内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マラキ 2:1‐17

2  「それ今,祭司たちよ,このおきてあなた方対するものある+  もしあなた方聴か+,[それを]心置い+わたし栄光付さないなら+」と,万軍エホバ言わた。「わたし必ずあなた方のろい送り+,あなた方祝福のろいする+。事実,わたしその[祝福*]をのろいある。あなた方が[それを]心置いないからある」。  「見よ,あなた方ゆえに,わたしは[まかた]種叱責いる+。わたしあなた方*を,あなた方祭り振りまく。また,人まさにあなた方そのところ連れ行くあろう。  こうあなた方は,わたしこのおきてあなた方送っこと知るある+。それは,レビ*対するわたし契約+存続するためある+」と,万軍エホバ言わた。  「わたし契約,それ対するものあり,命平和の[契約]となっ+。わたしそれら与えつづけた。それ恐れうちなさた。彼わたし恐れ示し続け+。わたしゆえにおののき打たある+  真実*律法あっ+。その不義見いだされることなかった。平和廉直うちわたし歩ん+。彼とがから立ち返らせ多かっ+  祭司知識保つべきものあり,律法は,民求めるべきものある+。彼万軍エホバ使者*からある+  「それなのにあなた方は,そのからそれ+。多く律法つまずか+。あなた方レビ契約損なっ+」と,万軍エホバ言わた。  「それわたし必ず,あなた方軽んじられるし,あなた方すべて対し低くならせる+。あなた方わたし守らず,律法関し偏り示しからある+」。 10  「わたしたちすべては,一有しいるない+。わたしたち創造は,一*ない+。わたしたち互い対し不実振る舞い+,父祖たち契約汚しいる+どうしてか。 11  ユダ不実振る舞いた。嫌悪べき事柄イスラエルエルサレムなさ+。ユダエホバ神聖+を,[]が愛しおらもの汚した。彼異国*花嫁ある+ 12  エホバそのようこと行なうを,目ざめいるも,答えいるも,ひとりひとりヤコブ天幕から断ち滅ぼされるあろ+。そして,それが,万軍エホバ供え物差し出しいるあっ+」。 13  「また,これあなた方するある。[それ結果て,]エホバ祭壇で,[また]泣き悲しみ嘆息覆い,もはや供え物ほう振り向くことも,喜びもっあなた方から[何を]受け取ることないまでならせいる+ 14  そしてあなた方言った,『これためか』と+。このためある。すなわち,エホバ自身,あなたあなた若い+つい証しするなっからある。それあなた伴侶,あなた契約あるかかわらず,あなたこれ対し不実振る舞い+ 15  しかし,[それを]行なわないた。それは,彼残り*有しためある。そして,その求めか。*ある+。それあなた方も,自分関し自ら守り+,自分若い対しだれ不実振る舞いならない+ 16  []は離婚*憎んある+」と,イスラエルエホバ言わた。「また,自分暴虐覆っ+」と,万軍エホバ言わた。「それあなた方は,自分関し自ら守り,不実振る舞いならない+ 17  「あなた方自分言葉エホバうみ疲れさせ+。そしてあなた方言った,『どのよううみ疲れさせか』と。『悪行なっいるすべてエホバ善しされ,そのようを[]は喜びされた』と述べることよっ+,また,『公正*+どこいるか』と[述べることよって]である」。

脚注

「その祝福」。字義,「それ」,女性形。祝福(女性)を指す。
または,「糞便」。あるいは,「胃もの」と読むしれない。
「レビ」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「レビ人」。
または,「真実さ; 真理」。ヘ語,エメト; ラ語,ウェーリターティス。
「使者」。ヘ語,マルアク; ギ語,アンゲロス; ラ語,アンゲルス。
「神」。ヘ語,エール; ギ語,テオス; ラ語,デウス。
「神」。ヘ語,エール; ギ語,テウース,「神々」; ラ語,デイー。
「残り」。字義,「残りもの(残っもの)」。ヘ語,ウーシェアール
」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,ホ テオス; ラ語,デイー
字義,「去らせること」。ラ語,ディーミッテ。マタ 1:19脚注参照。
「の神」。ヘ語,エローヘー; ラ語,デウス。