内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ホセア 8:1-14

8  「あなたの口*に角笛*+! エホバの家に対し鷲のように+して[来る者がいる]。彼らがわたしの契約を踏み越え+,わたしの律法に対する違犯をおかしたからである+  彼らはわたしに向かって,『我がよ,我々イスラエルはあなたを知っています』と叫びつづけている+  「イスラエルは善を捨て去った+。敵である者は彼を追跡せよ+  彼らは自ら王を立てた+。だが,わたしのゆえにではない。彼らは君たちを立てた。しかし,わたしは[それを]知らなかった。その銀と金をもって彼らは自分たちのために偶像を作った+。それは彼ら*が切り断たれるためであった+  サマリアよ,あなたの子牛は捨て去られた+。わたしの怒りは彼らに対して激しく燃えた+。いつまで彼らは潔白になれないのか+  イスラエルからこのような事が出たのである+。ただの職人がそれを作った+。それは*ではない。サマリアの子牛はただの細片となるのである+  「彼らは風*をまきつづけて,暴風を刈り取るのである+。立ち穂には何もない+。麦粉を産出する新芽もない+。たとえ[それを]産出するものがあろうとも,よそ人たちがそれを呑み尽くす+  「イスラエルは呑み尽くされねばならない+。いま彼らは諸国民の中に来なければならない+。少しも喜ばれることのない器のように+  彼らがアッシリアに上って行ったからである+。独り離れたしまうまのように+。エフライムは,彼らは愛人たちを雇い入れた+ 10  そして彼らが[それを]諸国民の間で雇いつづけようとも+,わたしはいま彼らを集め寄せる。彼らは王[や]君たちの重荷のゆえにしばらく厳しい痛みの中に置かれる+ 11  「エフライムは罪をおかすために祭壇を増し加えたからである+。罪をおかすために幾つもの祭壇を持つようになった+ 12  わたしは彼のために自分の律法の多くの事柄を書き記した+。それらは奇妙なもののようにみなされた+ 13  わたしに供える犠牲として彼らはしきりに肉をささげ+,エホバが少しも喜びとしないものを食べつづけた+。いま[]は彼らのとがを思い出し,その罪に関して言い開きを求める+。エジプトに向けて彼らは戻って行くのであった+ 14  こうしてイスラエルは自分の造り主を忘れ+,幾つもの神殿を建てるようになった+。ユダもまた防備の施された都市を増やした+。それでわたしは彼の諸都市に必ず火を送り込み,それがそれぞれの住まいの塔をむさぼり食うことになる+」。

脚注

字義,「あなた上あご」。
または,「ショファル」。5:8脚注参照。
「彼ら」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「人(彼)」。
「神」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,テオス; ラ語,デウス。
「風」。ヘ語,ルーアハ; ラ語,ウェントゥム。創 1:2,「力」の脚注参照。