内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マルコ 6:1‐56

6  それから[イエス]はそこ立って,ご自分郷里入らた。そして弟子たちそのあと従っ+  安息なると,[イエス]は会堂教え始められた。すると,聴い人々大半驚き入って,こう言った。「このどここうことだろ+。また,これほど知恵この与えられ,このよう強力通しなされるは,いったいどうしてか。  これマリア息子+,そしてヤコブ+,ヨセフ*,ユダ,シモン兄弟+大工ない+。それ姉妹たちわたしたち一緒ここいるないか」。こう人々つまずくようなっ+  しかしイエス続け彼らこう言わた。「預言は,自分郷里+親族また自分以外なら敬わないことありませ+」。  それで,幾病身置いその人々治す以外は,そこで強力することおできならなかった。  実際[イエス]は,人々信仰なさ不思議思わた。そして,村々巡回教えゆか+  さて[イエス]は十二呼び寄せ,彼らずつ+遣わすこと取りかかり,汚れたち制する権威彼ら与えはじめられ+  また,旅ために,ただほかも,つまりパンも,食物+,腰帯財布銅銭携え行か+  サンダル履いも,二下着着け行かないようお命じなっ+ 10  さらに,彼らこう言わた。「どこでも入っなら+,その場所から出るまでそことどまりなさい+ 11  そして,どこも[人々が]あなた方迎えず,あなた方[のことば]を聞かない場所は,彼ら証し*ため,そこから出る汚れ振り払いなさい+」。 12  それ彼ら出かけ行き,人々悔い改めるよう伝道+ 13  そして多く悪霊追い出し+,また大勢病身塗っ+その人々治すあっ+ 14  さて,このことヘロデ達した。[イエス]の*なり,人々*,「バプテスマ施す*ヨハネ死人からよみがえらさた。だから強力うち働いいるだ」と言っからある+ 15  しかしほかたちは,「あれエリヤだ」と言い+,さらにほかたちは,「預言たちよう預言だ」と言うあっ+ 16  しかしヘロデは,それ聞いて,「わたし打ち首あのヨハネよみがえらさだ」と言いだし+ 17  というのは,ヘロデは,自分兄弟フィリポヘロデア関することで,自らやっヨハネ捕縛し,獄つないからあった。それは,[ヘロデ]がその結婚からある+ 18  ヨハネは,「あなた自分兄弟有しいる正しくありません」と,繰り返しヘロデ言っある+ 19  一方ヘロデア恨み抱き+,殺ししまいたい思っが,それできなかっ+ 20  ヘロデが,ヨハネかなっなるあること知っ+,彼恐れためある+。そして[ヘロデ]は安全守っおいた。また,彼[の語ること]を聞いから+,どうもの大いに惑っが,それでもなお彼[の語ること]を喜ん聞いた。 21  ところが,都合良い+やった。ヘロデ自分誕生+に,自分属する高官,軍司令*,ガリラヤ主立っ人々などため晩さん設けことある。 22  そこへ,ほかならヘロデア入っ踊り見せ,ヘロデおよびなったち+喜ばせた。王その乙女に,「何自分欲しいもの求めなさい。お前それ上げよう」と言った。 23  しかもは,「お前求めるものあれ,わたし王国半分まででも,お前上げよう+」と誓っある+ 24  すると彼女行って,自分言った,「わたし求めたらいいでしょか」。母は,「バプテスマ施すヨハネを」と言っ+ 25  [娘]はすぐ,急い入っもと行き,「バプテストヨハネ大皿載せすぐわたしお与えくださいますように」と,自分願い申し出た。 26  王深く憂えが,[自分の]誓い,および食卓ついなっいるたちこと考えて,彼女無視しまお思わなかっ+ 27  それで,王すぐ護衛ひとり派遣し,[ヨハネ]の持っ来るよう命令た。そこで行って,獄で[ヨハネ]を打ち首+ 28  その大皿載せ持った。