内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マルコ 9:1‐50

9  イエスさらにこう言わた。「あなた方真実言いますが,ここ立っいるは,王国もっすでにいるまず見るまで決して味わわないたちます+」。  そこで,六に,イエスペテロヤコブヨハネ伴い,彼ら高大連れて,自分たちだけならた。そして[イエス]は彼ら変ぼう+  そのきらきら輝き,地上どんな布さらしできないほど白くなっ+  また,エリヤモーセ彼ら現われ,イエス語り合っ+  そこでペテロこたえイエスた,「ラビよ,わたしたちここいる良いことです。それで,わたしたち三つ天幕立てさせください。一つあなたため,一つモーセため,一つエリヤためです+」。  実ところ,彼どう応ずるべき分からなかっある。彼らすっかり恐れからある。  するとでき彼ら覆い,そのから+て,「これわたし+,[わたしの]愛するある。この聴き従いなさい+」と[言った]。  しかし然,彼らあたり見回しも,ただイエスほかは,もうだれ自分たちもと見えなかっ+  彼から下っこと,[イエス]は,人死人からよみがえっなるまで+,見事柄だれならない彼らはっきりお命じなっ+ 10  それその言葉留め*が,この,死人からよみがえるいうことどういう意味互い論じ合った。 11  そして質問はじめ,「なぜ書士たちは,まずエリヤ+なけれならない言うですか」と言っ+ 12  [イエス]は言わた,「確かエリヤまずて,すべてもの回復ます+。しかし,人関して,彼必ず多く苦しみ遭い+,取る足りないよう扱われる+,と書いあるどうしてですか。 13  それでも,あなた方言いますが,エリヤ+現にです。そして人々自分たい限りこと対し行ないました。彼つい書かいるとおりです+」。 14  さて,ほかたちほう時,彼らは,大群衆そのまわりおり,書士たちこれ言い争っいる気づい+ 15  ところが,[イエス]をかけると,群衆みなぼう然た。そして,そのもと走り寄って,あいさつはじめた。 16  それで[イエス]はこうお尋ねなった。「あなた方彼ら言い争っいるですか」。 17  するとこう答えた。「師よ,私は,息子きけないつかおりますで,あなたもと連れまいりまし+ 18  どこも[息子]を捕まえますと,その[霊]は地面たたきつけ,彼吹き,歯がみ体力なくししまいます。そしては,あなた弟子たちに,それ追い出しくれるよう言いましが,彼らできませでし+」。 19  [イエス]はそれこたえ言わた,「ああ,不信仰世代+,いつまでわたしあなた方なけれならないでしょう。いつまであなた方こと忍ばならないでしょう。その[子]をわたしところ連れなさい+」。 20  それを[イエス]のもと連れた。しかし[イエス]を見ると,霊すぐに[その子供に]*けいれん起こさた。そして,[子供]は地面倒れ,泡吹きながら転げ回るあっ+ 21  それで[イエス]は,「こういつから起きいるですか」とそのお尋ねなった。[父]は言った,「子供ころからずっです。 22  そして,[息子]を滅ぼそて,その[霊]はなく投げ込んものです+。しかし,何もしおできなるなら,私ども哀れんお助けください」。 23  イエス言わた,「その,『もしできるなら』という言い方です! 信仰あるなら,そのすべてことできるです+」。 24  幼直ちに叫び,「私信仰あります! 信仰必要ところ助けください+*」と言うあった。 25  そのイエスは,群衆一緒なって[自分たち]のほう走り寄っ来る気づき,その汚れ叱りつけ+,「口きけない耳しいよ,わたしお前命じる。この[子]からて,もう入っならない」と言わた。 26  すると,それび声上げ,何けいれん起こしから行っ+。そして,[子供]は死んようなっで,大半たちは,「彼死んだ!」と言うあった。 27  しかし,イエスその取っ起こすと,彼起き上がっ+ 28  それで,[イエス]がある入らから,弟子たちそっと尋ねた,「なぜわたしたちそれ追い出せなかっでしょ+」。 29  すると[イエス]は言わた,「このもの祈りよらなけれどうしてませ+」。 30  彼そこ出発ガリラヤ通っが,[イエス]はそのことだれ知らないよう望また。 31  弟たち教えて,こうおらからある。「人人々引き渡さます*。そして人々殺します+,殺さも,三よみがえるでしょ+」。 32  しかしながら,彼そのことば理解ず,また質問する恐れ+ 33  それからカペルナウム入った。さて,家おら時,[イエス]は彼らこう質問た。「あなた方途中議論です+」。 34  彼黙った。途中彼らは,だれほう偉いと,互い議論からあっ+ 35  そこで[イエス]は下ろし,十二呼んこう言わた。「第ありたい思うなら,そのみんな最後なり,すべて奉仕ならなけれなりませ+」。 36  そして,ひとり連れ彼ら真ん中立たせ,両腕その[子]にかけて,彼らこう言わ+ 37  「だれも,わたしよっこのよう幼子迎えるわたし迎えるです。そして,だれわたし迎えるは,わたしだけなく,わたし遣わし迎えるです+」。 38  ヨハネ言った,「師よ,わたしたちは,あるあなた使っ悪霊たち追い出しいるましで,それとどめようまし+。彼わたしたち一緒従っないからです+」。 39  しかしイエスた,「彼とどめようなりません。わたしよっ強力行ないながら,すぐさまわたしののしることできるないからです+ 40  わたしたちないは,わたしたち味方いるです+ 41  あなた方キリストものあるいう理由+あなた方一杯飲み水与えるだれあっ+,あなた方真実言いますが,その決して自分報い失わないでしょう。 42  しかし,信じるこれら小さなつまずかせるだれあっも,そのは,ろば回すよう臼石かけられ投げ込ましまっすれば,そのほう良いです+ 43  「そして,もしあなたあなたつまずかせることあるなら,それ切り捨てなさい。二つつけゲヘナ*に,すなわち消すことできない行くよりは,不具入るほうが,あなたとっ良いです+ 44 * ―― 45  また,もしあなたあなたつまずかせるなら,それ切り捨てなさい。二つつけゲヘナ投げ込まれるより+,足自由まま入るほうが,あなたとっ良いです+ 46 * ―― 47  また,もしあなたあなたつまずかせるなら,それ捨て去りなさい+。あなたとっは,片目王国入るほうが,二つつけゲヘナ投げ込まれる+より良いです。 48  そこは,うじず,火消さないです+ 49  「というのは,だれみな塩漬けされならないからです+ 50  塩良いものです。しかし,もしその効き目なくすことあるなら*,あなた方もっそれつけるです+。あなた方自身うち持ちなさい+。そして,互い平和保ちなさい+」。

脚注

または,「彼らその言葉自らとどめた」。
字義,「彼に」。
「信仰必要ところ助けください!」 字義,「私信仰欠如助けください!」
または,「人々裏切り渡さます」。
付録4ハ参照。
シナ写,バチ写,エフ写,ワシ写省いいる; アレ写,ベザ写,「そこは,彼らうじ死なず,火消さないです」。
シナ写,バチ写,エフ写,ワシ写省いいる; アレ写,ベザ写,「そこは,彼らうじ死なず,火消さないです」。
または,「もし塩気なしなることあるなら」。