内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ペテロ第二 2:1‐22

2  しかしながら,民預言現われました。あなた方教師現われるそれ同じです+。実これら人々は,破壊分派*ひそか持ち込み,自分たち買い取っくださっ+所有ことさえ否認し,自ら速やか滅びもたらすです。  さらに,多く彼らみだら行ない*+従い+,そうたちため真理あしざま言われるでしょ+  また,彼ら強欲まやかし言葉あなた方利用するでしょ+。しかし彼ら対して,昔から裁き+手間どっいるなく,その滅びまどろんいるありませ+  まさにが,罪おかしみ使いたち+罰すること差し控えず,彼らタルタロス*投げ込ん+,裁きため留め置か濃密引き渡さあれ+  また,古代*罰すること差し控え+,不敬虔人々洪水*もたらし+伝道+ノアほか+安全守らた[のあれば],  また,ソドムゴモラ都市帰さ定め+,来たるべき敬虔たち*示さた[のあれ+],  また,無法人々放縦みだら行ない*大いに苦しん+義人ロト救い出さた[のあれ+] ―  この義人日々彼ら住ん見聞きする事柄より,その不法行ないゆえに,自分なる堪えがたい苦痛味わっですが ―  当然エホバ*は,敬虔専心保つ人々どのよう試練から救い出す+,一方,不義人々, 10  わけても,肉汚そ欲望抱いそれ従い+,主たる地位見下す*+,切り断つ*目的裁きためどのよう留め置く+知っおられるです。 向こう見ず片意地彼らは,栄光あるたち*おののかず,かえってあしざま言います+ 11  しかしみ使いたちは,強さおい勝っながら,彼らあしざま訴えたりませ+。[そうないは]エホバ対する*敬意からです+ 12  しかしこれらの[人々]は,もともと捕らえられ滅ぼされるため生ま理性ない動物ように,自分無知ありながらあしざま言う事がらゆえに+,まさに自ら滅び[の道]におい滅び被り, 13  悪行対する報い+自ら損なうことなります+ 彼ら昼間ぜいたく生活楽しみます+。彼ら汚点またきずあり,気まま喜び抱い自分たち欺き教え*ふけりますが,一方は,あなた方宴席ます+ 14  彼ら姦淫満ち*持ち+,罪やめることでき+,不安定唆します*。彼ら強欲鍛えられ持つです+。のろわです+ 15  まっすぐ捨て彼ら惑わさます。彼らベオルの[子]バラム従いまし+。彼悪行報い愛しまし+ 16  自分正道背いこと*対し戒め受けまし+。物言わない駄獣が,人間言い+,その預言狂気歩み妨げです+ 17  これらたちない+,激しいあらし吹き払われるあって,彼らため暗黒留め置かます+ 18  何ならない大言吐き,また,誤り暮らしいる人々からかろうじて逃れよういるたち+,肉欲望+みだら習慣よっ唆すからです+ 19  それら自由+約束ながら,彼ら自身腐敗奴隷なっいるです+。だれほか打ち負かされるは,その奴隷される*からです+ 20  確かに,また救い主なるイエスキリストつい正確知識よっ汚れから逃れ+,再びその同じ事柄巻き込ま*打ち負かされるなら+,そのたちとって,最終状態最初より悪くなっいるです+ 21  彼らとっは,義正確知らないほう+,それ正確知っ後,自分伝えられなるおきてから離れゆくより良かっです+ 22  真実ことわざ述べること彼ら生じました。「犬+自分吐いもの戻り,豚洗わまた転げ回る+」。

脚注

「分派」。または,「異端」。ギ語,ハイレセイス; ラ語,セクタース。
「みだら行ない」。ギ語,アセルゲイアイス。ガラ 5:19,「行ない」の脚注参照。
「タルタロス」につい付録4ニ参照。
字義,「古くからの」。ギ語,アルカイウー。
または,「洪水; 大変動」。ギ語,カタクリュスモン; ラ語,ディールウィウム。
字義,「尊崇ない(者たち)」。
「みだら行ない」。字義,「行為卑わいさ」。
付録1ニ参照。
字義,「下思っいる」。
または,「阻む」。マタ 25:46比較。
字義,「栄光(複)に」。
「エホバ対する」,エ7,8,13,16‐18,22‐24; シナ写,バチ写,エフ写(ギ語),キュリオーイ; アレ写,ウル訳,シリ訳省いいる。付録1ニ参照。
または,「自分たち放とうに」。
字義,「姦婦満ちた」。
字義,「魂えさ釣ります」。
字義,「法越えこと」。
または,「だれ打ち負かされるは,それ奴隷される」。
字義,「織り込まて」。