内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヨシュア 13:1‐33

13  さて,ヨシュア年老い高齢達し*+。それエホバこう言わた。「あなた年老い高齢達した。だが,土地なお取得べき非常多く残っいる+  これなお残っいる土地ある+。すなわち,フィリスティア全域+ゲシュル全土+  (エジプトいちばんあるナイル支流から*,北方エクロン境界地方まで+。そこカナン属するみなさ+)。フィリスティア枢軸領主*+人,ガザ*+アシュドド+,アシュケロン+,ギト*+エクロン+。それアビム+  南カナン全土。それからメアラ*,すなわちシドン+属するアフェクまで,アモリまで。  またゲバル*+と,日レバノン全土,ヘルモンふもとバアルガド+からハマト入るところ+まで*  山地すべて住民,レバノン+からミスレフォトマイム+まで,すべてシドン+。わたし自身彼らイスラエルから立ち退かせる+。ただそれを,わたし命じとおり,相続イスラエル帰属せよ+  それ今,この相続部族マナセ部族配分せよ+」。  あと部族に,ルベンガドは,ヨルダン東側モーセ与えそれぞれ相続得,エホバモーセ彼ら与えとおりなっ+  すなわち,アルノン+奔流あるアロエル+から,奔流中間ある都市,そしてメデバ+台地ディボン+まで, 10  ヘシュボン治めアモリシホンすべて都市アンモン+境界地方まで, 11  またギレアデ,およびゲシュル+マアカト領地,ヘルモン+全域,さらにバシャン+全土サレカ+までで, 12  アシュタロテエドレイ+治めバシャンオグ+王土ある ― 彼レファイム残っうちその残りある+ ― モーセ彼ら討っ立ち退かいっある+ 13  だが,イスラエルゲシュルマアカト立ち退かなかっ+。それゲシュル+マアカト今日までイスラエル住んいる。 14  レビ部族対しだけは,彼相続与えなかっ+。イスラエルエホバよる捧げ物+彼ら受ける相続あり+,彼ら約束とおりだっある+ 15  そのモーセルベン部族対しその家族ごと分け与えゆき, 16  アルノン奔流あるアロエル+から,奔流中間ある都市,そしてメデバところ台地+彼ら領地なった。 17  ヘシュボン+それ属するすべて台地町々+,ディボン+,バモトバアル+,ベトバアルメオン+ 18  またヤハツ+,ケデモト+,メファアト+ 19  さらにキルヤタイム+,シブマ+,低地平原山中あるツェレトシャハル, 20  それベトペオル,ピスガ斜面+,ベトエシモト+あり, 21  台地すべて都市+ヘシュボン治めアモリシホン王土+ある。モーセこの討ち+,またミディアンたち,エビ,レケム,ツル,フル,レバ+,すなわちシホン君侯その住んたちも[討った]。 22  また,占い+あった,ベオルバラム+また,イスラエル殺しその打ち殺さたちあった。 23  それで,ルベン境界ヨルダンまでなった。これ領地ルベンその家族ごと相続あり+,都市それ伴う集落あった。 24  さらにモーセは,ガド部族,ガドその家族ごと分け与えゆき+ 25  彼ら領地は,ヤゼル+と,ギレアデすべて都市+,またアロエル+至るアンモン土地+半分,ラバ+面するなった。 26  ヘシュボン+からラマトミツペベトニムまで,またマハナイム+からデビル+境界地方まであった。 27  さらに,低地平原は,ベトハラム+,ベトニムラ+,スコト+,ツァフォンあり,これヘシュボン+シホン王土残りあり,キネレト*+至るまでヨルダン境界あり,ヨルダン東側あった。 28  これガドその家族ごと相続あり+,都市それ伴う集落あった。 29  さらにモーセマナセ部族*分け与え,それマナセ部族*,その家族ごとなっ+ 30  そして,彼ら領地マハナイム+からバシャン全土,すなわちバシャンオグ王土+,およびバシャンあるヤイル天幕+すべて,六十町々なった。 31  そして,ギレアデ半分,またバシャンオグ王土都市あるアシュタロテ+エドレイ+は,マナセあるマキル+に,マキル半分その家族したがって所属することなった。 32  これモーセが[彼らに]受け継があり,それヨルダン東側,エリコ面するモアブ砂漠平原おいあっ+ 33  そして,レビ部族対して,モーセ相続与えなかっ+。彼ら約束とおり,イスラエルエホバ彼ら受ける相続ある+

脚注

「高齢達した」。字義; 「日々おい進んた」。
または,「前あるシホルから」。
「の枢軸領主」。ヘ語,サルネー。フィリスティア関しだけ用いられいる。一 7:30でも用いられいるヘブライ言葉セレン(軸; 車軸)から取らいる。
または,「ガザ民」。
または,「ガト民」。
「マアラ」,ウル訳。
または,「ゲバル民」。エゼ 27:9(七十訳)の彼らビブロス人,ビブロス住民呼ばいる。ビブロスパピルスから筆記材料製造することよく知ら都市。やがて,ビブリアいう種々書き物,巻き物,書物表わすようなり,ついには,聖書構成する小さな書物収集指すようなった。
よう読むしれない,「レビハマト(ハマトライオン)まで」,地名。VT,第2巻,1952年,114ページ参照。
マソ本11:2; 12:3で「キネロト」。
「の部族に」。ヘ語,ラハツィー シェーヴェト(部族)。
「の部族の」。ヘ語,ラハツィー マッテー(「部族」; シェーヴェト入れ替え用いられいる)。