内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マルコ 14:1‐72

14  さて,過ぎ越し+酵母パン[の祭り+]はあっ+。そして祭司書士たちは,どうたらうまく仕組ん捕らえ殺せる探り求め+  彼は,「祭りいけない。もしかする騒動あるしれない」と繰り返し言っある+  そして,[イエス]がベタニヤらい病シモン+,横なっ食事おらあっが,ひとりが,雪花石こう容器入っ香油携えやった。本物ナルドあり,非常高価ものあった。彼女雪花石こう容器割っ開け,それ注ぎはじめ+  すると,互憤慨様子示すたちて,「どうしてこんな香油無駄づかい+  このなら三百デナリ*以上売れし,そうすれ貧しいたち施すことできに!」と[言った]。そして,彼女こと非常不快思っ+  しかしイエスた,「彼女そのままおきなさい。なぜあなた方彼女困らせようするですか。彼女わたし対しりっぱ行ないです+  あなた方とって,貧しいたちおり+,あなた方いつ望む彼ら行なえますが,わたしいるわけないからです+  彼自分できることました。埋葬見越しわたし前もって香油付けようです+  あなた方真実言いますが,世界どこ良いたより宣べ伝えられる+,このことも,彼女記念語られるでしょ+」。 10  それから,十人,ユダイスカリオテは,[イエス]を裏切っ渡すため,祭司たちところ行っ+ 11  それと,彼ら歓び,彼銀子与えること約束+。それは,どうたら[イエス]をうまく裏切っ渡せる探るようなっ+ 12  さて,無酵母+パン最初*,それ慣例過ぎ越し[のいけにえ]を犠牲するあっが,弟子たち+こう言った。「過ぎ越し食事なさるため,わたしたちどこ行っ準備するようお望みです+」。 13  そこで弟子遣わしこう言わた。「市内入りなさい。そうすれば,水土器入れ運んいるあなた方出会うでしょ+。そのあと付い行きなさい。 14  そして,彼入っ行くどこあっも,そこ家あるじこう言いなさい。『言わます,「弟子たち一緒過ぎ越し+食事できる,わたしため客室どこでしょか」と+』。 15  そうする準備整った,大きな階上部屋見せくれるでしょう。そこでわたしたちため準備なさい+」。 16  それたち行った。そして入っみると,[イエス]が彼ら言わとおりあった。こう彼ら過ぎ越し準備+ 17  夕なっから,[イエス]は十二られ+ 18  そして,彼食卓なっ食べ時,イエスこう言わた。「あなた方真実言いますが,あなた方で,わたし一緒食事いる+が,わたし裏切るでしょ+」。 19  彼悲嘆し,一ずつ,「まさかわたしありませ+」と言い始めた。 20  [イエス]は言わた,「それ十二で,わたし一緒共同に[手を]浸しいるです+ 21  確は,自分つい書かいるとおり去っ行きますが,人裏切るその災いです! そのとっは,むしろ生まなかっほうよかっでしょ+」。 22  そして,彼食事続けいると,[イエス]はパン取っ祝とう述べ,それ割い彼ら与え,「取りなさい。これわたし表わします」と言わ+ 23  また,杯取り,感謝ささげから,それ彼らお与えなった。それ彼らその[杯]から飲ん+ 24  そうして[イエス]は言わた,「これわたしの『契約++』を表わします*。それ多くため+注ぎ出されることなっます+ 25  あなた方真実言いますが,王国それ新しいもの*飲むそのまで,わたしぶどう産物もう決して飲まないでしょ+」。 26  最に,賛美*+歌っから,彼らオリーブ行っ+ 27  それからイエスこう言わた。「あなた方みなつまずくでしょう。『わたし牧者打つ+。すると,羊散り散りなるあろ+』と書いあるからです。 28  しかしわたしは,よみがえらさ,あなた方先立っガリラヤ行きます+」。 29  しかしペテロた,「たとえほかみんなつまずいも,わたしは[つまずき]ませ+」。 30  するとイエスた,「あなた真実言っおきますが,あなた今日,そうです,今夜,おんどり鳴くに,あなたさえわたしこと否認するでしょ+」。 31  しかししきりこう言うあった。「あなた一緒死なならないも,わたし決してあなたこと否認たりません」。また,ほかたちみな同じこと言いだし+ 32  こうゲッセマネいうた。そして[イエス]は弟子たちこう言わた。「わたし祈りする間,ここ座っなさい+」。 33  それから,ペテロヤコブヨハネ+連れ行かが,ご自分ぼう然され,かつひどく苦悩始められ+ 34  そして言わた,「わたし深く憂え悲しみ+,死なばかりです。こことどまって,ずっ見張っなさい+」。 35  そして,少進ん行っ地面伏し,もしできることなら,その自分から過ぎ去るよう祈りはじめられ+ 36  そしてさらにこうた。「アバ*+,あなたすべてこと可能です。このわたしから取り除いください。それでも,わたし望むことなく,あなた望まれること+」。 37  それからて,彼ら眠っいるて,ペテロこう言わた。