内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨシュア 17:1‐18

17  さらに,くじ+による割り当て分が,ヨセフの長子+であったマナセ+の部族のもの,戦人+であることを示したマナセの長子,ギレアデ+の父であるマキル+のものとなった。それでギレアデ+とバシャンは彼に属することになった。  また,[くじによる割り当て分が,]* 残っていたマナセの子らの各家族のため,すなわちアビ・エゼル+の子ら,ヘレク+の子ら,アスリエルの子ら,シェケム+の子ら,ヘフェルの子ら,シェミダ+の子らのものとなった。これらはヨセフの子であるマナセの子らであり,家族ごとに挙げたその男子であった。  マナセの子,マキルの子,ギレアデの子,ヘフェルの子ツェロフハド+には,息子がおらず,ただ娘たちだけであった。その娘たちの名は以下のとおり。マフラとノア,ホグラ,ミルカとティルツァ+  そのため彼女たちは祭司エレアザル+とヌンの子ヨシュアと長たちの前に出てこう言った。「エホバは,兄弟たちの中にあってこのわたしどもにも相続地を与えるようにとモーセに命じてくださいました+」。そこで彼は,エホバの指示どおり,その父の兄弟たちの中において彼女たちにも相続地を与えた+  そして,ヨルダンの向こう側のギレアデとバシャンの地は別にして,マナセには十の配分地が当たった+  マナセの娘たちが息子たちに交じって相続分にあずかったからである。ギレアデの地はそのほかのマナセの子らの所有地となった。  そして,マナセの境界は,アシェルから,シェケム+に面するミクメタト+までとなった。その境界は右に進んでエン・タプアハに住む者たちのところに行った。  タプアハ+の地はマナセのものとなったが,マナセの境界のところのタプアハそのものはエフライムの子らに所属した。  次いで境界はカナの奔流の谷に下った。すなわち南に進んでマナセの諸都市の間にあるそれらエフライムの都市+の奔流の谷に[下った]が,マナセの境界はその奔流の谷の北側であり,その終端は海となった+ 10  南側がエフライム,北側がマナセであり,また海がその*境界となった+。北はアシェルに,東はイッサカルに接した。 11  また,マナセ+には,イッサカルとアシェルの地のうち,ベト・シェアン+とそれに依存する町々,イブレアム+とそれに依存する町々,ドル+の住民とそこに依存する町々,エン・ドル+の住民とそこに依存する町々,タアナク+の住民とそこに依存する町々,メギド+の住民とそこに依存する町々,高台三つが所属することになった。 12  しかし,マナセの子らはこれらの都市を取得できず+,カナン人がその地にずっと住み続けていた+ 13  そして,イスラエルの子らが強くなると+,カナン人を強制労働に処するのであった+。それでも,彼らを全く立ち退かせることはなかった+ 14  その後ヨセフの子らはヨシュアと話してこう言った。「わたしの相続地として,ただ一つのくじ分+,ただ一つの配分地しか下さらなかったのはどうしてでしょうか。エホバがこれまで祝福してくださったおかげでわたしは数の多い民となっているのです+」。 15  それに対しヨシュアは彼らに言った,「数の多い民であるのなら,森林地に上って行きなさい。そこのペリジ人+とレファイム+の地で,自分のためにそれを切り倒すのです。エフライムの山地+があなたにとって狭すぎるようになったのですから」。 16  するとヨセフの子らは言った,「その山地はわたしたちにとって十分ではありません。しかも,低地平原の地に住むすべてのカナン人には,ベト・シェアン+とそれに依存する町々にいる者にも,エズレル+の低地平原にいる者たちにも,鉄の大鎌のついた戦車+があります」。 17  それでヨシュアは,ヨセフの家,すなわちエフライムとマナセとにこう言った。「あなたは数の多い民です。大きな力があなたにあります+。あなたはただ一つのくじ分を受けるのではなく+ 18  むしろ山地を自分たちのものとすべきなのです+。それは森林地ですから,是非ともそれを切り倒して,そこをあなたの境目としなさい。カナン人が鉄の大鎌のついた戦車*を持っていて強かろうとも,あなたはこれを打ち払うべきなのです+」。

脚注

「くじよる割り当て分が」,意味はっきりさせるため挿入。字義,「それが」,1の「くじよる割り当て分」を指す。
「その(彼の)」,マソ本; 七十訳,シリ訳,「彼らの」。
「鉄大鎌つい戦車」。字義,「鉄戦車」。