内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マルコ 12:1‐44

12  また,[イエス]は彼らこう話し始められた。「あるぶどう設け+,その周り巡らし,ぶどう搾り場ため大おけ掘り,塔立て+,それ耕作たち貸し出し+,外国旅行まし+  さて,しかるべきに,彼耕作たちもとひとり奴隷遣わしました。ぶどう実りいくらか耕作たちから得るためです+  ところは[その奴隷]を捕まえ打ちたたき,むなし手去らしまいまし+  そこで再び奴隷彼らもと遣わしました。すると彼らその殴りつけ辱めまし+  それ遣わしましが,彼らこれ殺ししまいました。こうほか多くを[遣わした]のですが,彼らそのある打ちたたき,ある殺しました。  彼もう人,愛する息子まし+。『わたし息子なら尊敬するだろう』と言って,彼最後その[息子]を遣わしまし+  ところそれらたち互い言いました,『これ相続+。さあ,こいつ殺ししまおう。そうすれば,相続財産我々もの+』。  そう捕まえ殺し+,ぶどう投げ出ししまいまし+  ぶどう持ち主どうするでしょか。彼やっ耕作たち滅ぼし,そのぶどう+ほかたち与えるでしょ+ 10  あなた方この聖句読んことないですか。『建築たち退け+,それ主要隅石なっ+ 11  これエホバ*からあり,わたしたち驚嘆べきものある+』」。 12  これて,彼らどうたら[イエス]を捕らえられる探り求めるようなった。彼らこと念頭おいこの例え話さこと気づいある。しかし彼ら群衆恐れた。それで,彼残し去っ行っ+ 13  次彼らは,パリサイおよびヘロデ党派追随*あるたち+ところ遣わした。そのことばじり捕らえようあっ+ 14  これらそこ着くこう言った。「師よ,わたしどもは,あなた真実あり,だれされないこと知っおります。あなた外見ご覧ならず,真理即しお教えなるからです+。カエサル*人頭払うことよろしいでしょか,よろしくないでしょか。 15  わたしどもましょか,それ払わないおきましょ+」。[イエス]はその偽善見破っ彼ら言わた,「なぜあなた方わたし試すですか。デナリ*わたし持っ見せなさい+」。 16  彼それ持った。すると[イエス]は言わた,「これだれ銘刻ですか」。彼らは,「カエサルです」と言っ+ 17  そこでイエスた,「カエサルものカエサル+,しかしもの返しなさい*+」。それ彼らは[イエス]に驚嘆するようなっ+ 18  さて,サドカイたちところやった。復活などない言う人々ある。そしてこう質問+ 19  「師よ,モーセわたしたちに,もしだれ兄弟死んあと残し,子供残さないなら,彼兄弟+その迎え,自分兄弟ため彼女から子孫起こすべきある書きまし+ 20  七兄弟ました。一迎えましが,死んとき,子孫ひとり残しませでし+ 21  そして彼女迎えましが,子孫残さに,また同様でした。 22  そして,そのひとり子孫残さなかっです。みんな最後その死にまし+ 23  復際,彼女このうちだれでしょか。七彼女ですから+」。 24  イエス言わた,「あなた方知らないこと,これあなた方間違っいる理由ありませ+ 25  死からよみがえるとき,男めとらず,女嫁ぎません。天いるみ使いたちようなるです+ 26  しかし,死たち,すなわち彼らよみがえらされること関しは,モーセ中,いばら茂み関する記述で,どのよう言わを,あなた方読まなかっですか。『わたしアブラハム,イサク,ヤコブある』と[言わです+]。 27  このは,死んなく,生きいるの[]なです。あなた方大いに間違っます+」。 28  さて,そば彼ら議論いる聞い書士は,[イエス]が彼らみごと答え知って,こう尋ねた。「すべてうちどのおきてです+」。 29  イエスこうられた。「第は,『聞け,イスラエルよ,わたしたちエホバ*ただひとりエホバ*あり+ 30  あなたは,心こめ,魂*こめ,思いこめ,力こめあなたエホバ*愛さならない+』。 31  第こうです。『あなた隣人自分自身よう愛さならない+』。これらより大きなおきほかありません」。 32  書言った,「師よ,『[]はただひとりあり,そのほかない+』と,真理即しよくぞ言わました。 33  そして,この,心こめ,理解こめ,力こめて[]を愛すること,また,隣人自分自身よう愛するこのことは,全焼燔捧げ物犠牲全部よりはるか価値あります+」。 34  するとイエスは,彼そう明答えて,「あなた王国から遠くありません」と言わた。しかし,それ以上[イエス]に質問する勇気もうだれなかっ+ 35  しかし,神殿教え時,イエスは,返答するこう言いはじめられた。「書士たちが,キリストダビデある言うどうしてでしょ+ 36  聖よっ+ダビデ自身こう言っです。『エホバ*わたし言わた,「わたしあなたたちあなた置くまで,わたし座しなさい+」』。 37  ダビデが『』と呼んいるに,どうしてです+」。 そして群衆彼[の話すこと]を喜ん聴い+ 38  また,その続けこう言わた。「書士たち付けなさい+。彼ら長い歩き回ること望み,市立つ広場*あいさつと, 39  会正面座席,そして晩さん特に目立つ場所望みます+ 40  彼は,やもめたち食い荒らし+,見せかけため長い祈りするたちです。こうたちより重い裁き受けるでしょ+」。 41  それから[イエス]は+見えるところ座り,群衆宝物*お金*入れる様子見守っおらた。すると,大勢富んたちたくさん硬貨入れ+ 42  そこへ,ひとりしいやもめやって,小さな硬貨二つ*入れた。それごくわずかものある*+ 43  すると[イエス]はたち自分もと呼んこう言わた。「あなた方真実言いますが,この貧しいやもめは,宝物お金入れいるあのたち全部よりたくさん入れです+ 44  彼みな自分余っいるから入れましが,彼女は,その乏しいから,自分持つもの全部,その暮らしもとそっくり入れからです+」。

脚注

付録1ニ参照。
または,「ヘロデの」。
または,「皇帝」。ギ語,カイサリ。
6:37脚注参照。
字義,「与え返しなさい」。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
または,「(あなたの)」。ギ語,テース プシュケース スー; エ17,18,22(ヘ語),ナフシェカー。
付録1ニ参照。
付録1ニ参照。
「市立つ広場」。または,「集会場所」。
「宝物箱」。または,「神聖宝物庫」。
字義,「銅[銭]」。
「小さな硬貨二つ」。字義,「二レプタ」。レプトン(レプタ単数形)はユダヤ最小銅貨または青銅貨。付録8イ参照。
字義,「それクワドランスある」。ローマ銅貨もしくは青銅で,その価値1デナリ641みなさいる。付録8イ参照。