内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

マタイ 1:1‐25

1  アブラハム+,ダビデ+,イエスキリストつい歴史*+:   アブラハムイサクなり*+イサクヤコブなり+ヤコブユダ+その兄弟たちなり,   ユダタマルよっペレツ+ゼラハなり,ペレツヘツロンなり+ヘツロンラムなり+   ラムアミナダブなり,アミナダブナフションなり+ナフションサルモンなり+   サルモンラハブ+よっボアズなり,ボアズルツよっ+オベデなり,オベデエッサイなり+   エッサイ+ダビデなっ+ダビデウリヤよっ*ソロモンなり+   ソロモンレハベアムなり+レハベアムアビヤなり,アビヤ+アサなり+   アサエホシャファトなり+エホシャファトエホラム+なり,エホラム*ウジヤなり,   ウジヤヨタムなり,ヨタム+アハズなり+アハズヒゼキヤなり+ 10  ヒゼキヤマナセなり+マナセ+アモンなり+アモン+ヨシヤなり, 11  ヨシヤ+バビロン*強制移住エコニヤ+その兄弟たちなった。 12  バビロン強制移住+エコニヤシャルテルなり+シャルテルゼルバベルなり+ 13  ゼルバベルアビウデなり,アビウデエリヤキムなり,エリヤキムアゾルなり, 14  アゾルザドクなり,ザドクアキムなり,アキムエリウデなり, 15  エリウデエレアザルなり,エレアザルマタンなり,マタンヤコブなり, 16  ヤコブマリアヨセフなり,この[マリア]から,キリスト呼ばれる+イエス生ま+ 17  それで,アブラハムからダビデまで世代全部十四代,ダビデからバビロン強制移住まで十四代,バビロン強制移住からキリストまで十四あった。 18  ところで,イエスキリスト誕生こうあった。そのマリアヨセフ婚約+あっ時,ふたり結ばれるに,彼女聖霊よっ+妊娠いること分かった。 19  しかし,そのヨセフかなっあり,また彼女さらし者すること+望まなかっで,ひそか離婚+よう*思った。 20  しかし,彼これらことよく考えのち,見よ,エホバ*み使い現われて,こう言った。「ダビデヨセフよ,あなたマリア迎え入れること恐れならない。彼女うち宿さいるもの聖霊よるある+ 21  彼女産むあろう。あなたそのイエス*呼ばなけれならない+。彼自分+そのから+救うからある+」。 22  このすべては,預言通し+エホバ*よっ語らこと+成就するため実際起きある。こう言わた。 23  「見よ,処女*+妊娠産み,彼らそのインマヌエル*+呼ぶあろう」。これは,訳せば,「わたしたちおられる+」という意味ある。 24  そこでヨセフ眠りから覚め,エホバ*み使い指示とおり行ない,自分迎え入れた。 25  しかし,彼女産むまで+,彼女交わり持たなかっ*+。そしてその[子]のイエス呼ん+

脚注

または,「系譜; 起源」。ギ語,ゲネセオース,「来歴<ジェネシス>」; ラ語,ゲネラーティオーニス,「発生; 世代」; エ17,18(ヘ語),トーレドート,「系図」。創 2:4,「歴史ある」,および創 5:1,「歴史」の脚注参照。
字義,「を生み」。ギ語,エゲンネーセン; ラ語,ゲヌイト,「をもうけ」。
または,「ウリヤ属し者(女)によって」。
WHアハジヤ,エホアシュ,アマジヤ省いいる。しかし一 3:11,12参照。
ギ語,バビュローノス; エ17,22(ヘ語),バーヴェル。二 17:24脚注参照。
「離婚ようと」。または,「彼女解放ようと」。字義,「彼女解き放そと」。
「エホバの」。エ3,4,7‐14,16‐18,22‐24(ヘ語),יהוה(エホーワー); ギ語,Κυρίου(キュリウー),「主の」,定冠詞付いない; JNダービーの「聖書」[1920年](ドイツの「エルバーフェルダー聖書」[1891年]と同じもの)はマタ 1:20脚注で,「冠詞付いない『主』で,他多く場合ように,『エホバ』を表わす」と述べいる。これは,この翻訳クリスチャンギリシャ聖書本文み名「エホバ」が来る237箇所うち最初例。ほかも,本文なく,脚注72来る。付録1ニ参照。
「イエス」。ギ語,Ἰησοῦν(イエースーン); エ1‐14,16‐18,22(ヘ語),ישוע(エーシューア,「エシュア」。「エホバ救い」の意)。
付録1ニ参照。
処女」。ギ語,ヘー パルテノス; エ22(ヘ語),ハーアルマー
ギ語,エンマヌーエール; エ17,18,22(ヘ語),インマーヌーエール。
付録1ニ参照。
字義,「彼女知っなかった」。