内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ホセア 12:1-14

12  「エフライムは風*を食い+,ひねもす東風を追いかけている+。偽りと奪略を彼は増し加えている+。そして,アッシリアと契約を結び+,油がエジプトに携えて来られる。  「また,エホバはユダに対して法的な言い分を持たれる+。ヤコブに対し,その歩み方にしたがって言い開きを求めるのである+。その行ないにしたがって彼に返報を加えられる+  腹の中で彼は自分の兄弟のかかとをとらえ*+,またその活動力をもって*と闘った+  そして彼はみ使いと闘いつづけてそれに打ち勝つようになった+。彼は泣いた。自分のために恵みを哀願しようとしてであった+」。 []はベテルで彼を見いだされた+。そこでわたしたち*と語りはじめられた+  そして万軍の*エホバ+,そのエホバが彼の記念である+  「それであなたは,自分ののもとに帰り+,愛ある親切*+と公正+とを守るべきである。あなたのを常に待ち望むように+  商い人*,その手には欺きのはかりがある+。だまし取ること,それを彼は愛した+  そしてエフライムはしきりに言う,『まさしくわたしは富を得た+。自分のために価値ある物をいろいろと見いだした+。わたしのすべての労苦について,人は罪となるようなとがをわたしに見いだすことはないであろう+』。  「しかしわたしは,エジプトの地以来あなたのとなったエホバである+。それでもわたしは,定めの時の日々のようにあなたを天幕に住まわせる。 10  そしてわたしは預言者たちに話し+,自ら幻を多くし,預言者たちの手によって例えを語りつづけた+ 11  「ギレアデに関して*怪異な事柄+,また不真実な事柄+がなされた。ギルガルにおいて彼らはまさに雄牛をささげた+。しかも,彼らの祭壇は開けた野の畝溝にある積み石のようである*+ 12  またヤコブはシリア*の野に逃げて行った+。イスラエル+は妻のために*仕えつづけた+。妻のために[羊]の番をした+ 13  また,預言者によってエホバはイスラエルをエジプトから携え上った+。預言者によって彼は守られた+ 14  エフライムは苦々しいまでに怒りを起こさせた+。その流血の行為を彼は自らの身にとどめている+。彼のそしりをその大いなる*は当人の身に報いる+」。

脚注

「風」。ヘ語,ルーアハ。創 1:2,「力」の脚注参照。
または,「彼自分兄弟押しのけ」。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
「わたしたち」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「彼」。
「万軍神」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「全能神」。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
または,「カナン人」。ヘ語,ケナアン; ギ語,カナアン; ラ語,カナアーン。ゼカ 14:21脚注参照。
「ギレアデ関して」,わずか訂正よる; マソ本,「もしギレアデ」。
または,「のようなろう」。
「シリア」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「アラム」。
または,「ために」。ヘ語,ベイッシャー
「その大いなる」。ヘ語,アドーナーウ。アドーン複数で,卓越もしくは偉観表わし,「報いる」という単数動詞伴っいる。創 39:2脚注比較。