アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ヨシュア 12:1-24

12  さて,ヨルダンの日の出の側+,アルノン+の奔流の谷からヘルモン山+まで,また日の出の側の*全アラバ+においてイスラエルの子らが撃ち破って,その土地を取得したその地の王たちは以下のとおりであった。  すなわち,ヘシュボン+に住んでいたアモリ人の王シホン+。この者は,アルノン+の奔流の谷の岸にあるアロエル+から,奔流の谷の中間,ギレアデの半分,アンモンの子らとの境界をなす奔流の谷のヤボク+までを支配し,  アラバ+はキネレト+の海までその東側,また東のベト・エシモト+に向かってアラバの海すなわち“塩の海+”まで,そして南のほうはピスガ+の斜面の下に及んだ。  そして,バシャンの王オグ+の領地。これはレファイム+のうち残っていた者のひとりで,アシュタロテ+とエドレイ+に住み,  ヘルモン山+とサレカと全バシャン+を,ゲシュル人+とマアカト人+の境界まで,またギレアデの半分,ヘシュボン+の王シホン+の領地に達するまでを支配していた。  エホバの僕モーセとイスラエルの子らとが彼らを撃ち破った+。その後エホバの僕モーセは,保有地としてそれをルベン人+,ガド人+,およびマナセの半部族+に与えた。  また,ヨシュアとイスラエルの子らがヨルダンの西側で撃ち破ったその地の王たちは以下のとおりである。それはレバノン+の谷あい平原のバアル・ガド+から,セイル+に上って行くハラク山+までであり,後にヨシュアはそれを保有地としてイスラエルの各部族に,その受け分にしたがって分け与えた+  山地とシェフェラとアラバと斜面と荒野とネゲブであり+,ヒッタイト人,アモリ人+とカナン人,ペリジ人,ヒビ人とエブス人+である。すなわち,   エリコ+の王,一人。ベテルのそばのアイ+の王,一人。 10  エルサレム+の王,一人。ヘブロン+の王,一人。 11  ヤルムト+の王,一人。ラキシュ+の王,一人。 12  エグロン+の王,一人。ゲゼル+の王,一人。 13  デビル+の王,一人。ゲデルの王,一人。 14  ホルマの王,一人。アラドの王,一人。 15  リブナ+の王,一人。アドラムの王,一人。 16  マケダ+の王,一人。ベテル+の王,一人。 17  タプアハの王,一人。ヘフェル+の王,一人。 18  アフェクの王,一人。ラシャロンの王,一人。 19  マドン+の王,一人。ハツォル+の王,一人。 20  シムロン・メロン*の王,一人。アクシャフ+の王,一人。 21  タアナクの王,一人。メギド+の王,一人。 22  ケデシュの王,一人。カルメルのヨクネアム+の王,一人。 23  ドル+の山稜にあるドルの王,一人。ギルガル*のゴイムの王,一人。 24  ティルツァの王,一人。 王たちは全部で三十一人である+

脚注

または,「また東側の」。
「シムロン・メロン」,マソ本; シリ訳,「シムロンとメロン」; 七十訳,ウル訳,「シムロン」。
多分,カナ川の北,シャロン平原に近いジルジューリエ。七十訳,「ガリラヤ」。