アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨシュア 16:1-10

16  また,ヨセフ+の子らにくじ+で当たった分は,エリコのところのヨルダン+からエリコの水の東方へ,エリコからベテル+の山地に上る荒野であった。  次いでそれはルズ+に属するベテルを出てアタロトのアルキ人+との境界に渡り,  西に下ってヤフレト人との境界へ,下ベト・ホロン+とゲゼル+の境界まで進み,その終端は海となった+  こうしてヨセフの子ら+,マナセとエフライム+は土地を取得することになった+  そして,エフライムの子らがその家族ごとに得た地の境界,すなわち彼らの相続地の境界は,東の方はアタロト・アダル+となり,そこから上ベト・ホロン+に進んだ。  そしてその境界は海に出た。ミクメタト+は北側に位置し,境界は東に回ってタアナト・シロに進み,東方のヤノアハに渡った。  次いでそれはヤノアハからアタロトとナアラに下り,エリコ+に達してヨルダンに出た。  タプアハ+から境界は西方に進んでカナの奔流の谷+に出,その終端は海となった+。これが,エフライムの子らの部族が,その家族ごとに得た相続地である。  そして,エフライムの子らは,マナセの子らの相続地の中にも飛び地の*都市+を有していた。すべて都市とそれに伴う集落であった。 10  また彼らはゲゼル+に住むカナン人を打ち払わなかった+。そのためカナン人が今日までエフライムの中に住んでおり+,奴隷的強制労働に服する者となっている+

脚注

または,「離れた; 孤立した」。