内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マタイ 14:1‐36

14  ちょうどそのころ,地支配*ヘロデイエス評判聞き+  自たちに,「これバプテストヨハネだ。死人からよみがえらさだ。だから,強力*うち働いいるだ」と言っ+  というのは,ヘロデは,自兄弟フィリポヘロデアことヨハネ捕らえ縛り,獄入れからあっ+  それヨハネが,「あなた有しいる正しくない+」と言っためあった。  [ヘロデ]は,彼殺ししまいたい思いながらも,群衆恐れた。人々預言みなしからあっ+  ところが,ヘロデ+祝わ時,ヘロデアその踊り見せヘロデたいそう喜ばせた。  それは,何彼女求めるもの与える誓っ約束+  そこでは,母指図もとに,「バプテストヨハネ大皿載せて,ここわたしお与えください」と言っ+  王憂えが,自分誓い,および一緒なっいるたち手前あって,それ与えるよう命令+ 10  そして,人やって,獄ヨハネ切らせた。 11  それから,彼大皿載せ運び込まれ,その乙女与えられた。彼女それ自分ところ持っ行っ+ 12  最に,[ヨハネ]の弟子たちやっ遺体移し,彼葬っ+。それから,イエスところ報告た。 13  それイエスは,独りなるために,そこから寂しい退か+。ところが,群衆そのこと聞きつけ,諸都市から徒歩あと付いた。 14  さて,出られ時,[イエス]は群衆ご覧なった。そして,彼ら哀れみ感じ+,その病気たち治さ+ 15  さて,夕なっ時,弟子たちそのもとて,こう言った。「ここ寂しい場所ですし,時刻もうずっ進みました。群衆去らせ,彼ら村々行っ自分食べ物買うようください+」。 16  しかし,イエスた,「彼ら去る及びません。あなた方彼ら食べる与えなさい+」。 17  [弟子]たち言った,「わたしたち五つパンほかここ持っませ+」。 18  [イエス]はた,「それここに,わたしところ持っなさい」。 19  次は,草なるよう群衆命じ,その五つパン取り,天見上げ祝とう述べ+,パン割い弟子たち配り,つい弟子たち群衆配っ+ 20  こうすべて食べ満ち足りた。また,かけら余り拾うと,十二かごいっぱいなっ+ 21  しかも,食五千たちあり,ほか幼子たちある+ 22  それからちに,[イエス]は弟子たち強いて乗らせ,自分先立っ向こう行かせ,一方群衆お去らせなっ+ 23  やがて,群去らた[イエス]は,祈りするため自分だけ上っ行か+。[時刻は]遅くなっが,ただ独りそこおらた。 24  そのころまでに,舟から何百メートル*離れが,波ため難儀られ+。向かい風だっからある。 25  ところが,夜見張り*に,[イエス]は歩い彼らところられある+ 26  海歩いおられる見かけとき,弟子たち騒ぎ立ち,「これ幻影だ!」と言っ+。そして,恐れあまり叫び声上げた。 27  しかし,イエスすぐに,「勇出しなさい,わたしです+。恐れることありません」と彼ら言わた。 28  ペテロ言った,「よ,あなたでしたら,水を[歩いて]みもと来るようわたしお命じください」。 29  [イエス]は,「来なさい!」と言わた。そこでペテロから降り+,水歩いイエスほう行った。 30  ところあらし怖くなり,沈み始めに,「よ,お救いください!」と叫んだ。 31  イエスすぐ伸ばしつかみ,「信仰少ないよ,なぜ疑い負けです+」と言わた。 32  そして,ふたり上がっから,風あらし和らいだ。 33  その,舟たちは,「確かあなたです+」と言って,敬意ささげた。 34  それからは[海を]渡り,ゲネサレ上がっ+ 35  [イエス]をそれ知ると,その場所たち周囲地方に[人を]遣わした。それ人々病んいるたちみなところ連れ+ 36  そしては,ただ外衣房べり触れさせいただきたい懇願するようなっ+。そして,それ触れすっかりよくなっある。

脚注

字義,「四分領太守」,皇帝代理する地域君主。
「強力業」。または,「奇跡」。
字義,「何スタディオンも」。1スタディオン古代ローママイル81で,185相当た。
ギリシャローマ用い夜間区分よる最後見張り時(午前3ごろからまで)。出 14:24および裁 7:19よると,ユダヤ三つ区分もしくは見張り分けが,後は,四つ見張り分けるローマ方式採用た。マル 13:35脚注参照。