内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マタイ 21:1‐46

21  さて,彼らエルサレム近づき,オリーブあるベテパゲ着くと,イエスさっそく弟子遣わし+  こう言わた。「行って,向こう見えるあの入りなさい。そうすれば,あなた方すぐに,一ろばつながれ,それ一緒子ろばいる見つけるでしょう。それらほどいわたしところ連れなさい+  そして,だれ言うなら,『これらご入り用です』と言わなりません。そうすれば,彼すぐそれよこすでしょう」。  これは,預言通し語らこと成就するため実際起きある。こう言わた。  「シオン告げよ,『見よ,あなたあなたもと来る+。気質温和あり+,ろば乗って,それも,駄獣なる子ろば乗っ+』」。  それ弟子たち出かけ行き,イエス命じとおり行なった。  こうろばその子ろば連れて,その自分たち外衣置き,次いで[イエス]がその座ら+  群衆多く自分外衣道路敷き+,他切り落とし道路敷いいっ+  群衆は,彼行くも,あと従うも,こう叫びつづけた。「救いたまえ*+,ダビデ+! エホバ*み名よっ来る祝福+! 彼救いたまえ,上なる高き所にて*+!」 10  さて,彼エルサレム入る+,市全体は「これだれか」と言っ騒ぎ立った。 11  群衆は,「これ預言+イエス,ガリラヤナザレからだ!」と告げいった。 12  それからイエス神殿入り,神殿売り買いたちみな追い出し,両替と,はと売ったち腰掛け倒さ+ 13  そしてこう言わた。「『わたし祈り呼ばれるあろ+』と書いあるに,あなた方それ強盗洞くついる+」。 14  また,神殿で,盲人足なえたちやっで,そのたちお治しなった。 15  祭司書士たちは,彼行なっ驚嘆べき事柄+,そして,神殿で,「救いたまえ+,ダビデ+!」と叫んいる少年たち憤慨し, 16  「これらたち言っいること聞こえるか」と言った。イエス彼ら言わた,「はい。あなた方は,『みどりご乳飲み子から,あなた賛美備えられ+』とある読んことないです+」。 17  そうして,彼らあと残しまま,市ベタニヤ行き,そこでその過ごさ+ 18  朝早く戻っ行く途中,[イエス]は飢え覚えられ+ 19  そして,道路そばあるいちじく見つけて,そのもと行かが,それただほか見あたらなかっ+。それで,「もうお前から永久ないよう+」と言わた。すると,そのいちじくたちどころ枯れしまった。 20  しかし,弟子たちこれ不思議思い,「いちじくたちどころ枯れどうしてですか」と言っ+ 21  イエス答え言わた,「あなた方真実言いますが,ただ信仰抱い疑うことさえないなら+,あなた方は,わたしこのいちじく行なっようことできるだけなく,このに,『持ち上がっ落ちよ』と言っも,そのことまた起きるです+ 22  そしてあなた方は,信仰抱い祈り求めるものすべて受けるです+」。 23  さて,神殿入られると,祭司年長たちが,[イエス]の教えおられるところやっ+,「どんな権威こうことするか。そして,だれあなたこの権威与えか」と言っ+ 24  イエス答え彼ら言わた,「わたしも,あなた方一つこと尋ねます。あなた方わたしそれ言うなら,わたしあなた方に,どんな権威わたしこれらこと行なう言いましょ+ 25  ヨハネよるバプテスマ,それどこからものでしか。天からでしか,それからでし+」。ところが,彼ら互い論じはじめて,こう言った。「我々が,『天から』と言えば,彼は,『では,なぜ信じなかっか』と言うだろ+ 26  だが,『人から』と言えば,我々とっ群衆怖い+。彼らヨハネ預言いるから+」。 27  それ彼らは,イエス対する答えて,「わたしたち知らない」と言った。そこで[イエス]は彼ら言わた,「わたしも,どんな権威自分これらこと行なうを,あなた方言いませ+ 28  「あなた方どう考えますか。ある子供まし+。彼ところ行って,『子供よ,今日,ぶどう行っ働きなさい』と言いました。 29  この答えて,『[行き]ます,[父上]』と言いまし+,出かけ行きませでした。 30  二近づいて,彼同じこと言いました。この答えて,『[行き]ません』と言いました。後ほど後悔+出かけ行きました。 31  このうち,どちら意志行ないまし+」。彼らは,「後です」と言った。イエス彼ら言わた,「あなた方真実言いますが,収税娼婦たちあなた方より王国入りつつあるです。 32  ヨハネもっあなた方ところ+,あなた方信じなかっからです+。ところが,収税娼婦たち信じまし+。あなた方は,[それを]見ながら,あとから後悔信ずるようなりませでした。 33  「別例え*聞きなさい。ある人,つまり家あるじまし+。そのぶどう設け,その周り巡らし,そのぶどう搾り場掘り,塔立て+,それ耕作たち貸し出して,外国旅行まし+ 34  実り季節巡っとき,彼自分実りよう耕作もと奴隷たち派遣ました。 35  ところが,耕作たち奴隷たち捕まえ,ひとり打ちたたき,もうひとり殺し,もうひとり石打ちまし+ 36  彼再びほか奴隷最初より大ぜい派遣ました。しかし彼らこれら同じことです+ 37  最後は,『わたし息子なら尊敬するだろう』と言って,自分息子彼らもと派遣ました。 38  その息子見ると,耕作たち互い言いました,『これ相続+だ。さあ,こいつ殺しその相続財産入れよう+!』 39  そう捕まえ,ぶどうから追い出し殺ししまっです+ 40  それで,ぶどう持ち主来るとき,これら耕作どうするでしょか」。 41  彼ら言った,「そのたち悪らつですから,惨め滅びもたらし+,そのぶどうほか耕作たち,[納める]べき実り納めるたち貸し出すでしょ+」。 42  イエス彼ら言わた,「あなた方聖書読んことないですか。『建築たち退けその+主要隅石なっ+。これエホバ*から生じあり,わたしたち驚嘆べきものある』とあるです。 43  このゆえにあなた方言いますが,王国あなた方から取られ,その生み出す国民与えられるです+ 44  また,この落ちる粉々なるでしょう。これその落ちるは,みじん砕かれるでしょ+」。 45  さて,祭司パリサイたちは,[イエス]の例え聞い時,自分たちついいるいうこと気づい+ 46  しかし,彼捕らえようながらも,群衆恐れた。[群衆]は預言からある+

脚注

字義,「ホサナ」。ギ語,ホーサンナ; ウル訳(ラ語),ホーサンナ; エ1‐14,16‐18,22(ヘ語),ホーシャナー,「救いたまえ!」
付録1ニ参照。
「上なる高き所にて」。または,「いと高き所にて」。
または,「別たとえ話」。
付録1ニ参照。