相続は,ユダ配分から取らた。ユダ受け分彼らとっ大きすぎからある+。こうシメオン彼ら相続所有+ 10  次に,三くじ+ゼブルン+ら,その家族ためた。その相続境界サリドまでなった。 11  そして彼ら境界西方上っマルアラまで行き,ダベシェト達し,さらにヨクネアム+面する奔流達した。 12  またそれ戻っサリドから東方へ,日向かっキスロトタボル境界地方進み,ダベラト+出,またヤフィア上った。 13  次いそこから東方渡って,日ガトヘフェル+に,エトカツィン進み,リモン出,さらにネアまで引か* 14  次い境界そこ回っハナトン行き,その終端イフタハエルなった。 15  そして,カタト,ナハラル,シムロン+,イドアラ,ベツレヘム+,十二都市それ伴う集落ある。 16  これゼブルンら,その家族+相続+あった。これら都市それ伴う集落あった。 17  イッサカル+ためくじた。イッサカルら,その家族ためある。 18  そして彼ら境界は,エズレル+までとなり,さらにケスロトシュネム+ 19  ハファライム,シオーン,アナハラト, 20  またラビト,キション,エベツ, 21  またレメト,エンガニム+,エンハダ,ベトパツェツあった。 22  そして境界タボル+,シャハツマ,ベトシェメシュ達し,彼ら境界終端ヨルダンなった。十六都市それ伴う集落ある。 23  これが,イッサカル部族,その家族+相続あり,都市それ伴う集落あった。 24  次いくじ+が,アシェル+部族,その家族ためた。 25  そして,彼ら境界は,ヘルカト+,ハリ,ベテン,アクシャフ+ 26  またアラメレク,アムアド,ミシュアル+なった。次いそれ西方進んカルメル+シホルリブナト達し, 27  またほう戻っベトダゴン行き,ゼブルン+およびイフタハエル北方,ベトエメクネイエル達し,カブル出, 28  エブロン,レホブ,ハモン,カナ,そして多いシドンまで進ん+ 29  次い境界戻っラマに,また防備施さ都市ティルス+進んだ。境界さらに戻っホサ行き,その終端アクジブ+地方なっ* 30  それに,ウマ,アフェク+,レホブ+あった。二十二都市それ伴う集落ある。 31  これが,アシェル部族,その家族+相続あった。これら都市それ伴う集落あった。 32  ナフタリ+ためくじ+た。ナフタリら,その家族ためある。 33  そして彼ら境界は,ヘレフから,ツァアナニム+大木からなり,アダミネケブ,ヤブネエル,さらにラクム至った。その終端ヨルダンなった。 34  また境界西方戻っアズノトタボル進み,そこからフッコク出,その南側ゼブルン+接した。また,西側アシェル+に,日側,ヨルダンところユダ+接し* 35  そして,防備施さ都市ツィディム,ツェルハムマト+,ラカトキネレト+ 36  またアダマ,ラマ,ハツォル+ 37  またケデシュ+,エドレイ,エンハツォル, 38  イルオンミグダルエル,ホレムベトアナトベトシェメシュ+。十九都市それ伴う集落あった。 39  これが,ナフタリ部族,その家族+相続+あり,都市それ伴う集落あった。 40  ダン+部族,その家族ためくじ+た。 41  そして彼ら相続境界ツォルア+,エシュタオル,イルシェメシュなった。 42  また,シャアラビン+,アヤロン+,イトラ, 43  またエロン,ティムナ+,エクロン+ 44  またエルテケ,ギベトン+,バアラト+ 45  またエフド*,ベネベラク,ガトリモン+ 46  またヤルコンラコンで,その境界ヨッパ+面した。 47  だが,ダン領地彼らとっあまり手狭+あっ*。それダン上っ行っレシェム+戦い,これ攻略討った。こうそれ取得そこ住むことし,父祖ダンしたがってレシェムダン呼ぶようなっ+ 48  これが,ダン部族,その家族相続あった。これら都市それ伴う集落あった。 49  こう彼らその所有それぞれ領地分けること終えた。そのイスラエルヌンヨシュア対し自分たちその相続与えた。 50  エホバ指示したがって,彼求め都市,すなわちエフライム山地あるティムナトセラハ+与えある+。彼その都市建て直して,そこ住むようなった。 51  以上が,祭司エレアザルヌンヨシュアおよびイスラエル部族たちが,シロおい+エホバ前,会見天幕入口で,所有くじよっ分配+その相続あっ+。こう彼ら土地配分終えた。

脚注

「シェバ」。七十訳バチ写(ギ語),サマア,「シェマ」。
または,「ネゲブの」。
「リモン出,さらにネアまで引かた」。字義,「ネアまで引かリモンた」。
「アクジブ地方なった」。あるいは,「海,またメヘレブアクジブまでなった」と読むしれない。七十訳バチ写,「海なり,またレブエコゾブ向かった」。
「ヨルダンところユダ接した」。あるいは,「(日は)ヨルダンちかく接した」と読むしれない,CFフービガント提案た,マソ本わずか訂正よる; 七十訳,「(日は)ヨルダン接した」。3:15比較。
または,「ヤズル」。七十訳バチ写,「アゾル」。
字義,「だが,ダン領地彼らから行った(去った; 失わた)」。