内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マルコ 2:1‐28

2  しかしながら,何のち,再びカペルナウム入られ,[イエス]がおられること伝わっ+  その結果,大勢集まり,あまり多かっためもう場所なく,戸口あたりさえないほどなった。それで,[イエス]は彼らみ言葉語りはじめられ+  すると,人々まひがかりで[イエス]のところ運ん+  しかし,群衆ためすぐそば連れ行くことできなかっで,[イエス]*おられるあたり屋根取り除き,穴掘って,まひ横たわっいる寝台降ろし+  それで,彼ら信仰ご覧なっイエス+,そのまひこう言わた。「子供よ,あなた許さます+」。  ところで,そこ書士おり,座っままこう論じ+  「なぜこのこのよう言うか。[を]冒とくいる。ただ人,以外だれ許せる+」。  しかしイエスは,彼ら自分そのよう論じいることご自分よっすぐ悟り,彼らこう言わた。「なぜあなた方そのようこと論じいるです+  このまひに,『あなた許さいる』と言うと,『起き上がって,あなた寝台取り上げ歩きなさい』と言うは,どちら易しいです+ 10  しかし,人+地上許す権威持っいることあなた方知るため+」― [そして]まひ言わた, 11  「あなた言います,起き上がっ寝台取り上げ,自分帰りなさい+」。 12  すると,彼まさしく起き上がり,すぐ寝台取り上げ,みんな歩い行っある+。そのため,彼らただあっけとられ,「わたしたちかつてこのようことことない+」と言って,栄光たたえた。 13  [イエス]は再び海辺行かた。すると群衆みな次々そのもとやった。それで[イエス]は彼ら教えはじめられた。 14  しかし,進ん行かれるうちに,アルパヨの[子]レビ+収税座っいる見つけ,「わたし追随なりなさい」と言わた。すると立ち上がって,そのあと従っ+ 15  後に,[イエス]はちょうど食卓ついなっおらた。そして多く収税+罪人イエスおよびその弟子たちなった。そのよう大勢て,[イエス]のあと従うようなっある+ 16  ところが,パリサイ書士たちは,[イエス]が罪人収税食事いるて,「彼収税罪人たち一緒食事するか」と弟子たち言いだし+ 17  これ聞いイエス彼らこう言わた。「丈夫医者必要なく,病気に[必要]なです。わたしは,義人たちなく,罪人たち招くためです+」。 18  さて,ヨハネ弟子パリサイ断食励行た。それで,彼らやって,[イエス]にこう言った。「ヨハネ弟子パリサイ弟子たち断食励行いるに,あなた弟子たち断食励行ないどうしてです+」。 19  するとイエス彼らこう言わた。「花婿いる間,花婿友人たち*断食することできないではありませ+。花婿いるかぎり,彼ら断食することできないです+ 20  しかし,花婿彼らから取り去られるます。そのなれば,彼ら断食するでしょ+ 21  縮んない継ぎ切れ古い外衣縫いつけるません。もしそうすれば,その満ちそれを,つまり新しいもの古いもの引っ張り,裂け目いっそうひどくなります+ 22  また,新しいぶどう古い皮袋入れるません。もしそうすれば,ぶどう破裂せ,袋だけなく,ぶどう失わます+。やはり,人新しいぶどう新しい皮袋入れるです+」。 23  さて,[イエス]はたまたま安息穀物通っおらが,弟子たち進みながら穀物+むしり始め+ 24  それパリサイたちは,「それ,ご覧なさい,なぜ彼ら安息いけないこといるか」と言いだし+ 25  しかし[イエス]は彼らこう言わた。「ダビデが,つまりおよびたち窮乏飢えに,彼+,あなた方かつて読んことないです+ 26  すなわち,祭司アビヤタル+関する記述*,彼入っ供え物パン*+食べことを。それは,祭司たちほかだれ食べること許さないものです+,彼それ自分たち与えです+」。 27  それから[イエス]はさらにこう言わた。「安息ため存在するようなっあり+,人安息ために[存在するようなった]のありませ+ 28  ゆえに,人安息あるです+」。

脚注

字義,「彼」。
「花婿友人たち」。字義,「婚礼部屋ら」。
「祭司アビヤタル関する記述で」。字義,「祭司アビヤタル関して(のところで)」。ベザ写,ワシ写,古ラ訳諸写,シリ訳,およびマタ 12:4ルカ 6:4省いいる。マル 12:26; ルカ 20:37おける同様構文比較。
または,「供えパン」。