内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

マルコ 11:1‐33

11  さて,彼ら​が​エルサレム​に​近づい​て,オリーブ​山​の​ベテパゲ​と​ベタニヤ​+の​近く​まで​来​た​とき,[イエス]は​弟子​の​二​人​を​派遣​し​て+  こう​言わ​れ​た。「向こう​に​見える​あの​村​に​入り​なさい。そこ​に​入っ​て​行く​と​すぐ,あなた方​は,一​頭​の​子ろば​が​つなが​れ​て​いる​の​を​見つける​でしょ​う。それ​に​は​人間​が​まだ​だれ​も​座し​た​こと​が​あり​ませ​ん。それ​を​解い​て​連れ​て​来​なさい+  そして,もし​だれ​か​が,『なぜ​そんな​こと​を​し​て​いる​の​か』と​言う​なら​ば,『​が​これ​を​ご入り用​な​の​です。そして,すぐ​ここ​に​送り返さ​れる​でしょ​う』と​言い​なさい+」。  そこで​彼ら​は​出かけ​て​行き,子ろば​が​戸口​の​ところ,外​の​わき道​に​つなが​れ​て​いる​の​を​見つけ​て,それ​を​解い​た+  ところが,そこ​に​立っ​て​い​た​者​の​うち​幾​人​か​が,「子ろば​を​解い​たり​し​て​何​を​し​て​いる​の​か」と​言いだし​た+  彼ら​は​それら​の​者​に,イエス​が​言わ​れ​た​とおり​に​言っ​た。すると​彼ら​を​行か​せ​て​くれ​た+  こう​し​て​彼ら​は​子ろば​+を​イエス​の​もと​に​連れ​て​来​た。そして​自分​たち​の​外衣​を​その​上​に​置き,[イエス]が​その​上​に​座さ​れ​た+  また,多く​の​者​は​自分​の​外衣​を​道路​に​敷き+,ほか​の​者​たち​は​野​から​葉​の​つい​た​枝​+を​切り落とし[て​来]た+  そして,前​を​行く​者​も​後ろ​から​来る​者​も​こう​叫び​つづけ​た。「救いたまえ*+! エホバ​*の​み名​に​よっ​て​来る​の​は​祝福​さ​れ​た​者+ 10  来たら​ん​と​する,我ら​の​父​ダビデ​の​王国​*は​祝福​さ​れ​た​もの+! 救いたまえ,上​なる​高き所​にて*!」 11  こう​し​て[イエス]は​エルサレム​に,神殿​の​中​に​入ら​れ​た。そして,すべて​の​物​を​見て回ら​れ​た。それ​から,時刻​が​すでに​遅く​なっ​て​い​た​の​で,十二​人​と​共​に​ベタニヤ​に​出​て​行か​れ​た+ 12  次​の​日,彼ら​が​ベタニヤ​から​出​て​来​た​時,[イエス]は​飢え​を​覚え​られ​た+ 13  そして,遠く​から,葉​を​つけ​た​いちじく​の​木​を​見つけ,もしや​それ​に​何​か​見いだせ​ない​か​と​見​に​行か​れ​た。しかし,そこ​に​来​て​みる​と,葉​の​ほか​に​は​何​も​見あたら​なかっ​た。いちじく​の​季節​で​は​なかっ​た​の​で​ある+ 14  そこで[イエス]は​それ​に​応じ​て,「もう​お前​から​は​だれ​も​永久​に​実​を​食べ​ない​よう​に」と​その[木]に​言わ​れ​た+。それ​を​弟子​たち​は​聴い​て​い​た。 15  さて,彼ら​は​エルサレム​に​来​た。そこで[イエス]は​神殿​の​中​に​入り,神殿​で​売り買い​し​て​い​た​者​たち​を​追い出し​始め,両替​屋​の​台​と,はと​を​売っ​て​いる​者​たち​の​腰掛け​を​倒さ​れ​た+ 16  そして,神殿​の​中​を​通っ​て​器物​を​運ぶ​こと​を​だれ​に​も​許そ​う​と​せ​ず, 17  「『わたし​の​家​は​あらゆる​国民​の​ため​の​+祈り​の​家​と​呼ば​れる​で​あろ​う+』と​書い​て​ある​では​あり​ませ​ん​か。それなのに,あなた方​は​それ​を​強盗​の​洞くつ​と​し​まし​た+」と​言っ​て​教え​て​ゆか​れ​た。 18  すると,祭司​長​と​書士​たち​が​それ​を​聞い​た。そして,どう​し​たら​彼​を​滅ぼせる​か​を​探り求める​よう​に​なっ​た+。彼​を​恐れ​て​い​た​の​で​ある。