アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

ホセア 7:1-16

7  「わたしがイスラエルにいやしをもたらそうとする時+,エフライムのとがはまさに暴かれ+,サマリアの悪事+は[あらわにされる]。彼らは偽り事を行なってきたからである+。盗人が入って来る。略奪者の群れが外に押し寄せる+  それでも彼らは,彼らのすべての悪をわたしが覚えている+ということをその心に言わない+。今,その行ないが彼らを取り囲んだ+。彼らはわたしの顔の前に置かれた+  彼らはその悪によって王を歓ばせ,その欺きによって君たちを[歓ばせる+]。  彼らはみな姦淫を行なう者であり+,パン焼き人がたき付けた炉のようである。彼は練り粉がパン種で膨らむまでこねたのち[火を]かき立てることをやめる。  我々の王の日に,君たちは病にかかった+―ぶどう酒ゆえの激しい怒りがある+。彼はあざ笑う者たちと共に自分の手を引き寄せた。  彼らは自分の心を近づけたのである。炉に[近づける]かのように+。それは彼らの内で燃えている+。夜通しそのパン焼き人は眠っている。朝になると,[炉]*は燃え立つ火によるように燃えている+  彼らはみな炉のように熱くなる。そうして彼らは自分たちの裁き人たちをむさぼり食う。彼らの王たちはみな倒れた+。彼らのうちのだれもわたしに呼びかけてはいない+  「エフライムを見ると,それは[もろもろの]民と親しく交じり合っている+。エフライムは裏返してない丸い菓子となった+  よそ人たちが彼の力を食い尽くしたのに+,彼自らはそれに気づかなかった+。また,白髪が真っ白になったのに,自分ではそのことに気づかなかった。 10  そしてイスラエルの誇りはその顔の証となった+。彼らは自分たちの*エホバに帰らず+,このすべてのゆえに[]を尋ね求めることもしなかった+ 11  こうしてエフライムは心を持たない*+単純なはとのようになる+。彼らはエジプトに向かって呼ばわり+,アッシリアに向かって進んだ+ 12  「彼らがどちらに行こうとも,わたしは彼らの上にわたしの網を広げる+。天の飛ぶ生き物のように,わたしは彼らを[地に]落とす+。その集会に対する通報のとおりにわたしは彼らを懲らしめる+ 13  彼らは災いだ+! わたしから逃げたからである+。彼らには奪略が臨む。わたしに対して違犯をおかしたからである。そして,わたし自ら彼らを請け戻したのに+,彼らはそのわたしに対して偽りを語った+ 14  そして彼らは,床の上で泣きわめきながら,心をこめてわたしに助けを呼び求めようとはしなかった+。その穀物と甘いぶどう酒とのために彼らはただぶらつき回った+。彼らはわたしに逆らいつづけた+ 15  それでわたしは懲らしめを加えた+。わたしは彼らの腕を強くした+。それでも彼らはわたしに対して悪事をたくらみつづけた+ 16  そうして彼らは戻って行った。より高いものにではない*+。彼らはたるんだ弓のようになっていた+。彼らの君たちは剣により,その舌のひぼうのゆえに倒れる+。これはエジプトの地でそのあざ笑いとなる+」。

脚注

字義,「それ」,男性形。「炉」(男性)を指す。
「自分たちの」。ヘ語,エローヘーヘム。
または,「良い動機を持たない」。ヘ語,エーン レーヴ
「より高いものにではない」。字義,「上のほうにではない」。すなわち,高められた崇拝の方式にではない。ヘ語,ロー アール。