内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ホセア 14:1‐9

14  「イスラエルよ,さあ,あなたエホバ帰れ+。あなた自分とがためつまずいからある+  あなた方言葉携えエホバもと帰れ+。あなた方みな[]に言え,『とがお赦しください+。良いもの受け入れください。わたしたち代わり自分若い雄牛*ささげます+  アッシリアわたしたちくれませ+。馬わたしたち乗りませ+。そして,自分たちこしらえもの向かって,「わたしたちよ」ともう言いません。あなたよっ父なし子憐れみ受けるからです+』。  「わたし忠実いやす+。自ら進ん彼ら愛する+。わたし怒りから離れからある+  わたしイスラエルようなる*+。彼ゆりよう咲き輝き,レバノンようその張る。  その伸び,その威厳オリーブよう+,その香気レバノンようなる。  彼再び[]の住まうなる+。彼ら穀物育て,ぶどうよう芽ぶくあろ+。彼記念*レバノンぶどうようなる。  「エフライムは[言う]であろう,『わたし偶像このうえかかわり持つだろ*+』と。 「わたし必ず答え応じ,彼ずっ見守る+。わたし生い茂っねずようある+。わたしもとあなたため見いだされることなる」。  賢て,これら理解するだれ+。思慮あって,これ悟り知るは[だれ+]。エホバ廉直あり+,そこ歩むかなう+。しかし,違犯おかすその[道]でつまずくなる+

脚注

「自分若い雄牛」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「自分実」。
「わたしは……なる」。出 3:14脚注比較。
「彼記念」。または,「彼[その方]につい述べること」。ヘ語,ジクロー。
字義,「わたしに,さらに偶像に,何が」。ヘブライ慣用句; 偶像対し異議示す,反発質問。付録7ロ参照。