内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨシュア 17:1‐18

17  さらに,くじ+よる割り当て分が,ヨセフ長子+あっマナセ+部族もの,戦人+あること示しマナセ長子,ギレアデ+あるマキル+ものなった。それギレアデ+バシャン属することなった。  また,[くじよる割り当て分が,]* 残っマナセ家族ため,すなわちアビエゼル+ら,ヘレク+ら,アスリエルら,シェケム+ら,ヘフェルら,シェミダ+ものなった。これらヨセフあるマナセあり,家族ごと挙げその男子あった。  マナセ子,マキル子,ギレアデ子,ヘフェルツェロフハド+は,息子おらず,ただたちだけあった。そのたち以下とおり。マフラノア,ホグラ,ミルカティルツァ+  そのため彼女たち祭司エレアザル+ヌンヨシュアたちこう言った。「エホバは,兄弟たちあっこのわたしども相続与えるようモーセ命じくださいまし+」。そこでは,エホバ指示どおり,その兄弟たちおい彼女たち相続与え+  そして,ヨルダン向こうギレアデバシャンて,マナセ配分当たっ+  マナセたち息子たち交じっ相続あずかっからある。ギレアデそのほかマナセ所有なった。  そして,マナセ境界は,アシェルから,シェケム+面するミクメタト+までなった。その境界進んエンタプアハ住むたちところ行った。  タプアハ+マナセものなっが,マナセ境界ところタプアハそのものエフライム所属た。  次い境界カナ奔流下った。すなわち進んマナセ都市あるそれらエフライム都市+奔流に[下った]が,マナセ境界その奔流北側あり,その終端なっ+ 10  南側エフライム,北側マナセあり,またその*境界なっ+。北アシェルに,東イッサカル接した。 11  また,マナセ+は,イッサカルアシェルうち,ベトシェアン+それ依存する町々,イブレアム+それ依存する町々,ドル+住民そこ依存する町々,エンドル+住民そこ依存する町々,タアナク+住民そこ依存する町々,メギド+住民そこ依存する町々,高台三つ所属することなった。 12  しかし,マナセこれら都市取得でき+,カナンそのずっ住み続け+ 13  そして,イスラエル強くなる+,カナン強制労働処するあっ+。それでも,彼ら全く立ち退かせることなかっ+ 14  そのヨセフヨシュア話しこう言った。「わたし相続て,ただ一つくじ分+,ただ一つ配分しか下さらなかっどうしてでしょか。エホバこれまで祝福くださっおかげわたし多いなっいるです+」。 15  それ対しヨシュア彼ら言った,「数多いあるなら,森林上っ行きなさい。そこペリジ+レファイム+で,自分ためそれ切り倒すです。エフライム山地+あなたとっ狭すぎるようなっですから」。 16  するとヨセフ言った,「その山地わたしたちとっ十分ありません。しかも,低地平原住むすべてカナンは,ベトシェアン+それ依存する町々いるも,エズレル+低地平原いるたちも,鉄大鎌つい戦車+あります」。 17  それヨシュアは,ヨセフ家,すなわちエフライムマナセこう言った。「あなた多いです。大きなあなたあります+。あなたただ一つくじ分受けるなく+ 18  むしろ山地自分たちものべきです+。それ森林ですから,是非それ切り倒して,そこあなた境目なさい。カナン大鎌つい戦車*持っ強かろも,あなたこれ打ち払うべきです+」。

脚注

「くじよる割り当て分が」,意味はっきりさせるため挿入。字義,「それが」,1の「くじよる割り当て分」を指す。
「その(彼の)」,マソ本; 七十訳,シリ訳,「彼らの」。
「鉄大鎌つい戦車」。字義,「鉄戦車」。