アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

マタイ 14:1-36

14  ちょうどそのころ,地域支配者*ヘロデはイエスの評判を聞き+  自分の僕たちに,「これはバプテストのヨハネだ。死人の中からよみがえらされたのだ。だから,強力な業*が彼のうちに働いているのだ」と言った+  というのは,ヘロデは,自分の兄弟フィリポの妻ヘロデアのことでヨハネを捕らえて縛り,獄に入れたからであった+  それはヨハネが,「あなたが彼女を有しているのは正しくない+」と彼に言っていたためであった。  [ヘロデ]は,彼を殺してしまいたいと思いながらも,群衆を恐れた。人々は彼を預言者とみなしていたからであった+  ところが,ヘロデの誕生日+が祝われていた時,ヘロデアの娘がその席で踊りを見せてヘロデをたいそう喜ばせた。  それで彼は,何でも彼女の求めるものを与えると誓って約束した+  そこで彼女は,母の指図のもとに,「バプテストのヨハネの首を大皿に載せて,ここでわたしにお与えください」と言った+  王は憂えたが,自分の誓い,および一緒に横になっている者たちの手前もあって,それを与えるようにと命令した+ 10  そして,人をやって,獄の中でヨハネの首を切らせた。 11  それから,彼の首は大皿に載せて運び込まれ,その乙女に与えられた。彼女はそれを自分の母のところに持って行った+ 12  最後に,[ヨハネ]の弟子たちがやって来て遺体を移し,彼を葬った+。それから,イエスのところに来て報告した。 13  それを聞いたイエスは,独りになるために,そこから舟で寂しい所に退かれた+。ところが,群衆はそのことを聞きつけ,諸都市から徒歩で彼のあとに付いて来た。 14  さて,出て来られた時,[イエス]は大群衆をご覧になった。そして,彼らに哀れみを感じ+,その中の病気の者たちを治された+ 15  さて,夕方になった時,弟子たちがそのもとに来て,こう言った。「ここは寂しい場所ですし,時刻ももうずっと進みました。群衆を去らせ,彼らが村々に行って自分で食べ物を買うようにしてください+」。 16  しかし,イエスは言われた,「彼らは去るには及びません。あなた方が彼らに何か食べる物を与えなさい+」。 17  [弟子]たちは言った,「わたしたちは五つのパンと二匹の魚のほかには何もここに持っていません+」。 18  [イエス]は言われた,「それをここに,わたしのところに持って来なさい」。 19  次に彼は,草の上に横になるよう群衆に命じ,その五つのパンと二匹の魚を取り,天を見上げて祝とうを述べ+,パンを割いて弟子たちに配り,ついで弟子たちが群衆に配った+ 20  こうしてすべての者が食べて満ち足りた。また,かけらの余りを拾うと,十二のかごがいっぱいになった+ 21  しかも,食べていたのは約五千人の男たちであり,ほかに女や幼子たちがいたのである+ 22  それから直ちに,[イエス]は弟子たちを強いて舟に乗らせ,自分に先立って向こう側に行かせ,一方では群衆をお去らせになった+ 23  やがて,群衆を去らせた[イエス]は,祈りをするために自分だけで山に上って行かれた+。[時刻は]遅くなっていたが,ただ独りでそこにおられた。 24  そのころまでに,舟は陸から何百メートルも*離れていたが,波のために難儀させられていた+。向かい風だったからである。 25  ところが,夜の第四見張り時*に,[イエス]は海の上を歩いて彼らのところに来られたのである+ 26  海の上を歩いておられるのを見かけたとき,弟子たちは騒ぎ立ち,「これは幻影だ!」と言った+。そして,恐れのあまり叫び声を上げた。 27  しかし,イエスはすぐに,「勇気を出しなさい,わたしです+。恐れることはありません」と彼らに言われた。 28  ペテロは答えて言った,「よ,あなたでしたら,水の上を[歩いて]みもとに来るようわたしにお命じください」。 29  [イエス]は,「来なさい!」と言われた。そこでペテロは舟から降り+,水の上を歩いてイエスのほうに行った。 30  ところが風あらしを見て怖くなり,沈み始めたときに,「よ,お救いください!」と叫んだ。 31  イエスはすぐに手を伸ばして彼をつかみ,「信仰の少ない人よ,なぜ疑いに負けたのですか+」と言われた。 32  そして,ふたりが舟に上がってから,風あらしは和らいだ。 33  その時,舟にいた者たちは,「確かにあなたはです+」と言って,敬意をささげた。 34  それから彼らは[海を]渡り,ゲネサレの地に上がった+ 35  [イエス]を見てそれと知ると,その場所の人たちは周囲の全地方に[人を]遣わした。それで人々は病んでいる者たちをみな彼のところに連れて来た+ 36  そして彼らは,ただ外衣の房べりにでも触れさせていただきたいと懇願するようになった+。そして,それに触れた者は皆すっかりよくなったのである。

脚注

字義,「四分領太守」,皇帝の代理をする地域君主。
「強力な業」。または,「奇跡」。
字義,「何スタディオンも」。1スタディオンは古代ローマ・マイルの8分の1で,185㍍に相当した。
ギリシャ人とローマ人の用いた夜間の区分法による最後の見張り時(午前3時ごろから日の出まで)。出 14:24および裁 7:19によると,ユダヤ人は三つの区分もしくは見張り時に分けていたが,後には,四つの見張り時に分けるローマ方式を採用した。マル 13:35の脚注参照。