内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マルコ 3:1‐35

3  [イエス]はもう一度会堂入らた。すると,片手すっかりなえそこ+  それ人々は,安息その治すどうようて,じっ見守った。彼訴えようあっ+  すると,[イエス]はその片手なえこう言わた。「立って,中央に[来なさい]」。  次い彼らこう言わた。「安息許さいるは,善行することですか,悪行することですか。魂*救うことですか,殺すことです+」。しかし彼ら黙った。  それで[イエス]は憤り抱い彼ら見回しのち,その感覚+深く憂えつつ,「あなた伸ばしなさい」とその言わた。そこで伸ばすと,その元どおりなっある+  すると,パリサイたち行き,すぐヘロデ党派追随たち*+協議始めた。[イエス]に敵し,これ滅ぼそあっ+  しかし,イエス弟子たち退かた。すると,ガリラヤおよびユダヤから非常大勢そのあと従っ+  エルサレム,イドマヤ,ヨルダン向こう,ティルスシドン周辺から+非常大勢が,[イエス]の行なっいる多くつい聞き,そのもとやった。  それで[イエス]は,群衆押し迫っないように,小舟ご自分いつ使えるようおくこと弟子たちお命じなった。 10  多く者[の病気]を治さ結果,悲痛疾患持つ皆,彼触れよう押し寄せからある+ 11  汚れたち+さえ,彼見るたびに,その平伏叫び,「あなたです」と言うあっ+ 12  しかし[イエス]は,ご自分こと知らせないよう彼ら厳しく言い渡さ+ 13  それから[イエス]は上り,ご自分望むたち呼び寄せられ+。それ彼らみもと行っ+ 14  そして[イエス]は十二人[の群れ]を作り,また彼らを「使徒」と名づけられた。これは,彼らが[イエス]のもととどまり,また,[イエス]が彼ら遣わし宣べ伝えさせ+ 15  悪霊たち追い出す権威持たせるためあっ+ 16  そして,[イエス]の作ら十二人[の群れ]とは,彼ペテロいう異名お与えなっシモン+ 17  ゼベダイの[子]ヤコブヤコブ兄弟ヨハネ+(彼またこれらボアネルゲス*いう異名お与えなった。これは“雷ら”という意味ある), 18  アンデレ,フィリポ,バルトロマイ,マタイ,トマス,アルパヨの[子]ヤコブ,タダイ,カナナイシモン, 19  それユダイスカリオテあり,このに[イエス]を裏切っ+ それから[イエス]はある入らた。 20  またもや群衆集まった。そのため彼ら食事することできないほどあっ+ 21  しかし親族+そのこと聞き,彼つかまえよう出かけた。「彼なっしまった」と彼ら言うあっ+ 22  また,エルサレムから下っ書士たちは,「彼ベエルゼブブ*ついいる。だから,悪霊たち支配よっ悪霊追い出すだ」と言っ+ 23  それで[イエス]は,彼ら自分ところ呼んから,例え*もっこう話しはじめられた。「どうしてサタンサタン追い出せるでしょか。 24  そうです,王国内部分裂するなら,その王国立ち行かないです+ 25  そして,家内部分裂するなら,その立ち行かないでしょ+ 26  また,サタン自ら立ち向かっ分裂いるなら,彼立ち行かず,終わり迎えしまうです+ 27  実際,強い入り込んも,まずその強い縛っからなければ,その家財強奪+することできません。[縛って]から,その家[の物]を強奪するです+ 28  あなた方真実言いますが,人は,冒とく仕方どんなまた冒とく犯しも,すべてこと許さます+ 29  しかし,だれ聖霊冒とくする永久許しなく,その永遠負うです+」。 30  これは,彼らが,「彼汚れついいる」と言っためある+ 31  さて,彼兄弟たち+やった。そして,外立っまま,彼呼ぼそのもとやっ+ 32  だが実際は,群衆そのまわり座って,その人々が,「ご覧なさい,あなたお母さん兄弟たちあなた尋ねます」と言っ+ 33  しかし[イエス]は答え言わた,「わたし母,またわたし兄弟たちだれです+」。 34  そして,自分まわりなっ座っいるたち見回しから,こう言わた。「見なさい,わたしわたし兄弟たちです+ 35  だれご意志行なう人,そのわたし兄弟,また姉妹,またです+」。

脚注

または,「命」。ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム; エ17,18,22(ヘ語),ネフェシュ。付録4イ参照。
または,「ヘロデたち」。
「ボアネルゲス」。シ語,ベナイ レグシ; エ17(ヘ語),ベネーレゴーシュ; エ18(ヘ語),ベネーラーゲシュ。
「ベエルゼブブ」,ウル訳,シリ訳,エ18; シナ写,アレ写,エフ写,ベザ写,ワシ写(ギ語),ベエルゼブール; バチ写(ギ語),ベエゼブール; エ22(ヘ語),バアルゼヴール。
または,「たとえ話」。