内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ホセア 1:1‐11

1  ユダウジヤ+,ヨタム+,アハズ+,ヒゼキヤ+時代+,またイスラエル王,ヨアシュ+ヤラベアム+時代に,ベエリホセア+臨んエホバ言葉+  ホセアよるエホバ言葉始まりあり,エホバホセアこう言わた。「行っ+,淫行*また淫行子供自分ため取れ。淫行よっこのエホバ従うことから必ずそれるからある+」。  そこで行って,ディブライムゴメルめとった。それ彼女妊娠し,やがて産ん+  するとエホバさらにこう言わた。「そのエズレル+呼びなさい。あとしばらくたら,わたしエヒウ対して,エズレル*流血行為関する言い開き求め+,イスラエル王政終わらせることなるからある+  またそのに,わたしエズレル低地平原*イスラエル折らならない+」。  その後,彼女もう一度妊娠産んだ。すると[]*こう言わた。「そのルハマ*+呼びなさい。わたしイスラエルもはや憐れみ示さないからある+。彼ら必ず取り去るある*+  しかしユダ対し憐れみ示し+,その*エホバよっ彼ら救う+。だが,弓戦いよって,馬騎手よっ救うない+」。  そして彼女ルハマ徐々乳離れた。そののち彼女妊娠産んだ。  するとこ言わた。「そのアミ*呼びなさい。あなた方わたしなく*,わたしあなた方ものならないからある* 10  「それでも,イスラエル必ず,量ること数えることできない砂粒ようなる+。そして,彼ら向かって『あなた方わたしない+』と言わその場所で,『生ける*+』と彼ら向かっ言われることなる。 11  そして,ユダイスラエル必ず集められ一つなり*+,自分たちため立てそのから上っ行く+。エズレル*+大いなるなるからある。

脚注

マソ本,「淫行; 売春」(複)。ヘ語,ゼヌーニーム,複数形。創 38:24; エゼ 23:11,29参照。
イスラエルたち住ん王都。といえ,彼ら首都サマリアあった。二(8:29; 9:15,25,30‐37; 10:1‐11)参照。
または,「エズレル谷」。
「[神](彼)」,マソ本,七十訳,ウル訳; シリ訳,「エホバ」。
「彼女憐れみ示さなかった」の意。ヘ語,ロー ルハーマー。
または,「彼ら必ず赦すためある」。
「その」。エローヘーヘム。
「わたしない」の意。ヘ語,ロー アンミー(ʽam·mi')。
「わたしなく」。ヘ語,ロー アンミー(ʽam·mi')。
マソ本七十訳ここ1終わっいる; タル,シリ訳,ウル訳あと2続いいる。
「生ける」。ヘ語,エールハーイ。
「一つなり」。ヘ語,ヤハダーウ。
「神まくあろう」の意。ヘ語,イズレエル。