内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ペテロ第一 2:1‐25

2  したがって,すべて+,すべて欺まん偽善そねみ,またあらゆる陰口捨て去りなさい+  [そして,]生まばかり幼児よう+,み言葉属する,何混ぜ物ない+慕う気持ち培い,それよっ成長救い至るようなさい+  ただしこれは,*親切あること味わい知っいるなら+ことです。  確か+退けられまし+とっ+選ば貴重な[石]であり,あなた方は,生ける+対するようもとて,  自らまた生けるなっなる祭司ため霊的築き上げられゆくです+。それは,受け入れられる霊的犠牲+イエスキリスト通しささげるためものです+  というのは,聖書こうあるからです。「見よ,わたしシオンひとつ据える。選ばた[石],土台隅石,貴重な[石]である。これ信仰働かせる決して失望至ることない*+」。  したがって,彼貴重あなた方とっあり*,それあなた方信じるなっいるからです。しかし,信じないたちとっは,「建築たち退けその+なっ+」,  また「つまずき石,とがもとなる岩塊+」です。こう人々み言葉従順ためつまずいいる*です。彼らまさにそう結末定められまし+  しかしあなた方は,「選ば種族*,王なる祭司,聖なる国民+,特別所有なる+」であり,それは,闇からご自分驚くべき呼び入れくださっ+の「卓越*広く宣明するため+」なです。 10  というのは,あなた方かつてありませでしが,今あるからです+。あなた方憐れみ示さないでしが,今憐れみ示さなっいるからです+ 11  愛するたちよ,外国また一時居留+あるあなた方勧めますが,つね欲望避けなさい+。そうた[欲望]こそ,魂対し*闘いつづけるものです+ 12  諸国民あっいつもりっぱ行動なさい+。それは,彼らが,あなた方悪行悪く言っいるその事柄関しあなた方りっぱ実際見,その[業の]ゆえに+検分+栄光たたえるようなるためです。 13  人間創造ものすべて+*ため服しなさい+。上位+対しあろと, 14  あるいは,悪行処罰し,善行ほめるために[王]から遣わさ総督対しあろと[そのようなさい+]。 15  というのは,道理わきまえない*たち無知を,あなた方行なうことよっ封じるは,ご意志からです+ 16  自由らしくありなさい+。ですが,あなた方自由を,悪覆いなく+奴隷保ちなさい+ 17  あらゆる[人]を敬い+,仲間兄弟全体*愛し+恐れ+,王敬いなさい+ 18  家僕は[しかるべき]恐れつく自分所有+服しなさい+。善良道理わきまえ対しだけなく,気むずかしい[所有者]に対しも[そのようなさい]。 19  なぜなら,対する良心ゆえに悲痛事柄耐え,不当苦しみ忍ぶなら,それ喜ばしいことからです+ 20  罪おかし打たいる*ときに,あなた方それ耐え忍ぶからいって,そのこといったいどんなほめるべきあるでしょ+。しかし,善行なっ苦しみ遭っいるとき+,あなた方それ耐え忍ぶなら,それとっ喜ばしいことです+ 21  事実,あなた方こうた[道]に召さです。キリストさえあなた方ため苦しみ受け+,あなた方その歩みしっかり付い来るよう手本*残さからです+ 22  彼犯さ+,またその欺き見いださませでし+ 23  彼は,ののしら+,ののしり返したりませでし+。苦しみ受け+,脅かしたりず,むしろ,義そっ裁く終始ご自分ゆだねまし+ 24  杭*+わたしたちご自身負い+,わたしたち断ち+,義対し生きるようくださっです。そして,「彼打ち傷よっあなた方いやさまし+」。 25  あなた方さまよって,羊ようあっからです+。しかしは,あなた方*牧者+また監督*もと帰っました。

脚注

」。ギ語,ホ キュリオス。この関する注解で,FJAホートは,「聖ペテロ書簡」(ロンドン,1898年),104ページこう書いいる。「詩編 [34:8]ので,ὁ κύριοςは,多く場合られるとおり,エホバ表わしいるが,七十は,何ら明白原則基づかに,κύριος冠詞入れたり省いたりいる。他方,次は,聖ペテロが,ὁ κύριοςを,新約おい普遍ないも,最も一般な,キリスト意味用いいること示しいる。しかし,彼エホバキリスト同じあること意味結論する性急あろう。その両者はっきり同一するよう見方新約なさない。聖ペテロここ正式引用いるなく,単に旧約言い回し借用し,それ自分方法当てはめいるある。彼用い方は,詩編用い方異なっも,それ矛盾するものない。み子χρηστότης[クレーストテース,『親切さ』]を通しみ父χρηστότηςクリスチャン明らかされいるからある:『わたしある』」。付録6ヘ参照。
または,「決して辱められることない」。
または,「したがって,貴重もの評価いるあなた方あり」。
または,「人々信仰よっ従順あるためみ言葉つまずいいる」。
「種族」。ギ語,ゲノス; マタ 24:34などある,「世代」を意味するゲネア異なる。
字義,「徳」。
または,「対して」。ギ語,カタ テース プシュケース; ラ語,アドウェルスス アニマム; エ17,18(ヘ語),バッナーフェシュ
「主の」,シナ写,アレ写,バチ写; ウル訳,シリ訳,「神の」; エ7,8,「エホバの」。
字義,「無分別な」。
「仲間兄弟全体」。字義,「兄弟関係」。
「打たいる」。字義,「こぶし打たいる」。
「手本」。または,「写し」。字義,「下書いもの」。ギ語,ヒュポグランモン; ラ語,エクセンプルム。
字義,「木」。ギ語,クシュロン。付録5ハ参照。
または,「命」。
「監督」。ギ語,エピスコポン; エ17(ヘ語),ペキード。