アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

マルコ 15:1-47

15  こうして明け方になるとすぐ,祭司長たちは,年長者や書士たちと共に,すなわち,サンヘドリン全体が協議をした+。そして,イエスを縛って引いて行き,ピラトに引き渡した+  そこで,ピラトは彼にこう質問した。「あなたはユダヤ人の王なのか+」。[イエス]は答えて言われた,「あなた自身が[そう]言っています+」。  しかし,祭司長たちは多くの事についてさらに彼を訴えた+  そこでピラトは再び質問をはじめて,こう言った。「何も答えることはないのか+。彼らがあなたに対してどれほど多くの罪状を挙げているかを見なさい+」。  しかしイエスはそれ以上何もお答えにならなかった。そのためピラトは驚嘆するようになった+  ところで,[ピラト]は祭りの度に囚人一人,人々が請願するところの者を釈放するのが常であった+  この時には,バラバと称する者が暴動を起こした者たちと一緒につながれていた。それは暴動のさいに殺人を犯した者たちであった+  それで群衆がやって来て,[ピラト]が常々彼らに行なってきたところにしたがって請願を始めた。  ピラトは彼らにこたえて言った,「あなた方はユダヤ人の王を釈放して欲しいのか+」。 10  祭司長たちがそねみ+のために[イエス]を引き渡したことに気づいていたのである+ 11  しかし祭司長たちは,代わりにバラバを釈放させようとして群衆をあおった+ 12  ピラトは再び答えて彼らに言うのであった,「では,あなた方がユダヤ人の王+と呼ぶ者はどうしたらよいのか+」。 13  彼らは再び叫んで,「杭につけろ*!」と[言った+]。 14  しかしピラトはなおも彼らに言った,「彼がどんな悪事をしたというのか」。それでも彼らは,「杭につけろ!」といよいよ激しく叫んだ+ 15  そこでピラトは,群衆を満足させることを願って+バラバを彼らに釈放し,イエスをむちで打たせてから,杭につけるために渡した+ 16  そこで,兵士たちは彼を中庭に,つまり総督の官邸内に引いて行った。そして,全部隊を呼び集めてから+ 17  彼に紫[の衣]をまとわせ,いばらの冠を編んでかぶらせた+ 18  そして,「こんにちは+,ユダヤ人のよ!」と[言って]あいさつを始めた。 19  また彼らは,葦で彼の頭をたたいたり,つばをかけたり,ひざをかがめて敬意のしぐさをしたりするのであった+ 20  最後に,[イエス]を愚弄し終えた彼らは,紫[の衣]をはいで,彼の外衣を着せた。そして,杭につける*ために連れ出した+ 21  また,田舎から来た通行人で,アレクサンデルとルフォスの父である,キレネのシモンという者を奉仕に徴用して,彼の苦しみの杭*を持たせた+ 22  こうして彼らは[イエス]をゴルゴタ[という]場所に連れて来た。これは,訳せば,“どくろの場所*+”という意味である。 23  ここで彼らは没薬を混ぜたぶどう酒を与えようとしたが+,[イエス]はそれを受けようとされなかった+ 24  それから,彼らは[イエス]を杭につけ,また,彼の外衣+に関して,だれが何を取ろうかと,くじを引いてそれを分配した+ 25  時はすでに第三時*であり+,彼らは[イエス]を杭につけたのである。 26  そして,彼の罪状+を書き込んで「ユダヤ人の」と記したものが上方に[掲げられた+]。 27  さらに,彼らは[イエス]と共に二人の強盗を杭につけ,一人をその右に,一人をその左に[置いた+]。 28*  ―― 29  すると,そばを通る者たちは彼に向かってあしざまに言い+,頭を振ってこう言うのであった。「ははあ,神殿*を壊して,三日でそれを建てると称する者よ+ 30  苦しみの杭から下りて来て自分を救ってみろ+」。 31  同じように祭司長たちも,書士たちと一緒になって愚弄し,こう言い合った。「ほかの者は救ったが,自分は救えないのだ+ 32  イスラエルのたるキリストに,いま苦しみの杭から下りて来てもらおうではないか。我々がそれを見て信ずるためだ+」。一緒に杭につけられた者たちまでが,彼を非難するのであった+ 33  第六時*になった時,闇が全土に垂れこめて,第九時*にまで及んだ+ 34  そして第九時に,イエスは,「エリ, エリ, ラマ  サバクタニ*」と大声で呼ばわられた。これは,訳せば,「わたしの,わたしの,なぜわたしをお見捨てになりましたか+」という意味である。 35  すると,近くに立っていた者の幾人かは,それを聞いて,「見ろ,エリヤ*を呼んでいるのだ」と言いだした+ 36  しかし,ある者は走って行って海綿に酸いぶどう酒を含ませ,それを葦の先に付けて彼に飲ませようとし+,「構わないでおけ! エリヤが下ろしに来るかどうかを見よう」と言った+ 37  しかし,イエスは大きな叫び声を上げて,息を引き取られた+ 38  すると,聖なる所*の垂れ幕+が上から下まで二つに裂けた+ 39  その時,そばで彼を前にして立っていた士官*は,このようにして息を引き取られたのを見て,「確かにこの人はであった」と言った+ 40  やや離れたところでは女たちも見ていたが+,その中には,マリア・マグダレネ,それに小ヤコブとヨセ*の母マリア,そしてサロメがいた+ 41  これらは,[イエス]がガリラヤにおられた時,彼に伴って+仕えていた者たちであった。また,彼と一緒にエルサレムに来ていたほかの大勢の女たちがいた+ 42  さて,すでに午後遅くなっており,しかもそれは準備[の日],つまり安息日の前日であったので, 43  議会の聞こえのよい議員であるアリマタヤのヨセフがやって来た。自らもの王国を待つ人であった+。彼は勇気を出してピラトの前に行き,イエスの体を頂きたいと願い出た+ 44  しかしピラトは,彼がもう死んだのだろうかといぶかり,士官を呼び寄せて,彼がすでに死んだかどうかを尋ねた。 45  こうして,士官から確かめた上で,遺体をヨセフに与えることにした+ 46  そこで[ヨセフ]は上等の亜麻布を買い,彼を下ろしてその上等の亜麻布に包み+,岩塊をくりぬいた墓の中に横たえた+。そして,その記念の墓の戸口のところに石を転がしておいた+ 47  しかし,マリア・マグダレネと,ヨセ*の母マリアは,彼の横たえられた所をずっと見つめていた+

