内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

ヘブライ 7:1‐28

7  このメルキゼデク,つまりサレム王,また至高祭司あり+,王たち討伐から帰るアブラハム出迎え祝福+  アブラハムすべてうちその十分配分です+,[このメルキゼデク]は,訳せば,まずに「」,次いまたサレム+,つまり「平和」です。  彼は,父なく,母なく,系図なく,生涯初めなけれ+終わりなく,+ようされて,永久祭司ままです+  では,家長*アブラハム戦利うちから十分与え+このいかに偉大あっください。  確かに,祭司受ける,レビからたち+は,律法したがって什一から+,つまり,アブラハムからいえ+,自分兄弟ある人々から徴収するおきてあります+  しかし,彼ら系統引かない+アブラハムから什一受け+,約束+祝福です。  さて,議論*余地ないことですが,小さいほう大きいほうから祝福ます+  そして,一方場合,什一受ける死んゆくたちです+,他方場合は,生きいる証しいるです+  そして,言っみれば,什一受けるレビさえ,アブラハム通し什一払っです。 10  メルキゼデク出迎え+,彼まだ自分父祖あっ+からです。 11  そこで,もし完全すること+本当レビ祭司通しあっすれ+,(それ特色*律法与えられです+,)メルキゼデクさま*+,またアロンさましたがう言わない祭司起こる必要さらにあるでしょ+ 12  祭司変えられつつある+,当然律法変更生じるです+ 13  これらこと言わいる部族成員あり+,その[部族]のだれ祭壇職務行なっことないからです+ 14  わたしたちユダ,すなわちモーセ祭司つい語らなかっ部族からこと全く明白です+ 15  それで,メルキゼデク類似*持つ+祭司+起こることいよいよ明らかです。 16  そのは,肉依存するおきて律法よっなく+,滅びることない*よっ+[祭司と]なりました。 17  証して,「あなたメルキゼデクさましたがって永久祭司ある+」と言わいるからです。 18  したがって,その弱さ+効果なさ*+ゆえに,先行おきて押しのけられることなります。 19  律法完全+,さらに勝っ希望+そこ持ち込むことそれ行なっからです。その[希望]によっわたしたち近づい行くです+ 20  また,それ明言誓いないものありませでしから 21  (というのは,明言誓いなし祭司なっいる人々現にいる一方,そのついて,「エホバ*誓い立てられ+(そして悔やまれることない),『あなた永久祭司ある+』」と言わの,明言誓いよる[祭司]がいるからです), 22  イエスそれだけ勝っ契約*保証与えられなっです+ 23  さらに,[祭司]ととどまることよっ阻まれるため+,多くが[次々+]祭司ならなけれなりませでしが, 24  彼永久生き続ける+,後継持た*自分祭司保ちます。 25  それゆえ,彼自分通し近づくたち完全救うことできます。常生きおら彼らため願い出*くださるからです+ 26  このよう祭司,忠節+,偽り+汚れなく+,罪人から分けられ+,もろもろより高くなら+こそわたしたち[の必要]にかなっです+ 27  このは,あの祭司たちするように,まず自分自身ため+,次いの[罪]のため+,日ごと+犠牲ささげる必要ありません。(ご自身ささげ+,そのことただ一度かぎり+行なわからです。) 28  律法弱さ持つたち+祭司任命ます+律法た,明言誓い言葉+は,永久完全され*+任命するです。

脚注

「家長」。字義,「族長」。ギ語,パトリアルケース。
字義,「反ばく」。ギ語,アンティロギアス。
または,「それて」。
5:6脚注参照。
字義,「似さま」。
字義,「分解されない」。
「効果なさ」。字義,「無益(さ)」。
付録1ニ参照。
付録7ニ参照。
または,「継承ない; 移し渡さない」。
字義,「執り成して」。
「完全された」。または,「就任た; 職任じられた; 職務聖別た; 権能付与た」。ギ語,テテレイオーメノン。5:9脚注比較。