そして,それ乙女与え,乙女それ自分渡し+ 29  [ヨハネ]の弟子たちこれつい聞くと,やっその遺体引き取り,記念横たえある+ 30  それから,使徒たちイエス集まり,自分たち行ない,また教え事柄すべて報告+ 31  すると[イエス]はこう言わた。「さあ,あなた方自分たちだけ寂しい場所行き+,少し休みなさい+」。来たり去っ行ったりする多く,食事するなかっからある+ 32  そこで彼ら乗り,自分たちだけなれる寂しい場所向かっ+ 33  ところが,人々彼ら行く見,また多くこのこと知った。それすべて都市から人々徒歩そこ駆けつけ,彼らより着いしまっ+ 34  そこで,外時,[イエス]は群衆ご覧なっが,彼ら哀れ思わ+。彼ら羊飼いないようあっからある+。そして,彼ら多くこと教え始められ+ 35  そのころまで時刻遅くなった。それで,弟子たちもとて,こう言いはじめた。「ここ人里離れ場所ですし,時刻もう遅くなりまし+ 36  彼ら去らて,周り田舎行かせ,彼ら自分食べ物買うようください+」。 37  [イエス]は答え言わた,「あなた方彼ら食べる与えなさい」。すると彼ら言った,「わたしたち出かけ行っ二百デナリ*パン買い,[それを]人々与え食べさせましょ+」。 38  [イエス]は彼ら言わた,「あなた方幾つパン持っますか。行っなさい!」 それ確かめから,彼ら言った,「五つです。ほか+」。 39  すると[イエス]は,組なっ+青草なるようすべて指示+ 40  そこで彼らまた五十群れなっ横たえ+ 41  次いで[イエス]は五つパン取り,天見上げ祝とう述べ+,パン割い+弟子たち与えはじめた。[弟子]たちそれ人々置くためあった。また,二みんなためお分けなった。 42  こうすべて食べ満ち足りある+ 43  そして,かけら拾うと,魚て,十二かごいっぱいなった。 44  その上,そのパン食べ五千たちあっ+ 45  それから直ちに,[イエス]は弟子たち強いて乗らせ,ベツサイダ向け対岸行かせ,そのご自分群衆解散+ 46  そして,彼ら別れ述べのち,祈りするため入っ行か+ 47  すでに夕方なっおり,舟真ん中あっが,[イエス]は独りおら+ 48  それから,向かい風ため彼らこぐ難儀られいるご覧なる+,夜見張り*ごろあっが,[イエス]は歩い彼らほうられた。しかし,彼らそば通り過ぎるおらた。 49  [イエス]が歩いおられる見かけると,彼らは,「これ幻影だ!」と考え,大きな叫び声上げ+ 50  彼ら皆[イエス]を騒ぎ立っある。しかし,[イエス]はすぐ彼らし,「勇気出しなさい,わたしです。恐れることありませ+」と言わた。 51  そして,舟上がっ彼らならた。すると,風和らいある。それで,彼ら胸中非常驚き感じ+ 52  彼らまだ,さきパン意味会得おらず,その依然理解鈍かっからある+ 53  やがて彼ら渡り着いゲネサレ入り,近く停泊+ 54  しかし,彼ら出ると,人々すぐに[イエス]に気づいた。 55  そして,その地方全体走りまわり,患っいるたち寝台載せて,[イエス]がおられる聞い運びまわった。 56  そして,彼どこ村,都市,田舎入っ+,人々病気たち立つ広場置き,彼らは,その外衣房べり+だけ触れさせいただきたい+嘆願するあった。そして,そのとおり触れよくなっ*ある+

脚注

「ヨセフ」,シナ写,ウル訳; アレ写,エフ写,シリ訳ヘ,ペ,「ヨセ」; バチ写,ベザ写,「ヨセトス」。
「証し」。ギ語,マルテュリオン; ラ語,テスティモーニウム。
字義,「彼の」。
「人々は」,バチ写,ワシ写; シナ写,アレ写,エフ写,シリ訳ヘ,ペ,シ,「彼は」。
または,「浸礼施す人; 浸す人」。ギ語,バプティゾーン。
字義,「千隊長たち」。ギ語,キリアルコイス,「千兵士司令たち」; ラ語,トリブーニース。
デナリローマ銀貨で,1デナリ重さ3.85㌘。
13:35脚注およびマタ 14:25脚注参照。
または,「救わた」。