脚注

または,「彼を杭(柱)に留めろ」。付録5ハ参照。
15章13節の脚注参照。
付録5ハ参照。
「“どくろの場所”」。ギ語,クラニウー トポス; ラ語,カルウァーリアエ ロクス。
「第三時」,すなわち,午前9時ごろ。
シナ写,アレ写,バチ写,エフ写,ベザ写は省いている; ウル訳,シリ訳ヘ,ペ,「こうして,『そして彼は不法な者たちと共に数えられた』と述べる聖句は成就した」。
14:58の脚注参照。
「第六時」,すなわち,昼の12時ごろ。
「第九時」,すなわち,午後3時ごろ。
「エリ,エリ,ラマ サバクタニ」。詩 22:1,「お捨てになったのですか」の脚注と比較。
「わたしの神はエホバ」の意。エ17,18(ヘ語),エーリーヤーフー。
14:58の脚注参照。
または,「百人隊長」。ギ語,ケンテュリオーン; 100人の兵士を指揮する士官。
「ヨセ」,シナ写*,アレ写,エフ写,シリ訳ヘ,ペ; シナ写c,バチ写,ベザ写,「ヨセトス」; 古ラ訳,ウル訳,シリ訳,「ヨセフ」。
「ヨセ」,エフ写,シリ訳ヘ,ペ; シナ写c,バチ写,「ヨセトス」; アレ写,ウル訳,「ヨセフ」。