「シモンよ,あなた眠っいるですか。一時間見張っいるなかっです+ 38  あなた方は,ずっ見張っいつも祈り+,誘惑陥らないようなさい。もとより,霊はやっも,肉体弱いです+」。 39  それから[イエス]は離れ行き,同じ言葉祈ら+ 40  そしてもうて,彼ら眠っいるご覧なった。彼ら重く垂れある。そのため彼らは[イエス]に答え分からなかっ+ 41  それから,[イエス]はて,彼ら言わた,「このように,あなた方眠っ休んいる! もう十分です! 時刻まし+! 見よ,人裏切ら罪人たち渡さます+ 42  立なさい。行きましょ+。見よ,わたし裏切る近づいまし+」。 43  するとすぐ,[イエス]がまだおられるうちに,十二あるユダ現われた。そして,剣こん棒持ち,祭司書士年長たちもとから群衆一緒あっ+ 44  さて,[イエス]を切るは,「だれあれわたし口づけするそのだ。それ拘引て,しっかり*引い行け」と言って,彼ら合図打ち合わせあっ+ 45  そこでまっすぐ寄って[イエス]に近づき,「ラビ!」と言って,いとも優しく口づけ+ 46  そこでは[イエス]にかけ拘引+ 47  しかし,そばひとり抜い祭司奴隷撃ちかかり,その切り落とし+ 48  しかしイエスこたえ言わた,「あなた方は,わたし捕縛するに,強盗対するようこん棒持っです+ 49  日わたし神殿あなた方教え+,あなた方わたし拘引ませでした。だが,これ+成就するためです+」。 50  すると,[弟たち]はみな捨て+逃げ行っ+ 51  しかし,裸の[体]にりっぱ亜麻着けある若者すぐあと付い行った。それ彼らは[この若者]を捕まえよう+ 52  彼亜麻あとて,裸まま*逃げしまった。 53  さて,彼イエス祭司ところ引い行った。そして,祭司年長書士たち全員集合+ 54  しかしペテロは,かなりところからあと付い行き+,大祭司[の家]の中庭入った。そして,その従者たち一緒座って,明るい暖めた。 55  一方,祭司たちおよびサンヘドリン全体は,イエス処するため,彼不利証言探し求め+,何見いだせなかっ+ 56  大不利偽証ある+,その証言一致なかっある+ 57  また,あるたち立ち上がり,彼不利偽証こう言うあった。 58  「わたしたちは,彼が,『わたし作っこの神殿*壊し,手作っないもの建てる』と言う聞きまし+」。 59  しかし,こうつい彼ら証言一致なかった。 60  最に,大祭司彼ら真ん中立ち,イエス質問て,こう言った。「何返答ないか。これらあなた不利証言いることどう+」。 61  しかし[イエス]はままで,少し返答なかっ+。大祭司再び質問はじめてこう言った。「あなたほめたたえるべきキリスト+」。 62  するとイエスた,「わたしは[その者]です。そしてあなた方は,人++座り,また+来る*見るでしょう」。 63  すると,大祭司自分内衣引き裂い+,こう言った。「このうえ証人必要だろ+ 64  あなた方は,冒とくことば聞いです+。あなた方はっきりますか」。彼ら皆,[イエス]を服すべき断罪た。 65  すると,あるたちつばかけ+,またすっぽり覆っこぶし殴り,「預言せよ!」など言い始めた。そして,廷吏たち平手打っから,彼連れ行っ+ 66  さて,ペテロ中庭ところ,大祭司下女やっ+ 67  そして,ペテロ暖めいる見ると,彼まともて,「あなたも,ナザレこのイエス一緒ました」と言っ+ 68  しかしそれ否定し,「わたしあの知らないし,あなた言っいること理解できない*」と言って,入口ほう行っ+ 69  その下女見つけ,そば立っいるたちに,「この彼らです」と,また言い始め+ 70  彼再びそれ否定するあった。それからしばらくて,そば立ったちまたもやペテロ向かっ言いだした,「確かあなた彼らだ。現に,あなたガリラヤない+」。 71  しかしは,「わたしあなた方話しいるこの知らない+」と[言って],のろったり誓ったり始め+ 72  するとすぐおんどり鳴い+。それペテロは,「おんどり鳴くに,あなたわたしこと否認するでしょう」と,イエス自分言っことば+思い浮かべた。そして,くずおれ泣きだし+

脚注

6:37脚注参照。
マタ 26:17脚注参照。
または,「『契約血』です」。「です」に相当するギリシャは,「意味する; 表わす」という意味持つ。マタ 26:26脚注参照。
「それ新しいもの」,すなわち,ぶどう新しい産物。
または,「賛歌; 詩」。ハレル詩編違いない。詩 114:1脚注参照。
アラムで,「父」または「父よ」の意。ギ語,アッバ; エ17,22(ヘ語),アッバー。
または,「間違いなく」。
または,「薄着まま」。マタ 25:36脚注参照。
または,「神住まい(住居)」。ギ語,ナオン; ラ語,テンプルム; エ17,18,22(ヘ語),ハヘーカール,「宮殿神殿)」。
「来る」。ギ語,エルコメノン。
または,「わたしあなた言っいること知らないし,理解できない」。