内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マルコ 4:1‐41

4  それから[イエス]は海辺教え始められ+。すると,非常大きな群衆近く集まっで,[イエス]は乗り,海上取らが,海辺群衆みな+  それから[イエス]はもっ多くこと教えはじめ+,ご自分教えこう言わ+  「聴なさい。見よ,種まきが[種を]まき出かけまし+  そして,彼まいいると,幾らか[の種]は道路わき落ち,鳥それ食べしまいまし+  また,ほか[の]は岩地落ちました。もとよりそこあまりなく,土深くないすぐもえ出まし+  しかし昇ると,それ焼かれ,根ない枯れしまいまし+  また,ほか[の]はいばら落ち,いばら伸びそれふさぎ,それ生じませでし+  しかし,ほか[の]はりっぱ落ち+,生え出大きくなり,実生じはじめ,三十倍,六十倍,百倍[の実]を結ぶようなりまし+」。  そして[イエス]は,「聴ある聴きなさい+」と付け加えられた。 10  さて,[イエス]がなら時,十二そのまわりたちが,こう例えつい質問はじめ+ 11  それで[イエス]はこう言わた。「あなた方王国神聖奥義+与えられますが,外人々すべてこと例え生じます+ 12  それは,彼が,見る見る少し見えず,聞く聞くその意味悟らないため,そして,彼ら立ち返っ許し与えられることないためです+」。 13  さらにこうた。「あなた方この例え分かりません。それどうしてほかすべて例え理解できるでしょか。 14  「種まきみ言葉まきます+ 15  それで,道わきみ言葉まかれるこういうたちです。彼らが[それを]聞くすぐ,サタンやっ+彼らうちまかみ言葉取り去るです+ 16  またように,岩地まかれるこういうたちです。すなわち,み言葉聞くすぐ,彼ら喜んそれ受け入れます+ 17  けれども,自なく,一時続きますが,そのみ言葉ため患難迫害生じると,すぐつまずいしまいます+ 18  ほかに,いばらまかれるます。これみ言葉聞いたちです+ 19  この体制*思い煩い+や,富欺き+,またほかいろいろもの欲望+食い込んみ言葉ふさぎ,それ実らなくなっしまいます+ 20  最に,りっぱまかは,み言葉聴き,好意もっそれ迎え,三十倍,六十倍,百結ぶたちことです+」。 21  そして[イエス]はこう言わた。「ともしび量りかご寝床置くため持ったりないではありませか。それ燭台置くため持っ来るありませ+ 22  暴れるためない隠さいるものなく,あらわなるためない注意深く秘められいるものありませ+ 23  だれある聴きなさい+」。 24  [イエス]はさらにこうた。「自分聞いいる事柄注意払いなさい+。あなた方量り出しいるその量りあなた方自分対し量り出されるでしょ+。そうです,あなた方それさらに付け加えられるです+ 25  持いるさらに与えられますが,持っない持っいるものまで取り去られるからです+」。 26  それから[イエス]はこう言わた。「こうて,王国ちょうど,人地面まく場合ようです+ 27  人眠り,昼起きますが,そういるうちに,種芽ばえて,丈高くなります。どのよう知りませ+ 28  地おのずから,最初葉,次い穂,最後満ち穀粒いっぐあいに,しだい結んゆきます。 29  しかし,実状態それ許すようなるすぐ,人入れます。収穫からです」。 30  そして[イエス]はこう言わた。「わたしたち王国たとえたらよいでしょか。あるいは,どんな例えそれ説明ましょ+ 31  からしようです。地面まかとき,それ地上あらゆる一番小さなものでし+ 32  しかしいったんまかれると,生え出て,ほかすべて野菜より大きくなり,大きな出し+,天たち+その宿り場見いだせるほどなるです+」。 33  こうて[イエス]は,人聴けるかぎり,多くこのよう例えもっ+み言葉語られるあった。 34  実際,例え用いないでは話そされなかった。しかし,ご自分弟子たち対しは,すべてこと彼らだけところ説明れるあっ+ 35  そしてその,夕方なっから,[イエス]は,「向こう渡りましょ+」と彼ら言わた。 36  それで,群解散のち,彼らは,ちょうどおらた[イエス]をそのままお連れた。そしてほかの[幾そうの]舟一緒あっ+ 37  ところが,猛あらし起こり,波打ちつけて,舟ほとんど水浸しなっ+ 38  しかし[イエス]はともほうおり,まくらおらた。それ彼らは[イエス]を起こし,「師よ,わたしたち死んしまいそうかけくださらないです+」と言った。 39  すると[イエス]は起こして,風叱りつけ,「静まれ! 静かなれ!」と言わ+。すると和らい大なぎなっある+ 40  それから[イエス]はこう言わた。「なぜあなた方小心ですか。まだ少し信仰ないですか」。 41  しかし一方なら恐れ感じ,「風さえ従うは,これいったいどういうだろう」と言い合うあっ+

脚注

または,「事物秩序」。ギ語,アイオーノス; ラ語,サエクリー; エ17,18,22(ヘ語),ハーオーラーム