内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マラキ 1:1‐14

1  宣告: マラキ*よる,イスラエル関するエホバ言葉+:  「わたしあなた方愛し+」と,エホバ言わた。 するとあなた方言った,「どのようわたしたち愛し+」と。 「エサウヤコブ兄弟なかっ+」と,エホバお告げなる。「それでもわたしヤコブ愛し+  エサウ+憎んだ。わたしついに山々荒れ果て+,その相続荒野ジャッカルための[場所]と+」。  「『我々打ち砕かが,それでも立ち直って,荒れ廃れ場所建て直す』とエドム*言いつづけいるゆえに,万軍エホバ*このよう言わた。『彼ら建てるあろう。しかしわたしは[それを]打ち崩す+。そして必ず彼らことを,「邪悪領地*」,「エホバ定めない至るまで糾弾+」と呼ぶあろう。  また,あなた方も[それを]見,あなた方自ら言うあろう,「イスラエル領地関しエホバ大いなるものされるよう+」と』」。  「『子敬い+,僕その主人*を[敬う+]。それで,もしわたしあるなら+,わたし対する敬意どこある+。また,もしわたし主人あるなら,わたし対する恐れ+どこあるか』と,万軍エホバあなた方言った。わたし軽んじいる祭司たち+ 「『するとあなた方言った,「わたしたちあなたどのよう軽んじか」と』。  「『わたし祭壇汚れパン差し出すこと[によって]である+』。 「『するとあなた方言った,「わたしたちどのようあなた汚しか」と』。 「『「エホバ食卓+軽んずべきもの」と述べることよっある+  また,盲の[動物]を犠牲ため差し出しながら,「何悪いところない」と[言っいる]。また,足なえの[動物]や病気もの差し出しながら,「何悪いところない」と[言っいる+]』」。 「それを,どうか,あなた総督もと持っ行くように。彼あなたこと喜ぶあろか。あなた親切迎えるあろか」と,万軍エホバ言わた。  「それ今,どうか,*和め+,わたしたち恵み示しくださるようせよ+。あなた方からこの生じある。[]はあなた方だれ親切迎えられるだろか」。万軍エホバこう言わた。 10  「また,あなた方に,扉閉じるだれいるだろ+。そして,あなた方わたし祭壇付けない ― 何理由なし+。わたしあなた方こと喜ばない」と,万軍エホバ言わた。「あなた方から供え物わたし喜びない+」。 11  「日昇るから沈む至るまで,わたし国民大いなるものなり+,あらゆる犠牲+上り,進物,すなわち清い供え物わたし対しささげられるようなるある+。わたし国民大いなるものなるからある+」と,万軍エホバ言わた。 12  「しかしあなた方は,『エホバ*食卓汚れもの,その実,すなわちその食物軽んずべきもの』と述べることよっ+わたし*汚しいる+ 13  しかもあなた方は,『見よ,何うみ疲れることか』と言っ+,それ*あしらうようさせた」と,万軍エホバ言わた。「そしてあなた方は,引き裂かもの,足なえもの,病気もの携え+。あなた方は[そのようものを]供え物携えある。わたしあなた方あるもの喜び持てるだろ+」と,エホバ言わた。 14  「それで,自分群れ動物いるこうかつ振る舞うのろわれる。彼誓約立てて,損なわものエホバ*犠牲ささげるある+。わたし大いなるある+」と,万軍エホバ言わた。「わたし国民畏怖抱かせるものなるあろ+」。

脚注

「マラキ」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「その使者; そのみ使い」。
「赤い; 赤みがかった」の意。創 25:30; 創 36:1よれば,エサウ与えられ名。
「万軍エホバ」。ヘ語,エフワー ツェヴァーオート。この表現マラキ24来る。付録1リ参照。
「領地」。または,「境界; 境界地」。
「その主人」。ヘ語,アドーナーウ。アドーン複数で,卓越表わすもの思われる。
または,「神たる者」。ヘ語,エール; ギ語,テウー; ラ語,デイー; シリ訳,「エホバ」。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
「わたし」が読み方。ソフェリムは「彼」または「それ」と読むよう本文変えた。タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,「それ」。付録2ロ参照。
「それを」,ソフェリムが「わたしを」に代え読むよう訂正ところしたがって。ソフェリムよる18修正箇所一つ。付録2ロ参照。
12,「エホバ」の脚注参照。