アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨシュア 15:1-63

15  そして,ユダの子らの部族に,その家族ごとに,くじ+によって割り当てられた分は,エドム+との境界,チンの荒野+まで,ネゲブ+,その南の端までとなった。  それで,彼らの南の境界は,“塩の海+”の先端から,南に面するその湾のところからとなった。  次いでそれは南に出てアクラビム+の上り坂*に進み,チン+に渡り,南からカデシュ・バルネア+へ上り,ヘツロンに渡り,アッダルに上り,回ってカルカに行った。  さらにそれはアツモン+に進んでエジプトの奔流の谷+に出た。その境界の終端は海であった。これが彼らの*南の境界となった。  また,東側の境界は“塩の海”で,ヨルダンの端*のところまで,そして境界の北の隅は,海の湾曲した,ヨルダンの端のところであった+  次いでその境界はベト・ホグラ+に上り,ベト・アラバ+の北を越えた。次いで境界はルベンの子ボハンの石+のところに上った。  そして境界はアコルの低地平原+のところでデビルに上り,北方に転じてギルガル+に進んだ。それはアドミムの上り坂に面しており,それは奔流の谷の南にあたる。次いで境界はエン・シェメシュ+の水に渡り,その終端はエン・ロゲル+となった。  次いで境界はヒンノムの子の谷+を上って,エブス人+の斜面つまりエルサレム+の南側に出た。境界はさらに,西方にヒンノムの谷*を見る山の頂に上った。それはレファイムの低地平原+の端,その北方に位置する。  次いで境界はその山の頂からネフトアハの水の泉+に引かれ,そこから出てエフロン山の諸都市に進んだ。境界はさらにバアラ+つまりキルヤト・エアリム+に引かれた。 10  次いで境界はバアラから回りながら西に進んでセイル山に行き,エアリム山の斜面の北側つまりケサロンに渡った。次いでそれはベト・シェメシュ+に下り,ティムナ+に渡った。 11  そして境界はエクロン+の斜面,その北方に出,その境界はシケロンに引かれて,バアラ山に渡り,そこからヤブネエルに出た。そうして境界の終端は海となった。 12  そして,西側の境界は“大海+”およびその沿岸地方であった。これが,ユダの子ら,その諸家族の周囲の境界であった。 13  また,エフネの子カレブ+には,ヨシュアに対するエホバの指示にしたがい,ユダの子らの中にその分を与えた。それはキルヤト・アルバ([アルバは]アナクの父[と言われている]),つまりヘブロン+である。 14  それでカレブはそこからアナク*+の三人の息子,すなわちシェシャイ+とアヒマンとタルマイ+,アナクから生まれた者たちを打ち払った+ 15  後に彼はそこからデビル+に住む民のところに上った。(ところでデビルの名は,それまではキルヤト・セフェルといった+。) 16  そうしてカレブはこう言った。「だれでもキルヤト・セフェルを討ってこれを攻略した者,その者には必ずわたしの娘アクサ+を妻として与えよう」。 17  すると,カレブの兄弟ケナズ+の子オテニエル+がそれを攻略した。そこで彼は自分の娘アクサ+を妻としてこれに与えた。 18  そして家に向かって行く時のこと,[アクサ]は,自分の父に畑を請うようにとしきりに彼を促すのであった。そうして,ろばに乗ったまま自分の手を打ち鳴らした*。これを見てカレブは彼女に言った,「お前は何が欲しいのか+」。 19  それで彼女は言った,「どうか祝福をお与えください。わたしに下さったのは南のほうの一つの土地です。グロト・マイム*も是非わたしにお与えください」。そこで彼は上グロトと下グロト*を彼女に与えた+ 20  これが,ユダ+の子らの部族の,その家族ごとの相続地+であった。 