アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨシュア 13:1-33

13  さて,ヨシュアは年老いて高齢に達していた*+。それでエホバは彼にこう言われた。「あなたも年老いて高齢に達した。だが,土地はなお取得すべき所が非常に多く残っている+  これがなお残っている土地である+。すなわち,フィリスティア人の全域+とゲシュル人の全土+  (エジプトのいちばん前にあるナイルの支流から*,北方のエクロンの境界地方まで+。そこはカナン人に属するとみなされていた+)。フィリスティア人の枢軸領主*+五人,ガザ人*+とアシュドド人+,アシュケロン人+,ギト人*+とエクロン人+。それにアビム+  南はカナン人の全土。それからメアラ*,すなわちシドン人+に属する所をアフェクまで,アモリ人の境まで。  またゲバル人*+の地と,日の出の側のレバノンの全土,ヘルモン山のふもとのバアル・ガド+からハマトに入るところ+まで*  山地のすべての住民,レバノン+からミスレフォト・マイム+まで,すべてのシドン人+。わたし自身が彼らをイスラエルの子らの前から立ち退かせる+。ただそれを,わたしが命じたとおり,相続地としてイスラエルに帰属させよ+  それで今,この地を相続地として九部族とマナセの半部族とに配分せよ+」。  あとの半部族と共に,ルベン人とガド人は,ヨルダンの東側でモーセが与えたそれぞれの相続地を得,エホバの僕モーセが彼らに与えたとおりになっていた+  すなわち,アルノン+の奔流の谷の岸にあるアロエル+から,奔流の谷の中間にある都市,そしてメデバ+の全台地をディボン+まで, 10  ヘシュボンで治めていたアモリ人の王シホンのすべての都市をアンモンの子ら+との境界地方まで, 11  またギレアデ,およびゲシュル人+とマアカト人の領地,ヘルモン山+全域,さらにバシャン+全土をサレカ+までで, 12  アシュタロテとエドレイ+で治めていたバシャンのオグ+の全王土である―彼がレファイムの残っていた者のうちのその残りの者である+―モーセは彼らを討って立ち退かせていったのである+ 13  だが,イスラエルの子らはゲシュル人とマアカト人を立ち退かせなかった+。それでゲシュル+とマアカトは今日までイスラエルの中に住んでいる。 14  レビ人の部族に対してだけは,彼は相続地を与えなかった+。イスラエルのエホバへの火による捧げ物+が彼らの受ける相続分であり+,彼らに約束されたとおりだったのである+ 15  その後モーセはルベンの子らの部族に対してその家族ごとに分け与えてゆき, 16  アルノンの奔流の谷の岸にあるアロエル+から,奔流の谷の中間にある都市,そしてメデバのところの全台地+が彼らの領地となった。 17  ヘシュボン+とそれに属するすべての台地の町々+,ディボン+,バモト・バアル+,ベト・バアル・メオン+ 18  またヤハツ+,ケデモト+,メファアト+ 19  さらにキルヤタイム+,シブマ+,低地平原の山中にあるツェレト・シャハル, 20  それにベト・ペオル,ピスガの斜面+,ベト・エシモト+であり, 21  台地のすべての都市+とヘシュボンで治めていたアモリ人の王シホンの全王土+である。モーセはこの者を討ち+,またミディアンの長たち,エビ,レケム,ツル,フル,レバ+,すなわちシホンの君侯でその地に住んでいた者たちをも[討った]。 22  また,占い師+であった,ベオルの子バラム+もまた,イスラエルの子らが剣で殺したその打ち殺された者たちの一人であった。 23  それで,ルベンの子らの境界はヨルダンまでとなった。これが領地としてルベンの子らのその家族ごとの相続地であり+,都市とそれに伴う集落とがあった。 24  さらにモーセは,ガドの部族,ガドの子らにもその家族ごとに分け与えてゆき+ 25  彼らの領地は,ヤゼル+と,ギレアデのすべての都市+,またアロエル+に至るアンモンの子らの土地+の半分,ラバ+に面する所となった。 26  ヘシュボン+からラマト・ミツペとベトニムまで,またマハナイム+からデビル+の境界地方までであった。 27  さらに,低地平原には,ベト・ハラム+,ベト・ニムラ+,スコト+,ツァフォンがあり,これはヘシュボン+の王シホンの王土の残りであり,キネレト*の海+の端に至るまでヨルダンが境界であり,ヨルダンの東側であった。 28  これがガドの子らのその家族ごとの相続地であり+,都市とそれに伴う集落とがあった。 29  さらにモーセはマナセの半部族に*も分け与え,それがマナセの子らの半部族の*,その家族ごとの分となった+ 30  そして,彼らの領地はマハナイム+からバシャンの全土,すなわちバシャンの王オグの全王土+,およびバシャンにあるヤイルの天幕村+すべて,六十の町々となった。 31  そして,ギレアデの半分,またバシャンのオグの王土の都市であるアシュタロテ+とエドレイ+は,マナセの子であるマキル+の子らに,マキルの子らの半分にその家族にしたがって所属することになった。 32  これはモーセが[彼らに]受け継がせた分であり,それはヨルダンの東側,エリコに面するモアブの砂漠平原においてであった+ 33  そして,レビ人の部族に対して,モーセは相続地を与えなかった+。彼らに約束されたとおり,イスラエルのエホバが彼らの受ける相続分である+

脚注

「高齢に達していた」。字義; 「日々において進んでいた」。
または,「前にあるシホルから」。
「の枢軸領主」。ヘ語,サルネー。フィリスティア人に関してだけ用いられている。王一 7:30でも用いられているヘブライ語の元の言葉セレン(軸; 車軸)から取られている。
または,「ガザの民」。
または,「ガトの民」。
「マアラ」,ウル訳。
または,「ゲバルの民」。エゼ 27:9(七十訳)の中で彼らはビブロス人,ビブロスの住民と呼ばれている。ビブロスはパピルスから筆記材料の紙を製造することでよく知られた都市。やがて,ビブリアという語は種々の書き物,巻き物,書物を表わすようになり,ついには,聖書を構成する小さな書物の収集を指すようになった。
次のように読むのかもしれない,「レビ・ハマト(ハマトのライオン)まで」,地名。VT,第2巻,1952年,114ページ参照。
マソ本は11:2; 12:3で「キネロト」。
「の半部族に」。ヘ語,ラハツィー シェーヴェト(部族)。
「の半部族の」。ヘ語,ラハツィー マッテー(「部族」; シェーヴェトと入れ替えて用いられている)。