アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

マタイ 1:1-25

1  アブラハムの子+,ダビデの子+,イエス・キリストについての歴史*の書+:   アブラハムはイサクの父となり*+ イサクはヤコブの父となり+ ヤコブはユダ+とその兄弟たちの父となり,   ユダはタマルによってペレツ+とゼラハの父となり, ペレツはヘツロンの父となり+ ヘツロンはラムの父となり+   ラムはアミナダブの父となり, アミナダブはナフションの父となり+ ナフションはサルモンの父となり+   サルモンはラハブ+によってボアズの父となり, ボアズはルツによって+オベデの父となり, オベデはエッサイの父となり+   エッサイは王+ダビデの父となった+ ダビデはウリヤの妻によって*ソロモンの父となり+   ソロモンはレハベアムの父となり+ レハベアムはアビヤの父となり, アビヤ+はアサの父となり+   アサはエホシャファトの父となり+ エホシャファトはエホラム+の父となり, エホラムは*ウジヤの父となり,   ウジヤはヨタムの父となり, ヨタム+はアハズの父となり+ アハズはヒゼキヤの父となり+ 10  ヒゼキヤはマナセの父となり+ マナセ+はアモンの父となり+ アモン+はヨシヤの父となり, 11  ヨシヤ+はバビロン*への強制移住の時にエコニヤ+とその兄弟たちの父となった。 12  バビロンへの強制移住+の後エコニヤはシャルテルの父となり+ シャルテルはゼルバベルの父となり+ 13  ゼルバベルはアビウデの父となり, アビウデはエリヤキムの父となり, エリヤキムはアゾルの父となり, 14  アゾルはザドクの父となり, ザドクはアキムの父となり, アキムはエリウデの父となり, 15  エリウデはエレアザルの父となり, エレアザルはマタンの父となり, マタンはヤコブの父となり, 16  ヤコブはマリアの夫ヨセフの父となり,この[マリア]から,キリストと呼ばれる+イエスが生まれた+ 17  それで,アブラハムからダビデまでの世代は全部で十四代,ダビデからバビロンへの強制移住までは十四代,バビロンへの強制移住からキリストまでは十四代であった。 18  ところで,イエス・キリストの誕生はこうであった。その母マリアがヨセフと婚約中+であった時,ふたりが結ばれる前に,彼女が聖霊によって+妊娠していることが分かった。 19  しかし,その夫ヨセフは義にかなった人であり,また彼女をさらし者にすること+を望まなかったので,ひそかに離婚+しようと*思った。 20  しかし,彼がこれらのことをよく考えたのち,見よ,エホバの*み使いが夢の中で彼に現われて,こう言った。「ダビデの子ヨセフよ,あなたの妻マリアを迎え入れることを恐れてはならない。彼女のうちに宿されているものは聖霊によるのである+ 21  彼女は男の子を産むであろう。あなたはその名をイエス*と呼ばなければならない+。彼は自分の民+をその罪から+救うからである+」。 22  このすべては,預言者を通して+エホバ*によって語られたこと+が成就するために実際に起きたのである。こう言われていた。 23  「見よ,処女*+が妊娠して男の子を産み,彼らはその名をインマヌエル*+と呼ぶであろう」。これは,訳せば,「わたしたちと共にはおられる+」という意味である。 24  そこでヨセフは眠りから覚め,エホバ*のみ使いが指示したとおりに行ない,自分の妻を迎え入れた。 25  しかし,彼女が子を産むまでは+,彼女と交わりを持たなかった*+。そして彼はその[子]の名をイエスと呼んだ+

脚注

または,「系譜; 起源」。ギ語,ゲネセオース,「来歴<ジェネシス>」; ラ語,ゲネラーティオーニス,「発生; 世代」; エ17,18(ヘ語),トーレドート,「系図」。創 2:4,「歴史である」,および創 5:1,「歴史」の脚注参照。
字義,「を生み」。ギ語,エゲンネーセン; ラ語,ゲヌイト,「をもうけ」。
または,「ウリヤに属していた者(女)によって」。
WHはアハジヤ,エホアシュ,アマジヤを省いている。しかし代一 3:11,12参照。
ギ語,バビュローノス; エ17,22(ヘ語),バーヴェル。王二 17:24の脚注参照。
「離婚しようと」。または,「彼女を解放しようと」。字義,「彼女を解き放そうと」。
「エホバの」。エ3,4,7‐14,16‐18,22‐24(ヘ語),יהוה(エホーワー); ギ語,Κυρίου(キュリウー),「主の」,定冠詞は付いていない; J・N・ダービーの「聖書」[1920年](ドイツ語の「エルバーフェルダー聖書」[1891年]と同じもの)はマタ 1:20の脚注で,「冠詞の付いていない『主』で,他の多くの場合のように,『エホバ』を表わす」と述べている。これは,この翻訳のクリスチャン・ギリシャ語聖書本文の中に神のみ名「エホバ」が出て来る237箇所のうちの最初の例。ほかにも,本文ではなく,脚注の中に72回出て来る。付録1ニ参照。
「イエス」。ギ語,Ἰησοῦν(イエースーン); エ1‐14,16‐18,22(ヘ語),ישוע(エーシューア,「エシュア」。「エホバは救い」の意)。
付録1ニ参照。
処女」。ギ語,ヘー パルテノス; エ22(ヘ語),ハーアルマー
ギ語,エンマヌーエール; エ17,18,22(ヘ語),インマーヌーエール。
付録1ニ参照。
字義,「彼女を知ってはいなかった」。