内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

マルコ 8:1‐38

8  その​ころ,またもや​大​群衆​が[集まっ​て]い​て​食べる​物​が​何​も​なかっ​た​時,[イエス]は​弟子​たち​を​呼び寄せ​て​こう​言わ​れ​た+  「わたし​は​群衆​に​哀れみ​を​覚え​ます+。わたし​の​近く​に​とどまっ​て​すでに​三​日​に​なる​の​に,食べる​物​を​何​も​持っ​て​い​ない​の​です。  そして,何​も​食べ​ない​まま​で​家​に​帰ら​せ​たり​すれ​ば,途中​で​力​が​尽き​て​しまう​でしょ​う。実際,彼ら​の​中​に​は​遠く​から​来​て​いる​人​も​いる​の​です」。  しかし​弟子​たち​は​彼​に​答え​た,「この​人里​離れ​た​場所​で,この​人々​を​満足​さ​せる​だけ​の​パン​を​どこ​から[得]られる​でしょ​う​か+」。  それでも[イエス]は​続け​て​お尋ね​に​なっ​た,「あなた方​に​は​パン​が​幾つ​あり​ます​か」。彼ら​は​言っ​た,「七つ​です+」。  すると[イエス]は,地面​に​横​に​なる​よう​群衆​に​指示​し,七つ​の​パン​を​取っ​て​感謝​を​ささげ+,それ​を​割い​て​から,[人々​に]供する​ため​に​弟子​たち​に​与え​はじめ,次い​で​彼ら​が​それ​を​群衆​に​供し​た+  彼ら​は​また​小さな​魚​を​何​匹​か​持っ​て​い​た。そこで,それ​を​祝福​し​て​から,それ​を​も​供する​よう​に​と​彼ら​に​言わ​れ​た+  そこで,人々​は​食べ​て​満ち足り​た。そして,かけら​の​余り​を​拾う​と,七つ​の​食糧​かご​に​いっぱい​に​なっ​た+  しかも,そこ​に​は​約​四千​人​い​た​の​で​ある。終わり​に,[イエス]は​彼ら​を​お去らせ​に​なっ​た+ 10  それ​から[イエス]は​弟子​たち​と​共​に​すぐ​に​舟​に​乗り,ダルマヌタ​地方​に​入ら​れ​た+ 11  ここ​で​パリサイ​人​たち​が​出​て​来​て​彼​と​議論​を​始め,天​から​の​しるし​を​彼​に​求め​た。彼​を​試そ​う​と​し​て​で​あっ​た+ 12  それで[イエス]は​ご自分​の​霊​を​こめ​て​深く​うめ​かれ+,「なぜ​この​世代​は​しるし​を​求める​の​です​か。真実​に​言い​ます​が,この​世代​に​は​何​の​しるし​も​与え​られ​ない​でしょ​う」と​言わ​れ​た+ 13  そうして[イエス]は​彼ら​を​あと​に​残し​て​再び[舟]に​乗り,対岸​に​去っ​て​行か​れ​た。 14  ところが,[弟子​たち]は​パン​を​携え​て​行く​の​を​忘れ​た。それで,一つ​の​パン​の​ほか​に​は,何​も​舟​の​中​に​持っ​て​い​なかっ​た+ 15  すると[イエス]は​彼ら​に​はっきり​と​命じ​て,「じっ​と​見張っ​て​い​て,パリサイ​人​の​パン種​と​ヘロデ​の​パン種​に​気​を​付け​なさい+」と​言い​はじめ​られ​た。 16  それ​で​彼ら​は,自分​たち​が​パン​を​持っ​て​い​ない​こと​に​つい​て​互い​に​論じ​はじめ​た+ 17  これ​に​気づい​て[イエス]は​彼ら​に​言わ​れ​た,「なぜ​あなた方​は​パン​を​持っ​て​い​ない​こと​に​つい​て​論じ​て​いる​の​です​か+。まだ​分から​ず,意味​を​悟れ​ない​の​です​か。あなた方​の​心​は​理解​が​鈍い​の​です​か+ 18  『あなた方​は,目​が​あっ​て​も​見え​ない​の​です​か。耳​が​あっ​て​も​聞こえ​ない​の​です​か+』。そして,あなた方​は​覚え​て​い​ない​の​です​か。 19  わたし​が​五つ​の​パン​を​五千​人​の​ため​に​割い​た​時+,あなた方​は​かけら​を​幾つ​の​かご​いっぱい​に​拾い​まし​た​か」。「十二​です+」と​彼ら​は​言っ​た。 20  「七つ​を​四千​人​の​ため​に​割い​た​時,かけら​を​幾つ​の​食糧​かご​いっぱい​に​拾い​まし​た​か」。すると,「七つ​です+」と​彼ら​は​言っ​た。 21  そこで[イエス]は,「あなた方​は​まだ​意味​を​悟ら​ない​の​です​か+」と​言わ​れ​た。 22  さて​彼ら​は​ベツサイダ​に​入っ​た。