内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ホセア 14:1-9

14  「イスラエルよ,さあ,あなたのエホバに帰れ+。あなたは自分のとがのためにつまずいたからである+  あなた方は言葉を携えてエホバのもとに帰れ+。あなた方はみな[]に言え,『とがをお赦しください+。良いものを受け入れてください。わたしたちは代わりに自分の唇の若い雄牛*をささげます+  アッシリアはわたしたちを救ってくれません+。馬にもわたしたちは乗りません+。そして,自分たちの手でこしらえたものに向かって,「わたしたちのよ」とはもう言いません。あなたによって父なし子は憐れみを受けるからです+』。  「わたしは彼らの不忠実をいやす+。自ら進んで彼らを愛する+。わたしの怒りは彼から離れたからである+  わたしはイスラエルに対して露のようになる*+。彼はゆりのように咲き輝き,レバノンのようにその根を張る。  その小枝は伸び,その威厳はオリーブの木のように+,その香気はレバノンのようになる。  彼らは再び[]の陰に住まう者となる+。彼らは穀物を育て,ぶどうの木のように芽ぶくであろう+。彼の記念*はレバノンのぶどう酒のようになる。  「エフライムは[言う]であろう,『わたしは偶像とこのうえ何のかかわりを持つだろうか*+』と。 「わたしは必ず答え応じ,彼をずっと見守る+。わたしは生い茂ったねずの木のようである+。わたしのもとにはあなたのための実が見いだされることになる」。  賢くて,これらの事を理解する者はだれか+。思慮があって,これを悟り知る者は[だれか+]。エホバの道は廉直であり+,そこを歩む者は義にかなう+。しかし,違犯をおかす者はその[道]でつまずく者となる+

脚注

「自分若い雄牛」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「自分実」。
「わたしは……なる」。出 3:14脚注比較。
「彼記念」。または,「彼[その方]につい述べること」。ヘ語,ジクロー。
字義,「わたしに,さらに偶像に,何が」。ヘブライ慣用句; 偶像対し異議示す,反発質問。付録7ロ参照。