内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ホセア 11:1‐12

11  「イスラエル*あっ時,わたしこれ愛し+。エジプトからわたし自分呼び出し+  「人*彼ら呼ん+。そのだけ彼らそのから*離れ行っ+。バアル*彼ら犠牲ささげるようなっ+。彫像向かっ犠牲くゆらせるようなっ+  それでもわたしエフライムみ方教え+,彼らを[自分]の*抱い+。だが彼らは,わたし彼らいやしこと悟らなかっ+  地*もって,愛もっわたし彼ら引っ張りつづけ+。こうわたしは,彼らあごくびき外すようなっ+。わたし各人もと穏やか食物携え行っ+  彼エジプト帰っ行くことないあろう。だが,アッシリアそのなるあろ+。彼ら立ち返ること拒んからある+  そして,剣都市旋回+,そのかんぬき折れ尽きさせむさぼり食う+。彼らもろもろ計り事ゆえある+  また,わたしわたし対し忠実なりがちある+。そして人々これ*ほう*呼ぶ。立ち上がるだれひとり*ない。  「エフライムよ,どうしてわたしあなた放すことできよう+。イスラエルよ,[どうして]あなた引き渡すことできよう+。どうしてあなたアドマようすることできよう+。[どうして]ツェボイイムようおくことできよう+。わたしわたし変わっ+。それ同時わたし同情熱くなった。  わたし燃える怒り表わすことない+。エフライム再び滅び至らせることない+。わたし*あっ+,人*なく,あなたうちあるなるからある+。わたし興奮うち来ることない。 10  彼エホバ従っ歩むようなる+。ライオンようほえる+。彼ほえ+,子おののきながら西から来るある+ 11  小よう彼らおののきながらエジプトから来る+。はとようアッシリアから[やっ来る+]。わたし必ず彼らその家々住まわせる」と,エホバお告げなる+ 12  「エフライムもっわたし囲ん+。また,イスラエル欺きもって。それでもユダなおも*さすらい+なる*信頼保っいる*」。

脚注

または,「若者; 青年」。
「人々(彼ら)」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「わたし」。
「そのから(彼らから)」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「わたしから」。
「バアルに」。または,「バアルたちに」。ヘ語,ラッベアーリーム; ギ語およびラ語,バアリム。
「[自分]の」,七十訳,シリ訳,ウル訳一致て; マソ本,「彼の」,または,「人の」。
「地人」。または,「人」。ヘ語,アーダーム。
マソ本は「これ」も「民」も男性形。
7:16脚注参照。
または,「高めるだれひとり」。同じヘブライ動詞いる,出 15:2; 詩 145:1比較。実際に,神高めいるだれなかった。
「神」。ヘ語,エール; ラ語,デウス。
「人」。ヘ語,イーシュ; ギ語,アントローポス; ラ語,ホモ。
「神」。ヘ語,エール。
「最もなる者」。ヘ語,ケドーシーム。「聖なる」を意味するカードーシュ複数形; GK,§124hよると,卓越表わす複数形。箴 9:10および箴 30:3脚注比較。
または,「神に,まさしく,最もなる者,信頼できるさすらっいる」。