ここ​で​人々​は​ひとり​の​盲人​を[イエス]の​もと​に​連れ​て​来​て,その​人​に​触れ​て​くださる​よう​に​と​懇願​し​た+ 23  すると[イエス]は​その​盲人​の​手​を​取っ​て,村​の​外​に​連れ​て​来​られ​た。そして,その​人​の​両目​に​つば​を​かけ​て​から+,ご自分​の​両手​を​彼​に​当て,「何​か​見え​ます​か」と​尋ね​はじめ​られ​た。 24  すると​その​人​は​上​を​見上げ​て​*こう​言い​はじめ​た。「人​が​見え​ます。木​の​よう​な​もの​が​見え​ます​が,それら​は​歩き回っ​て​いる​から​です」。 25  それ​から[イエス]は​両手​を​再び​その​人​の​両目​に​お当て​に​なっ​た。すると​はっきり​見え,その​人​は​元どおり​に​なっ​て,すべて​の​もの​が​くっきり​と​見える​よう​に​なっ​た。 26  それで[イエス]は​彼​を​家​に​帰ら​せ​た​が,「しかし,村​に​入っ​て​は​なり​ませ​ん」と​言わ​れ​た+ 27  イエス​と​弟子​たち​は​次​に​カエサレア​・​フィリピ​の​村々​に​向かわ​れ​た。そして,その​途中​で,[イエス]は​弟子​たち​に​質問​し​はじめ,「人々​は​わたし​の​こと​を​だれ​だ​と​言っ​て​い​ます​か」と​言わ​れ​た+ 28  彼ら​は​言っ​た,「バプテスト​の​*ヨハネ+,ほか​の​者​は,エリヤ+,さらに​ほか​の​者​は,預言​者​の​一​人+,と」。 29  すると[イエス]は​彼ら​に​質問​さ​れ​た,「だが,あなた方​は,わたし​の​こと​を​だれ​で​ある​と​言い​ます​か」。ペテロ​*が​答え​て​言っ​た,「あなた​は​キリスト​です+」。 30  すると[イエス]は,ご自分​の​こと​を​だれ​に​も​告げ​ない​よう​に​と​彼ら​に​厳重​に​言い渡さ​れ​た+ 31  また,人​の​​が​必ず​多く​の​苦しみ​に​遭い,年長​者​・​祭司​長​・​書士​たち​に​退け​られ​て​殺さ​れ+,三​日​後​に​よみがえる​こと​を+,彼ら​に​教え​始め​られ​た。 32  実際,[イエス]は​はっきり​と​その​こと​を​言っ​て​おら​れ​た。ところが,ペテロ​は​彼​を​わき​に​連れ​て​行っ​て​叱り​始め​た+ 33  [イエス]は​向き​を​変え,弟子​たち​の​ほう​を​見​ながら​ペテロ​を​叱り,「わたし​の​後ろ​に​下がれ,サタン​よ。あなた​は,​の​考え​で​は​なく,人間​の​考え​を​抱い​て​いる​*から​です+」と​言わ​れ​た。 34  次い​で[イエス]は​群衆​を​弟子​たち​と​一緒​に​自分​の​もと​に​呼ん​で,こう​言わ​れ​た。「わたし​に​付い​て​来​たい​と​思う​なら,その​人​は​自分​を​捨て,自分​の​苦しみ​の​杭​*を​取り上げ​て,絶え​ず​わたし​の​あと​に​従い​なさい+ 35  だれ​で​も​自分​の​魂​*を​救お​う​と​思う​者​は​それ​を​失う​から​です。しかし,だれ​で​も​わたし​と​良い​たより​の​ため​に​自分​の​魂​を​失う​者​は​それ​を​救う​の​です+ 36  人​が​全​世界​を​かち得​て​も,それ​に​よっ​て​自分​の​魂​を​失う​なら,いったい​何​の​益​が​ある​でしょ​う​か+ 37  人​は​自分​の​魂​と​引き換え​に​いったい​何​を​与える​の​でしょ​う​か+ 38  だれ​で​も,この​罪深い​姦淫​の​世代​に​あっ​て​わたし​と​わたし​の​言葉​を​恥じる​よう​に​なる​者​は,人​の​​も,聖​なる​み使い​たち​と​共​に​自分​の​​の​栄光​の​うち​に​到来​する​時+,その​者​を​恥じる​の​です+」。

脚注

または,「その​人​は​視力​を​取り戻し​て; その​人​は​再び​見える​よう​に​なっ​て」。
または,「浸礼​を​施す​人; 浸す​人」。ギ語,バプティステーン。
「ペテロ」,シナ写,アレ写,バチ写; シリ訳​,「シモン」; シリ訳​,「ケファ」。マタ 16:18,「上​に」の​脚注​参照。
または,「あなた​は,神​の​思い​で​は​なく,人間​の​思い​を​抱い​て​いる」。
付録5ハ参照。
または,「命」。ギ語,プシュケーン; エ17,18,22(ヘ語),ナフショー(ネフェシュ​の​変化​形)。付録4イ参照。