内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ミカ 2:1‐13

2  「床有害事柄たくらんいる者,悪習わしいる災い+! 朝よっ彼らそれ取りかかる+。それ自分たちうちあるからある+  こう彼ら欲して[それを]奪っ+。またを[欲しそれを]取った。強健男子*そのたちから,人*その相続+からだまし取っ+  「ゆえにエホバこのよう言わた。『今わたしこの家族対する+災い考えついいる+。あなた方それから自分のけることできない+。こうて,あなた方ごう慢歩むことないようする+。今災いある+  その日,人あなた方関し格言言い回し作る+。必ず嘆き,まさに嘆い嘆きことばする+。人必ず言うあろう,「わたしたちまさしく奪い取ら+! わたし受け分を[]は変更れる+。[それを]いかにわたしから取り去られることか。不忠実わたしたち分配れるだ」。  それゆえあなたは,エホバ会衆*くじよっ張るなくなる+  あなた方は[言葉を]述べいけない+。彼らは[言葉を]述べる。彼らこれら事柄関して[言葉を]述べるない。辱め去っ行くことない+  「『ヤコブ+,このよう言わいるだろか。「エホバ*不興覚えられか。これその仕打ち+」と。わたし言葉は,廉直歩み方いる+良いこと行なうない+  「『そして昨日,わたしあからさま立ち上がっ+。衣部分から,あなた方荘重飾りはぎ取る。戦いから帰る人々[のように]自信満ち通っ行くたちから。  わたしたちを,あなた方は,女*無上喜び得るそのから追い立てる。その子供たちから,わたし光輝+定めない至るまで取り去る+ 10  起き上がっ進ん行け+。ここ休み場ないからある+。彼女汚れなっゆえに+破壊臨む。[その]破壊痛ましい+ 11  風*偽り事よっ歩む*偽り語っ+,「わたしぶどう酔わせる関しあなたに[言葉を]述べる」と言っなら,そのまた,このために[言葉を]述べるなるある+ 12  「『わたし必ずヤコブを,そのすべて集める+。イスラエル残っいるたち*間違いなく集め寄せる+。わたし彼らを,囲い*群れように,牧場中央畜群よう一つならせる+。そこ*にぎわう+』。 13  「突破作る必ず彼ら上っ来る+。彼らまさに突き破る。そして彼ら通る。そこから行く+。そして,彼らその進ん行き,エホバその先頭行く+」。

脚注

「強健男子」。ヘ語,ゲヴェル。
」。ヘ語,ウェイーシュ
「の会衆で」。ヘ語,ビクハル; ギ語,エックレーシアーイ申 4:10脚注参照。
または,「エホバ活動する力」。ヘ語,ルーアハ エフワー創 1:2,「力」の脚注参照。
字義,「彼女」。
「風」。ヘ語,ルーアハ。創 1:2,「力」の脚注参照。
「者」。ヘ語,イーシュ。
または,「イスラエル残り者」。
「囲いの」,タル,ウル訳一致て,母音符号打ち方変えることよる; マソ本,「ボツラ」。
で」。ヘ語,メーアーダーム