内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マルコ 13:1‐37

13  [イエス]が神殿から行かれるあっが,弟子こう言った。「師よ,ご覧ください,何いう石,それいう建物でしょ+」。  しかし,イエス言わた,「あなたこれら大きな建物見入っいるです+。石このまま残さ+崩さないいること決してないでしょ+」。  そして,[イエス]がオリーブ神殿見える座っおらあっが,ペテロ+,ヤコブ,ヨハネ,アンデレ自分たちだけこう尋ねはじめ+  「わたしたちお話しください。そのようこといつあるでしょか。そして,これらすべてもの終結*至るよう定まっしるしあります+」。  そこでイエス彼らこう言い始められた。「だれ惑わさないよう付けなさい+  多くわたしよっやって,『わたしそれだ』と言っ多く惑わすからです+  また,戦争こと戦争知らせ聞いも,恐れおののいなりません。[これらは]必ず起きますが,終わり*まだです+  「というのは,国民国民に,王国王国敵対立ち上がり*+,またそこからここ地震*あり+,食糧不足あるからです+。これら苦しみ劇痛始まりです+  「あなた方は,自分自身付けなさい。人々あなた方地方法廷*引き渡し+,あなた方会堂打ちたたか+,わたしため総督たち立たされるでしょう。彼ら対する証し*ためです+ 10  また,あらゆる国民で,良いたより+まず宣べ伝えられ*なりませ+ 11  しかし,人々あなた方引き渡そ引い行くとき,何話そ前もって思い煩っなりませ+。何あれその与えられること,それ話しなさい。あなた方いるなく,聖霊が[話しいる]のです+ 12  さらにまた,兄弟兄弟を,父子供渡し+,子供逆らっ立ち上がり,彼ら至らせるでしょ+ 13  そしてあなた方は,わたしゆえにすべて人々憎しみなるでしょ+。しかし,終わり*まで耐え忍ん+救われるです+ 14  「しかしながら,荒廃もたらす+嫌悪べきもの+が,[立っは]ならない立っいる見かけるなら(読者識別働かなさい+),その時,ユダヤいる逃げはじめなさい+ 15  屋上いる下りならず,家から取り出そ入っなりませ+ 16  また,野いるは,自分外衣拾お後ろもの戻っなりませ+ 17  その日,妊娠いる赤子飲ませいるとっ災いなります+ 18  それ冬期起きないよう祈っなさい+ 19  それは,なさ創造初めからそのまで*起きことなく,また起きないよう+患難なるからです+ 20  実際,エホバ*+その短くされなかっすれば,肉なるだれ救わないでしょう。しかし,そのお選びなっ+,選ばたち+ゆえに,[]はその短くされです+ 21  「またその時,『見よ,ここキリストいる』,『見よ,そこいる』と言う+,[それを]信じなりませ+ 22  偽キリスト預言起こり+,できれ選ばたち迷わそ+,しるし不思議行なうからです+ 23  ですから,あなた方付けなさい+。わたしあなた方すべてこと前もって告げです+ 24  「しかしその日,その患難のちに,太陽暗くなり,月その放たず, 25  星から落ちゆき,天あるもろもろ揺り動かされるでしょ+ 26  またその時,人々は,人+大いなる栄光伴い,雲うちあっ来る*見るでしょ+ 27  そしてその時,彼み使いたち遣わし,四方から,地果てから果てまで+,自分の,選ばたち+集めるでしょう。 28  「では,いちじくから例え学びなさい。その若枝柔らかくなって,その出すと,あなた方すぐに,夏近いこと知ります+ 29  同じようあなた方は,これらこと起きいるたら,彼近づいて,戸口いること知りなさい+ 30  あなた方真実言いますが,これらすべて起こるまで,この世代*決して過ぎ去りませ+ 31  天+過ぎ去るでしょう。しかしわたし言葉+過ぎ去らないです+ 32  「そのまたは時刻ついだれ知りません。天いるみ使いたちも[知らず],だけが[知っおらます+]。 33  ずって,目覚ましなさい+。あなた方は,定められいつ知らないからです+ 34  それは,自分離れ,自分奴隷たち権威与え,各々その仕事を[ゆだね],戸口は,ずっ見張っいるよう命令て,外国旅行ようです+ 35  それで,あなた方は,家主人いつ来るか,一日遅くなっから*か,真夜中*か,おんどり鳴くころ*か,あるいは朝早く*知らないですから+,ずっ見張っなさい+ 36  彼突然到着て,あなた方眠っいるところ見つけることないようするためです+ 37  しかし,わたしあなた方言うことは,すべて言うです。ずっ見張っなさい+」。

脚注

「終結」。または,「共通終わり」。マタ 13:39,「終結」の脚注参照。
または,「完了終わり; 完結終わり; 最後」。ギ語,τέλος(テロス)。
または,「敵対するようかき立てられ; 敵対奮い起こされ」。
「地震」。ギ語,セイスモイ。
または,「小サンヘドリン」。
「証し」。ギ語,マルテュリオン; ラ語,テースティモーニウム。
「宣べ伝えられ」。または,「布告れ」。ギ語,ケーリュクテーナイ; ラ語,プラエディーカリー。ダニ 5:29,「布告た」の脚注比較。
7脚注参照。
字義,「今まで」。
付録1ニ参照。
「来る」。ギ語,エルコメノン。
「世代」。ギ語,ゲネア; ペテ一 2:9ゲノス(「種族」)と異なる。
「一日遅くなっから」。ギリシャローマ用い夜間区分よる最初見張りで,日没から午後9ごろまで。
「真夜中」。ギリシャローマ用い夜間区分よる2見張りで,午後9ごろから真夜中まで。
「おんどり鳴くころ」。ギリシャローマ用い夜間区分よる3見張りで,真夜中から午前3ごろまで。
「朝早く」。ギリシャローマ用い夜間区分よる4見張りで,午前3ごろからまで。