それ​は,群衆​が​みな​彼​の​教え​に​終始​驚き入っ​て​い​た​から​で​ある+ 19  こう​し​て​日暮れ​に​なる​と,彼ら​は​市​から​出​て​行く​の​で​あっ​た。 20  しかし,朝早く​そば​を​通っ​て​い​た​時,彼ら​は​あの​いちじく​の​木​が​すでに​根もと​から​枯れ​て​いる​の​を​見​た+ 21  それ​で​ペテロ​が,思い出し​て​彼​に​言っ​た,「ラビ,ご覧​ください,あなた​が​のろわ​れ​た​いちじく​の​木​は​枯れ​て​しまい​まし​た+」。 22  すると,イエス​は​答え​て​彼ら​に​言わ​れ​た,「​に​信仰​を​持ち​なさい。 23  あなた方​に​真実​に​言い​ます​が,だれ​で​も,この​山​に​向かっ​て,『持ち上がっ​て​海​に​入れ』と​言っ​て,心​の​中​で​疑わ​ず,自分​の​言う​こと​は​起きる​の​だ​と​いう​信仰​が​ある​なら,その​人​に​は​その​通り​に​なる​の​です+ 24  このゆえに​あなた方​に​言い​ます​が,あなた方​が​祈り​また​求める​こと​すべて​は,それ​を​すでに​受け​た​の​だ​と​いう​信仰​を​持ち​なさい。そうすれば,あなた方​は​それ​を​持つ​こと​に​なり​ます+ 25  そして,あなた方​が​立っ​て​祈る​とき​に​は,どんな​こと​で​も​人​に​対する​うらみごと​を​許し​なさい+。天​に​おら​れる​あなた方​の​​も​あなた方​の​罪過​を​許し​て​くださる​よう​に​する​ため​です+」。 26 * ―― 27  それ​から,彼ら​は​再び​エルサレム​に​来​た。そして[イエス]が​神殿​の​中​を​歩い​て​おら​れる​と,祭司​長​・​書士​・​年長​者​たち​が​やっ​て​来​て+ 28  「どんな​権威​で​こう​し​た​こと​を​する​の​か。また,だれ​が​こう​し​た​こと​を​する​この​権威​を​あなた​に​与え​た​の​か」と​言いだし​た+ 29  イエス​は​彼ら​に​言わ​れ​た,「わたし​は​あなた方​に​一つ​質問​し​ます。あなた方​が​わたし​に​答え​て​ください。そう​し​たら​わたし​も,どんな​権威​で​わたし​が​これら​の​こと​を​行なう​か​を​あなた方​に​言い​ましょ​う+ 30  ヨハネ​に​よる​バプテスマ​+は​天​から​の​もの​でし​た​か,それ​と​も​人​から​の​もの​でし​た​か。答え​て​ください+」。 31  そこで​彼ら​は​互い​に​論じ​はじめ​て,こう​言っ​た。「我々​が,『天​から』と​言え​ば,彼​は,『では,あなた方​が​彼​を​信じ​なかっ​た​の​は​どうして​か』と​言う​だろ​う+ 32  そう​か​と​いっ​て,『人​から​だ』と​言える​だろ​う​か」。―彼ら​は​群衆​を​恐れ​て​い​た​の​で​ある。みんな​が,ヨハネ​は​確か​に​預言​者​で​あっ​た​と​思っ​て​い​た​から​で​ある+ 33  そこで​彼ら​は​イエス​に​答え​て,「わたしたち​は​知ら​ない」と​言っ​た。それ​で​イエス​は​彼ら​に​言わ​れ​た,「わたし​も,どんな​権威​で​自分​が​これら​の​こと​を​行なう​か​を,あなた方​に​言い​ませ​ん+」。

脚注

字義,「ホサナ」。ギ語,ホーサンナ; エ7‐14,16‐18,22(ヘ語),ホーシャ​・​ナー,「救いたまえ」。
付録1ニ参照。
「来たら​ん​と​する,我ら​の​父​ダビデ​の​王国」,シナ写,バチ写,エフ写,ベザ写; アレ写,シリ訳​,「主​の​名​に​おい​て​来る,我ら​の​父​ダビデ​の​王国」; エ7,8,10‐14,16,17,「エホバ​の​名​に​おい​て​来る,我ら​の​父​ダビデ​の​王国」。
「上​なる​高き所​にて」。または,「いと​高き所​にて」。
シナ写,バチ写,ワシ写,シリ訳​シ​は​省い​て​いる; アレ写,エフ写,ベザ写,ウル訳,シリ訳​,「しかし,もし​あなた方​が​許さ​ない​なら,天​に​おら​れる​あなた方​の​父​も​あなた方​の​罪過​を​許さ​れ​ない​でしょ​う」。