内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マルコ 15:1‐47

15  こうけ方なるすぐ,祭司たちは,年長書士たちに,すなわち,サンヘドリン全体協議+。そして,イエス縛っ引い行き,ピラト引き渡し+  そこで,ピラトこう質問た。「あなたユダヤ+」。[イエス]は答え言わた,「あなた自身が[そう]言っます+」。  しかし,祭たち多くついさらに訴え+  そこでピラト質問はじめて,こう言った。「何答えることない+。彼らあなた対しどれほど多く罪状挙げいるなさい+」。  しかしイエスそれお答えならなかった。そのためピラト驚嘆するようなっ+  ところで,[ピラト]は囚人人,人々請願するところ釈放するあっ+  このは,バラバ称する暴動起こしたち一緒つながた。それ暴動さい殺人犯したちあっ+  それやって,[ピラト]が常々彼ら行なっところしたがって請願始めた。  ピラトこたえ言った,「あなた方ユダヤ釈放欲しい+」。 10  祭たちそねみ+ために[イエス]を引き渡しこと気づいある+ 11  しかしたちは,代わりバラバ釈放よう群衆あおっ+ 12  ピラト答え彼ら言うあった,「では,あなた方ユダヤ+呼ぶどうたらよい+」。 13  彼再び叫んで,「杭つけろ*!」と[言っ+]。 14  しかしピラトなおも言った,「彼どんな悪事いうか」。それでも彼らは,「杭つけろ!」といよいよ激しく叫ん+ 15  そこでピラトは,群満足せること願っ+バラバ彼ら釈放し,イエスむち打たから,杭つけるため渡し+ 16  そこで,兵たち中庭に,つまり総督官邸引い行った。そして,全部隊呼び集めから+ 17  彼紫[の衣]をまとわせ,いばら編んかぶら+ 18  そして,「こんにちは+,ユダヤよ!」と[言って]あいさつ始めた。 19  または,葦たたいたり,つばかけたり,ひざかがめ敬意しぐさたりするあっ+ 20  最に,[イエス]を愚弄終え彼らは,紫[の衣]をはいで,彼外衣着せた。そして,杭つける*ため連れ出し+ 21  また,田舎から通行で,アレクサンデルルフォスある,キレネシモンいう奉仕徴用て,彼苦しみ*持たせ+ 22  こうは[イエス]をゴルゴタ[という]場所連れた。これは,訳せば,“どくろ場所*+”という意味ある。 23  ここ没薬混ぜぶどう与えよう+,[イエス]はそれ受けようされなかっ+ 24  それから,彼は[イエス]をつけ,また,彼外衣+関して,だれ取ろと,くじ引いそれ分配+ 25  時すでに*あり+,彼らは[イエス]をつけある。 26  そして,彼罪状+書き込んで「ユダヤ」と記しもの上方に[掲げられ+]。 27  さらに,彼は[イエス]と強盗つけ,一そのに,一そのに[置い+]。 28 * ―― 29  すると,そばたち向かっあしざま言い+,頭振っこう言うあった。「ははあ,神殿*壊して,三それ建てる称する+ 30  苦しみから下り自分救っみろ+」。 31  同よう祭司たちも,書士たち一緒なっ愚弄し,こう言い合った。「ほか救っが,自分救えない+ 32  イスラエルたるキリストに,いま苦しみから下りもらおないか。我々それ信ずるため+」。一緒つけられたちまでが,彼非難するあっ+ 33  第*なっ時,闇全土垂れこめて,第*まで及ん+ 34  そしてに,イエスは,「エリ, エリ, ラマ サバクタニ*」と大声呼ばわらた。これは,訳せば,「わたし,わたし,なぜわたしお見捨てなりまし+」という意味ある。 35  すると,近立っは,それ聞いて,「見ろ,エリヤ*呼んいるだ」と言いだし+ 36  しかし,ある走っ行っ海綿酸いぶどう含ませ,それ付け飲ませよう+,「構わないおけ! エリヤ下ろし来るどうよう」と言っ+ 37  しかし,イエスきな叫び声上げて,息引き取ら+ 38  すると,聖なる*垂れ幕+からまで二つ裂け+ 39  その,そば立っ士官*は,このよう引き取らて,「確かこのあった」と言っ+ 40  ややところたち+,そのは,マリアマグダレネ,それヤコブヨセ*マリア,そしてサロメ+ 41  これらは,[イエス]がガリラヤおら,彼伴っ+仕えたちあった。また,彼一緒エルサレムほか大勢たち+ 42  さて,すでに遅くなっおり,しかもそれ[の日],つまり安息前日あっで, 43  聞こえよい議員あるアリマタヤヨセフやった。自ら王国待つあっ+。彼勇気出しピラト行き,イエス頂きたい願い出+ 44  しかしピラトは,彼もう死んだろいぶかり,士官呼び寄せて,彼すでに死んどう尋ねた。 45  こうて,士から確かめで,遺体ヨセフ与えること+ 46  そこで[ヨセフ]は亜麻買い,彼下ろしその上等亜麻包み+,岩塊くりぬい横たえ+。そして,その記念戸口ところ転がしおい+ 47  しかし,マリアマグダレネと,ヨセ*マリアは,彼横たえられずっ見つめ+

脚注

または,「彼杭(柱)に留めろ」。付録5ハ参照。
13脚注参照。
付録5ハ参照。
「“どくろ場所”」。ギ語,クラニウー トポス; ラ語,カルウァーリアエ ロクス。
「第時」,すなわち,午前9ごろ。
シナ写,アレ写,バチ写,エフ写,ベザ写省いいる; ウル訳,シリ訳ヘ,ペ,「こうて,『そして不法たち数えられた』と述べる聖句成就た」。
14:58脚注参照。
「第時」,すなわち,昼12ごろ。
「第時」,すなわち,午後3ごろ。
「エリ,エリ,ラマ サバクタニ」。詩 22:1,「お捨てなっですか」の脚注比較。
「わたしエホバ」の意。エ17,18(ヘ語),エーリーヤーフー。
14:58脚注参照。
または,「百隊長」。ギ語,ケンテュリオーン; 100兵士指揮する士官。
「ヨセ」,シナ写*,アレ写,エフ写,シリ訳ヘ,ペ; シナ写c,バチ写,ベザ写,「ヨセトス」; 古ラ訳,ウル訳,シリ訳,「ヨセフ」。
「ヨセ」,エフ写,シリ訳ヘ,ペ; シナ写c,バチ写,「ヨセトス」; アレ写,ウル訳,「ヨセフ」。