21  そして,ユダの子らの部族の端,南のエドムとの境界+に向かう方面の都市は,カブツェエル+,エデル,ヤグル, 22  またキナ,ディモナ,アドアダ, 23  またケデシュ,ハツォル,イトナン, 24  ジフとテレム+とベアロト, 25  またハツォル・ハダタ,ケリヨト・ヘツロンつまりハツォル, 26  アマムとシェマとモラダ+ 27  またハツァル・ガダ,ヘシュモン,ベト・ペレト+ 28  またハツァル・シュアル+,ベエル・シェバ+,ビズヨテヤ, 29  バアラ+とイイムとエツェム+ 30  またエルトラド,ケシル,ホルマ+ 31  またチクラグ+,マドマナ,サヌサナ, 32  またレバオト,シルヒム,アイン+,リモン+となった。全部で二十九の都市で,それに伴う集落があった。 33  シェフェラ+には,エシュタオル+,ツォルア+,アシュナ, 34  ザノアハ+とエン・ガニム,タプアハとエナム, 35  ヤルムト+とアドラム+,ソコ+とアゼカ+ 36  またシャアライム+,アディタイム,ゲデラ,ゲデロタイムがあった。十四の都市とそれに伴う集落。 37  ツェナン,ハダシャ,ミグダル・ガド, 38  またディルアン,ミツペ,ヨクテエル, 39  ラキシュ+とボツカト+とエグロン+ 40  またカボン,ラフマム,キトリシュ, 41  またゲデロト,ベト・ダゴンとナアマとマケダ+。十六の都市とそれに伴う集落。 42  リブナ+,エテル+,アシャン, 43  またイフタハ,アシュナ,ネツィブ, 44  またケイラ+,アクジブ+,マレシャ+。九つの都市とそれに伴う集落。 45  エクロン+とそれに依存する町々*,またそれに伴う集落。 46  エクロンから西に進んでアシュドドの近傍一帯とそれに伴う集落。 47  アシュドド+,それに依存する町々,またそれに伴う集落。ガザ+,それに依存する町々,またそれに伴う集落,エジプトの奔流の谷に至るまで。また,“大海*”とそれに隣接する地域+ 48  そして,山地には,シャミル,ヤティル+,ソコ, 49  またダナ,キルヤト・サナつまりデビル, 50  またアナブ,エシュテモ+,アニム, 51  またゴシェン+,ホロン,ギロ+があった。十一の都市とそれに伴う集落。 52  アラブとドマとエシュアン, 53  またヤニム,ベト・タプアハ,アフェカ, 54  またフムタ,キルヤト・アルバつまりヘブロン+,ツィオル。九つの都市とそれに伴う集落。 55  マオン+,カルメルとジフ+とユタ, 56  またエズレル,ヨクデアム,ザノアハ, 57  カイン,ギベアとティムナ+。十の都市とそれに伴う集落。 58  ハルフル,ベト・ツルとゲドル, 59  またマアラト,ベト・アノト,エルテコン。六つの都市とそれに伴う集落。 60  キルヤト・バアル+つまりキルヤト・エアリム+,ラバ。二つの都市とそれに伴う集落。 61  荒野には,ベト・アラバ+,ミディンとセカカ, 62  またニブシャン,“塩の都市”,エン・ゲディ+。六つの都市とそれに伴う集落。 63  エルサレム+に住むエブス人+については,ユダの子らはこれを打ち払うことができなかった+。そのためエブス人は今日に至るまでユダの子らと共にエルサレムに住んでいる。

脚注

「上り坂」。または,「峠」。
「彼らの」,七十訳; マソ本,シリ訳,「あなた方の」; ウル訳は省いている。
または,「口」。
「ヒンノムの谷」。ヘ語,ゲー・ヒンノーム; 七十訳アレ写(ギ語),ファランゴス エンノム; ラ語,ゲヘンノム。付録4ハ参照。
民 13:22の脚注参照。
または,「そうして,自分はろばから滑り降りた」。
「水の盆地」の意。
または,「上の盆地と下の盆地」。
「それに依存する町々」。字義,「その娘たち」。
字義,「境界の海; 境界をなす海」。マソ本欄外,七十訳,シリ訳,ウル訳,「大海」。