内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ペテロ第一 2:1‐25

2  したがって,すべての悪+,すべての欺まんと偽善とそねみ,またあらゆる陰口を捨て去りなさい+  [そして,]生まれたばかりの幼児のように+,み言葉に属する,何も混ぜ物のない乳+を慕う気持ちを培い,それによって成長して救いに至るようにしなさい+  ただしこれは,*が親切な方であることを味わい知っているならば+のことです。  確かに彼は人には+退けられましたが+にとっては+選ばれた貴重な[石]であり,あなた方は,生ける石+に対するように彼のもとに来て,  自らもまた生ける石となって聖なる祭司職のための霊的な家に築き上げられてゆくのです+。それは,に受け入れられる霊的な犠牲+をイエス・キリストを通してささげるためのものです+  というのは,聖書にこうあるからです。「見よ,わたしはシオンにひとつの石を据える。選ばれた[石],土台の隅石,貴重な[石]である。これに信仰を働かせる者は決して失望に至ることがない*+」。  したがって,彼が貴重なのはあなた方にとってであり*,それはあなた方が信じる者となっているからです。しかし,信じていない者たちにとっては,「建築者たちの退けたその石+が隅の頭となった+」,  また「つまずきの石,とがのもととなる岩塊+」です。こうした人々はみ言葉に不従順なためにつまずいている*のです。彼らはまさにそうした結末に定められてもいました+  しかしあなた方は,「選ばれた種族*,王なる祭司,聖なる国民+,特別な所有物となる民+」であり,それは,闇からご自分の驚くべき光の中に呼び入れてくださった方+の「卓越性*を広く宣明するため+」なのです。 10  というのは,あなた方はかつては民ではありませんでしたが,今はの民であるからです+。あなた方は憐れみを示されない者でしたが,今では憐れみを示された者となっているからです+ 11  愛する者たちよ,外国人また一時的居留者+であるあなた方に勧めますが,つねに肉の欲望を避けなさい+。そうした[欲望]こそ,魂に対して*闘いつづけるものなのです+ 12  諸国民の中にあっていつもりっぱに行動しなさい+。それは,彼らが,あなた方を悪行者として悪く言っているその事柄に関してあなた方のりっぱな業を実際に見,その[業の]ゆえに+検分の日+の栄光をたたえるようになるためです。 13  人間の創造したものすべてに+*ために服しなさい+。上位者としての王+に対してであろうと, 14  あるいは,悪行者を処罰し,善行者をほめるために[王]から遣わされた総督に対してであろうと[そのようにしなさい+]。 15  というのは,道理をわきまえない*人たちの無知な話を,あなた方が善を行なうことによって封じるのは,のご意志だからです+ 16  自由の民らしくありなさい+。ですが,あなた方の自由を,悪の覆いとしてではなく+の奴隷として保ちなさい+ 17  あらゆる[人]を敬い+,仲間の兄弟全体*を愛し+を恐れ+,王を敬いなさい+ 18  家僕は[しかるべき]恐れをつくして自分の所有者に+服しなさい+。善良で道理をわきまえた者に対してだけでなく,気むずかしい[所有者]に対しても[そのようにしなさい]。 19  なぜなら,に対する良心のゆえに悲痛な事柄に耐え,不当な苦しみを忍ぶなら,それは喜ばしいことだからです+ 20  罪をおかして打たれている*ときに,あなた方がそれを耐え忍ぶからといって,そのことにいったいどんなほめるべき点があるでしょうか+。しかし,善を行なって苦しみに遭っているとき+,あなた方がそれを耐え忍ぶなら,それはにとって喜ばしいことなのです+ 21  事実,あなた方はこうした[道]に召されたのです。キリストでさえあなた方のために苦しみを受け+,あなた方がその歩みにしっかり付いて来るよう手本*を残されたからです+ 22  彼は罪を犯さず+,またその口に欺きは見いだされませんでした+ 23  彼は,ののしられても+,ののしり返したりしませんでした+。苦しみを受けても+,脅かしたりせず,むしろ,義にそって裁く方に終始ご自分をゆだねました+ 24  杭*の上で+わたしたちの罪をご自身の体に負い+,わたしたちが罪を断ち+,義に対して生きるようにしてくださったのです。そして,「彼の打ち傷によってあなた方はいやされました+」。 25  あなた方はさまよっていて,羊のようであったからです+。しかし今は,あなた方の魂*の牧者+また監督*のもとに帰って来ました。

脚注

」。ギ語,ホ キュリオス。この関する注解で,FJAホートは,「聖ペテロ書簡」(ロンドン,1898年),104ページこう書いいる。「詩編 [34:8]ので,ὁ κύριοςは,多く場合られるとおり,エホバ表わしいるが,七十は,何ら明白原則基づかに,κύριος冠詞入れたり省いたりいる。他方,次は,聖ペテロが,ὁ κύριοςを,新約おい普遍ないも,最も一般な,キリスト意味用いいること示しいる。しかし,彼エホバキリスト同じあること意味結論する性急あろう。その両者はっきり同一するよう見方新約なさない。聖ペテロここ正式引用いるなく,単に旧約言い回し借用し,それ自分方法当てはめいるある。彼用い方は,詩編用い方異なっも,それ矛盾するものない。み子χρηστότης[クレーストテース,『親切さ』]を通しみ父χρηστότηςクリスチャン明らかされいるからある:『わたしある』」。付録6ヘ参照。
または,「決して辱められることない」。
または,「したがって,貴重もの評価いるあなた方あり」。
または,「人々信仰よっ従順あるためみ言葉つまずいいる」。
「種族」。ギ語,ゲノス; マタ 24:34などある,「世代」を意味するゲネア異なる。
字義,「徳」。
または,「対して」。ギ語,カタ テース プシュケース; ラ語,アドウェルスス アニマム; エ17,18(ヘ語),バッナーフェシュ
「主の」,シナ写,アレ写,バチ写; ウル訳,シリ訳,「神の」; エ7,8,「エホバの」。
字義,「無分別な」。
「仲間兄弟全体」。字義,「兄弟関係」。
「打たいる」。字義,「こぶし打たいる」。
「手本」。または,「写し」。字義,「下書いもの」。ギ語,ヒュポグランモン; ラ語,エクセンプルム。
字義,「木」。ギ語,クシュロン。付録5ハ参照。
または,「命」。
「監督」。ギ語,エピスコポン; エ17(ヘ語),ペキード。