内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マタイ 20:1‐34

20  「というのは,天王国は,自分ぶどう+働き人雇うため朝早く出かけ人,[つまりそのような]家あるじようからです。  彼は,働き人たち一日デナリ*+いうこと合意すると,彼ら自分ぶどう送り込みました。  第+ごろ行き,ほかたち仕事ない立つ広場+立っいるました。  そこでそのたち言いました,『あなた方ぶどう行きなさい。何正当もの上げますから』。  それ彼ら出かけ行きました。[家あるじ]は,第++ごろ行って,同じようました。  最後に,第十一ごろ行き,ほかたち立っいる見つけました。それ彼ら言いました,『なぜあなた方仕事ない一日ここ立っか』。  彼ら言いました,『だれわたしたち雇っくれなかっからです』。[家あるじ]は言いました,『あなた方ぶどう行きなさい+』。  「夕方なっとき+,ぶどう主人管理言いました,『働き人たち呼んで,賃金払いなさい+。最後から始め最初までゆきなさい』。  第十一たちて,各々デナリ受けました。 10  それで,最初たちとき,自分たちもっと受けるもの考えました。ところが,彼らやはりデナリ支払い受けました。 11  それ受けると,彼ら家あるじ+向かっつぶやきはじめ, 12  『これら最後時間働いだけだ。それなのに,あなた彼らを,一日重荷焼けつく暑さ耐えわたしたち同等た!』と言いました。 13  しかし家あるじ彼ら答え言いました,『君,わたしあなた不当ことない。あなたわたしデナリ合意ない+ 14  あなた受け取って,行きなさい。わたしこの最後あなた同じよう与えたい+ 15  わたし自分もの自分望むこと行なっよいないか。それとも,わたし善良+,あなたよこしまなる*+』。 16  このように,最後最初に,最初最後なるでしょ+」。 17  さて,エルサレム上ろするあたり,イエス十二弟子だけ連れ行き+,その途中彼らこう言わた。 18  「ご覧なさい,わたしたちエルサレム上っ行きます。そして,人祭司書士たちもと引き渡され,彼らこれ死罪定め+ 19  ついで,これ愚弄し,むち打ち,かつつける*ため国民[のたち]に引き渡すでしょ+。そして,三よみがえらさます+」。 20  その時,ゼベダイ息子たち+その息子たち近づき,敬意ささげながら何事求め+ 21  [イエス]は彼女言わた,「あなた望むですか」。彼女言った,「これらわたし息子が,あなた王国で,一あなたに,一あなた座るようお申しつけください+」。 22  イエス答え言わた,「あなた方自分求めいる知っません。あなた方は,わたし飲もいる+飲むことできますか」。彼らは,「できます」と言った。 23  [イエス]は彼ら言わた,「確かあなた方わたし飲むでしょ+。しかし,わたしまた座るこのことは,わたし授けることなく,わたしよっそれ備えられいるたちものです+」。 24  このことつい聞くと,ほかその兄弟こと憤慨+ 25  しかしイエスは,彼ら自分ところ呼んこう言わた。「あなた方は,諸国民支配たち人々対し威張り,偉いたち人々権威振るうこと知っます+ 26  あなた方そうありませ+。かえって,だれあなた方偉くなりたい思うあなた方奉仕*なけれなら+ 27  また,だれあなた方ありたい思うあなた方奴隷なけれなりませ+ 28  ちょうどが,仕えもらうためなく,むしろ仕え*+,自分*を,多く引き換える贖い*与えるため+同じです」。 29  さて,一行エリコ出る+,大群衆あと従った。 30  すると,見よ,二盲人道路わき座っが,イエスそば通っおられること聞くと,「*,わたしたち憐れみおかけください,ダビデよ!」と叫ん+ 31  ところ群衆は,黙っいるよう彼ら厳しく言った。けれども彼らいよいよ大声叫び,「よ,わたしたち憐れみおかけください,ダビデよ!」と言っ+ 32  それイエス止まり,彼ら呼びかけ言わた,「わたし欲しいですか」。 33  彼らは,「よ,わたしたち開くようください」と言っ+ 34  イエス哀れ思い,彼らお触れなっ+。すると,彼らすぐ見えるようなり,[イエス]のあと従っ+

脚注

ローマ銀貨で,重さ3.85あった。
または,「あなたそねむか」。
または,「杭(柱)に留める」。付録5ハ参照。
または,「僕」。ギ語,ディアコノス; ラ語,ミニステル(「より小さい」という意味ミヌス由来); エ22(ヘ語),メシャーレート。
または,「奉仕し」。ギ語,ディアコネーサイ; ラ語,ミニストラーレ; エ17,18,22(ヘ語),レシャーレート。
または,「命」。ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム; エ17,18,22(ヘ語),ナフショー,「自分」。
「贖い」。ギ語,リュトロン; ラ語,レデンプティオーネム; エ17,18,22(ヘ語),コーフェル。テモ一 2:6,「贖い」の脚注比較。
「主よ」,パピ写45,バチ写,エフ写,ワシ写,ウル訳; シナ写,「イエスよ」; ベザ写,シリ訳省いいる。