アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

マラキ 4:1-6

4*  「見よ,炉のように燃える日が来るからである+。そして,すべてのせん越な者,また悪を行なうすべての者はまさに刈り株のようになる+。それで,来たらんとするその日は必ず彼らをむさぼり食うであろう」と,万軍のエホバは言われた。「こうしてそれは,彼らに根も大枝も残さない+  しかし,わたしの名を恐れるあなた方には,義の太陽が必ず照り輝き+,その翼には いやしが伴う+。あなた方はまさに出て行って,肥えた子牛のように地をかきなでるであろう+」。  「またあなた方は邪悪な者たちを必ず踏みにじるであろう。わたしが行動する日,彼らはあなた方の足の下で粉のようになるからである+」と,万軍のエホバは言われた。  「あなた方は,わたしの僕モーセの律法を覚えよ。それは,わたしが全イスラエルに関してホレブで彼に命じたものである。すなわち,規定と司法上の定めとを[覚えよ+]。*  「見よ,エホバの大いなる,畏怖の念を抱かせる日の来る前に+,わたしはあなた方に預言者エリヤ*を遣わす+  そして彼は,父の心を子に,子の心を父に立ち返らせるのである。それは,わたしが来てまさに地*を打ち,[それを]滅びのためにささげること*のないためである+」。

脚注

タル,シリ訳,ウル訳はここから4章が始まっている; マソ本,七十訳ではこれは3:19となっており,3章がこの書の終わりまで続いている。
七十訳は4節を6節の後に移して,預言が希望を伴う調子で終わるようにしている。
「エリヤ」。ヘ語,エーリーヤー; 七十訳,ウル訳,「エリアス」。
」。ヘ語,ハーアーレツ; ラ語,テッラム
「滅びのためにささげること」。または,「禁令に付すこと」。ヘ語,ヘーレム。この預言がこのような厳しい語調で終わっているために,ユダヤ人は幸福な調子の4章5節の朗読をここで繰り返すことを習慣としている。伝道の書,イザヤ書,哀歌など他の書の終わりでも同様の反復が行なわれている。